時を束ねて リボンをかけて

≫ EDIT

楽なほうへ。

ちょっとした下着やエプロン、靴下などを置いてあるドラックストアの売り出しで、スエット上下が980円だったので、買った。
今日も買ったけれど、この間の日曜も買った。
上下でこの値段にひかれた。
袋には裏起毛と書いてあったが、暖かいかどうかわからないから、とりあえず試しに一組買ってみようと思ったのだ。
前はブラウン、今日は黒。
いやあ・・・安物でも暖かい。
暖かいので、もう一組ほしくなったのだ。
こんなに暖かいとは思わなかった。
スエットは楽。
動きやすい。
素肌の上にそのまま着ているが暖かい。
スエットの上に、ガバッと被るフリースのスモックエプロンの割烹着を着ている。
今のところシャツはいらない。


私はめったに下着はつけない。
本格的に冬になってから、タイツをはいてヒートテックを着るくらいで、寒がりなのに薄着。
ノーブラだし。
仕事を辞めてから体を締め付けるものが嫌になった。
いま、ブラジャーをつけるのは病院に行く時くらい。
聴診器を充てられるから、ノーブラでは失礼だと思うからだ。


先日、温泉に行ってあがったときに、一人のおばあさんが先にあがって体を拭いていた。
痩せていて、小さい。
80代後半か・・・。
私の隣で着替えていたので何げなく目をやって、心底驚いたことがあった。
それは、ブラジャーの留め具を手を後ろにまわして一発でパチンと止めたことだ。
それを見たときは、内心うわーと思った。
慣れている。
素早い。
私なんていまだに、前で止めてくるりと後ろに回すから(笑)

こういう人にはかなわない。
年齢は関係なくきちんと自分を女性だと意識している人のような気がした。
私は自分を女性だと意識することがあまりないので、素敵な人~と思った。
年をとっても、こういう人は、すべてにおいてきちんとしている人ではないだろうか・・・と、勝手に思った。
見習いたいとは一瞬思っても、見習えるわけではなく、私は、どこまでもいいかげんで何事においても楽なほうへ楽なほうへと流れていく・・・。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 22:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

玄関に置く箱作り、完成。DIY。

外に物置がないので、置く場所がないものを整理するために、箱を作っていたが、完成した。
完成まじかになって、電動ドライバーが壊れた。
もともと安物だけれど、10年くらいは使ったし、いろいろ作ったので十分元は取ったのでしょうがない。
電池で動くオモチャみたいなドライバーも持っていたので、それを使って、とにかく作り上げた。
これから1週間は天気が悪いと予報に出ているので、塗料は塗れない。
塗料なしでも、一応使うことにした。
ペンキ塗りはカッと太陽が出ている時がすぐに乾くので、来年の夏までこのままにしているかもしれない。


SN3U0133.jpg


高さ48.5 幅60 奥行38.5㎝で完成。
カットした板の使えなかった1枚は、やはり必要で購入してきた。
ホームセンターの店員に「ああ・・どうも~」と言われた。
何度もこの200円の SPF材を買いに通い、何度も細かくカットをお願いしているので、顔を覚えられてしまった。(笑)
私がなぜこの板を使うかというと、もちろん安いからである。
これをベニヤ板で作るとなると、このサイズの箱はベニヤ板1枚ではできないから、2枚必要になる。
必要分カットしても、余る面積も大きくて無駄になるしベニヤ一枚のこの厚みなら3000円は超えてしまいそうな気がする。
今回は、1枚追加のカット3回で260円。
合計でちょうど2000円でできた。
何よりもベニヤ板は、ペンキを塗るときにサンドペーパー(紙やすり)をかけなければならない。
それが面倒なのだ。
この板はそのまま塗れる。
面倒くさがり屋の私向き。


箱だから開ける場所を考えた。
一番簡単なのは、ポストを作った時に経験している天板を開ける方法なのだが、もしかして天板の上にこれからならシクラメンの鉢を置くかもしれない(買わないけれど)、やわらかい光が入るから観葉植物を置くかもしれない(買わないけれど)、ミニサボテンをずらっと並べるかもしれない(買わないけれど)、猫が昼寝をするかもしれない(これだぁ!!!)
これなの?(笑)

それで、前面を開けることにした。
上から下へか、下から上へか・・・これも試したが、上から下に開けるほうが出し入れしやすい。
兆番ではなくて、内部で支える金具を(名前がわからない)使いたかったが、大きなホームセンターでしか扱ってないだろうし、そこまでしてお金をかけることはしたくないので、一応これで行くことにした。
上は磁石でパチンと閉まる。
取っ手をあえてつけなかったので、両脇を押さえて開ける。
磁石も兆番も、猫の脱走防止柵を作った時の余り物。


SN3U0138.jpg


下駄箱に入れておいたペンキなどをこちらの箱に。
ちなみに下駄箱は引っ越してきたときには、すでにあった。
上に段は鋸用。
土類は下駄箱へ。



玄関の様子はこんな感じ。

SN3U0141.jpg

何度も書いているが、お客さんの来ない家なので(笑)誰かに見られるわけではないけれど、よくもまあ、この箱のある場所に、無造作に物を置いていたものだ。
前から箱を作ろうと考えていたが、取り掛かるまでに時間がかかりすぎた。

だいぶスッキリした。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| DIY | 23:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

若いときは、大食漢だった。

昨日、今日と寒い。
雨は降っているし肌寒いというより本格的に寒い。
昨日は腰が痛くなってしまった。
冷えたのだろうか?
まだ早いと思ったが今冬初めてファンヒーターを出した。
一度使い始めてしまうと、頼りっきりになる。

今朝起きたのは、9時過ぎ。
寒いとやはり起きられない。
朝食が遅かったので、昼食を食べるタイミングを外してしまい抜いた。

夕飯も食欲がなく、ご飯の支度をするのが面倒になってしまった。
私は朝はパン、昼は麺、夜がご飯。
お昼を食べなかったので、夜を麺にした。
味噌ラーメンと餃子。
味噌ラーメンはインスタントではなく生めん。
ラーメンはもやし一袋を入れて、餃子は冷凍餃子。
食欲はなかったはずなのに完食。(笑)

SN3U0151.jpg


若いときはラーメン屋さんに行くと、ラーメン・餃子・それに半ライスというのが定番だった。
男並みの食欲だったのだ。
そういう注文の仕方に、ためらいがなかった。
職場の同僚と行く時も、一人で行く時もそれは変わらなかった。
昔は痩せの大食いとよく言われた。
今日ラーメンを作るときに、一瞬、ご飯も必要かな?と思ってしまったが、それは若いときの記憶が甦ったからだと思う。

今はラーメン屋さんで出された半ライスの量で、ご飯は済んでしまうけれど。
美貌(笑)やスタイル(笑)は、キープしなくても平気な年になったけれど、食欲だけは落ちたくないものだ。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 22:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NOと言える力を持つ。

ガスの検針にいつのも担当者が来たので、少しおしゃべりをした。
お互い好きなサッカーの話が主だけれど。

うちの近辺はプロパンだが、ガスの供給が解禁されてどこも参入できるようになり、営業も活発だから、その話になった。
前に大手のガス会社の営業が来た時の話は前にブログに書いたが、その後、別会社の女性の営業も来ている。
私はその気がないのに、いちいち長ったらしい説明を聞く気はない。
あっさり、きっぱり断った。

うちの近所に一人暮らしのおばあさんがいるらしいのだが、その人が5日間連続で同じ女性に訪問されて、ノイローゼになってしまい、SOSの電話があったそうだ。
結局、彼が間に入って断ったそうである。
その営業というのが、新聞の勧誘なんかと同じで、1契約に対しての報酬でアルバイト。
地図を持って歩いて、ローラー作戦で片っ端から訪問して、はっきり見込みのないところと交渉次第というところを分けている。
そのおばあさんが、どういう受け答えをしたのかわからないが、はっきりと意思表示をしないと、ノイローゼになるくらいの訪問を受けてしまうのだ。
あいまいはいけない。
付け込まれて押し切られる。


ガス屋のお兄ちゃんが、奥さんみたいにはっきりしている人はいいのだけれど(褒め言葉では、おそらくないと思う・笑)お年寄りは断れない人が多いんだよねと言う。


一人暮らしで、誰とも話さない日が続くと、人恋しくなって営業の人にでもやさしく接してしまうというのは、よくある話で分からないわけではない。
私は何日も人と話さなくても全く平気なタイプだが(猫に話しかけているから)、これから猫が1匹もいなくなると、私もそういう人恋しいという感情を持つようになるのだろうか?
それは今はとても想像できないが。


日中家にいると、勤めていた時にはわからなかった、面白い営業が来る時もある。
エ○バの聖書のお勉強・・・は慣れたけれど、いつだったか、「○○先生の本を紹介したくて・・・」という女性が来た。
その○○先生の顔が表紙の本を示された。
○○先生って誰?と思ったが、それを聞くと話し込まれる。
これもたぶん宗教。
あなたにとっては先生かもしれないが、私から見ればただのオヤジだ!と言いたかったが、それはさすがに控えた。
言おうと思えば私は言えるけど。
そのおばさんがあまりにも人がよさそうだったので「申し訳ありませんが、まったく興味がありませんので」と「まったく」に力を込めて丁寧に断った。
帰った後で、笑ってしまった。


ガス屋のお兄ちゃんが言っていたそのおばあさんみたいに、断れなくてノイローゼになるくらいなら、はっきりNOと言える力を持つことは大切だ。
私は今は面倒で、ドアすら開けない。
ドア越しで断っている。
どちらさまですか?と聞いて答えなければ、(返事をせずに、ドアを開けさせる人もいる)私はほおっておく。







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 23:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

物置がないので、箱を作ることにした。DIY.。

庭に物置がない。
それは最初から分かっていた。
引っ越してきたときは、畑も花も育てないと思っていたから、必要ないと思った。
購入しようかと思った時もあったが、土地も狭いし置き場所の確保も難しいし、風も強い地域だから設置したら確実にアンカー打ちをしなければならない。
そうなるとかなり値がはって、経済的に無理ということで、いらないということにしたのだ。

靴などもだいぶ処分したので、数は少ないので、下駄箱の中や下を物置代わりにしている。
しかし、思いがけず物が増えて、下駄箱の隣に空きスペースがあるので、そこに無造作に入らないものは置いていた。

SN3U0142.jpg


庭にダンゴムシやムカデがいるので、殺虫剤などが増えてしまった。
ちなみに右側にある土は、猫草を育てるためのパーミキュライトという軽い殺菌されている土。
今まで100均で買っていたが、お店も遠いし高上りだし、ホームセンターで大袋を購入した。
買ったはいいが大きすぎて邪魔。(笑)

知らない人のために猫草とはこれ。

特別出演、ゴン。
PAP_0126.jpg

毛玉を吐き出させるための草で、家の中で種から育てている。
容器はカップ焼きそばの使い回し。(笑)


いくらお客さんが来ない家だといっても、玄関の上り口にこういうものがあるのは、何となく落ち着かない。
そこでこれらを隠すための箱を作ることにした。

得意の200円の板。
厚さ1.9 幅 8.9  長さ180センチ ワンバイフォー 1×4 SPF材 8枚

200×8=1600円
カット代20×7回=140円

合計1740円。

塗料は残っているものを使う。


余りなく無駄なくカットしたが、カットしたものの中に松ヤニ(?)がべっとりついているものがあって、べたべたして使えないものが1枚出てしまった。

SN3U0125.jpg

改めて買いに行く気ににはならず、出鼻をくじかれてやる気がなくなったが、パズルのように今ある板で何とか仕上げるつもり。

途中経過。

SN3U0122.jpg

出来上がるのか?
投げ出すのか?





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| DIY | 23:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT