時を束ねて リボンをかけて

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一人暮らしでも、笑うことは大事。

近くの図書館に行ってきた。
図書館の本館は別にあって近くの図書館は公民館の中にある本当に小さい図書館。
司書はいない。
公民館の受付の人が貸し出しと返却と行う。
図書館の中に、人がいるということはめったにない。
本館のほうにも行ったことがあるが、まず蔵書がない。
ネット予約やネットで蔵書を調べることもできない。
そういう仕組みを行うほどの力の入れ方はしていない。
これは人口からいえば当たり前のことなのかもしれない。
いかにも田舎の図書館だ。
新刊コーナーという場所もあるにはあるが、半年前に並べられていた本でも、今も新刊コーナーにある。

で、「シルバー川柳」の5と6が新刊コーナーにあって、借りてきた。
1から4を捜したらみつからないので、受付の人にどこにあるのかを聞いた。
PCで調べてくれたが1から4はないというのだ。
つまり、市に1から4までは置いてない。
「ええ!!!」絶句。(笑)
気を取り直して、分かりましたと言った。
普通、1から4を省いて、5と6を置く図書館というのはあり得ないと思ったが、もしかしたらそういうことで驚いてはいけないのかもしれない。
「老後はひとり暮らしが幸せ」という本も借りてきたが、借りてきたのは「続」のほうで、つまりはその前の本は置いていない。(笑)
このユニークさが、楽しくなってくる。
面白い!!!


私が本を読むのは暇つぶしだから、読書家ではない。
本を読まなくても生きていける。
友達がいなくても生きていけるし、趣味がなくても生きていけると同じ意味だ。
読書をする人、友達や趣味が多い人、(あと何かあったかな?)が特別文化的意識が高いわけではないし、特別人間的に優れているわけでもないというのが私の考え方だから。

シルバー川柳は1ページに1句だから読むのに10分もかからない。
だけど、思わず、あはは~と声を出して笑ってしまった句ばかり。
老いることを笑いにできる、その才能がうらやましい。
まあ・・笑いのツボは人それぞれなのだが、年をとってもユーモアのセンスは大事だなと思う。

笑える句ばかりの中にこういう句もあった。

「うす味を 愛だと知った 四十年」

80代男性の句。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村





| ひとりごと | 22:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家庭菜園は真似事だけ。

ナス2本。ピーマン2本。ミニトマト2本。
畳2枚分ほどの空き場所を畑に使うかも・・・・と思っていたところに植えた。
ナスとピーマンは1個68円。ミニトマトは78円。
ナスとピーマンは先々週の日曜日に植えたのだが、もうすでにナスは成長する気はありませんと主張している。(笑)
ミニトマトは昨日植えた。

SN3U0012.jpg


支柱を100均で買ってきたり、結構面倒である。
上手にできるかどうかわからない。
地植えは初めてなので。

今まで菜園プランターで作ったことはあるにはあるが、元は十分とったと思えたのはいつもピーマンだけ。
ナスもいいところ3本くらいの収穫だったし、ミニトマトも採れ過ぎて嫌になるなんてことはなく、こんなもんなの?というくらいの出来で、そのうち、土を買って肥料を買ってなんてことが不経済だと考えるようになってしまった。
トマトも植えたことがあるが、全く失敗で嫌われた。

そういう挫折が多かったので、野菜つくりに興味を失った。
参考にしたのはこの本。


SN3U0010.jpg

昔、この本を買うくらいやる気満々だったのに、そのやる気はいつの間にか消えてしまった。

今回なぜ植える気になったかというと、畑をできるほどの広いスペースはないのに、家の前の畑に通ってきているおじさんに「何か植えたら?」と何度も言われたからだ。
「おじさんから、もらえるからいいわ」とは言えないし。
「いつも、いただけるのを待っているのよ」とも、言えない。(笑)
むしろ、欲しがっていると思われるのが嫌で、今日は畑に来ているなと思うと、外に出ないようにしているくらいなんだけれど。
実際、いただいてばかりも気が引けるし、だからダメもとで初心者好みの家庭菜園にしてみた。


今日は隣のご主人も外にいて、「ここは根菜しか植えられないよ。風が強いから」と言われた。
そうだなと思ったが、そう聞いたのは植えた後。
失敗したら、しょうがない。
失敗は人生につきもの。
特に、私の場合。(笑)

ただ、庭にいると太陽を浴びる口実にはなる。
引き込もって、映画ばかり観ている生活でも、時には太陽が恋しくなる。
風が恋しくなる。
不思議と人は恋しくならない。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 21:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の長年の小さな夢。

人は多分いくつになっても夢を抱く。
大きなものから、小さなほんの些細なものまで。

私は長年だれも私を知らないところでひっそりと生きたいと思っていた。
そういう心境になるまでは、心の中でいろいろな葛藤をかかえ夢で終わるだろうと思うこともたびたびだったが、思い切って、その家ごとの断捨離を終わらせることができた。
それが私の人生の大きな夢で大仕事だった。

小さな夢というか願いは、他人からみれば大したことがないことでも、実はたくさん持っている。
それは今、そばにいる猫たちが病気にならず老衰で猫生を全うしてもらいたいということや、今日も井岡一翔の世界戦があったが、ボクシングの世界タイトルマッチをその場で見たいとか、大好きな中村俊輔の試合を見たいとか、お金が欲しいとか(笑)、ひっそりと生きるのならば、ひっそりと生を終えたいとか、細かく言えばきりがないくらい、実現不可能なことも含めてたくさんある。

昨年、ガスの契約をした会社の担当者とサッカーの話で盛り上がったことがある。
特に、昨年のクラブワールドカップのレアル・マドリードと鹿島の試合で、柴崎岳が2得点をあげたときは、そのあと大いに話が盛り上がった。
私は実際にサッカーの試合を見たことがないということを言って、一度見てみたいと話したことあるのだ。
すると、彼の会社で鹿島スタジアムと関連があるらしく、ご招待の手配ができるという話になった。
それで、ぜひ欲しいと言ったのだ。
しばらく忘れていて、私も彼の口先だけの話だろうと内心期待はしていなかったのだが、なんと、きちんと会社に申請を出してくれていた。
そして先月、昨日の鹿島アントラーズとジュビロ磐田の試合のチケットを届けてくれた。
1枚でいいと言っていたのだが、2枚いただいた。
私としては、どこのチームが特別に好きというわけではなく、チームではなく個のファンなので、サッカーそのものの試合ならJ1でもJ2でもどこでもいいのだが、届けてくれた時に、ジュビロ磐田だったので、思わず雄たけびをあげてしまった。(笑)
中村俊輔がみられるんじゃないの~ということで。
まさか、まさかの話が実現したわけだ。
「フリーキックになったら、直接狙え~とか言ってしまいそうだよ」と言ったら、「あのですね、席はアントラーズ側ですから」と言われた。(笑)

とにかく嬉しい嬉しいを連発した。
「柴崎岳が移籍して今はアントラーズにいないから、要らない見ないと言われるんじゃないかと思っていた」と言われたが、何度も嬉しい、何度もありがとうを繰り返したので、そんなに喜んでもらえるとは思わなかったと言われた。
スタジアムまでの行き方と、駐車場は地元の人が誘導している駐車場を利用して歩いてスタジアムまで行ったほうが早いということまで、いろいろと教えてもらった。


そして昨日、1枚無駄にするわけにいかないので、猫つながりのブログ友さんに声をかけ、行くというので2人で出かけてきた。
彼女は格闘技が好きで前はわざわざ試合を見に出かけていたこともあるそうで、せっかくいただいたチケットなので無駄にしないですんでよかった。
サッカーは知らないと言っていたが、中村俊輔は知っていたので、それもよかった。

そして、なんと俊輔のゴールを見た。
すごく格好良かった。
感激。
まさに、小さな私の夢が実現したのだ。
もちろん、席の周りはアントラーズのユニホームを着たサポーターだらけだからおとなしくしていた。
だけど、テレビで見るのと実際見るのとでは全く違うのは当たり前で、そのサポーターの熱気が凄かった。
アントラーズの応援を見ているだけで、これがファンというものなのかと圧倒された。
そして、たくさんの老いも若きものサポーターの中で、70代と思われる女性の鈴木 優磨のユニホームを身に着けていた人がいて、うわあ素敵な人と思ったりした。

昨日は私の実現することはないだろうと思っていた、(実現させようとすればさせられる夢ではあるけれど)長い間の小さな願いが一つ叶った日だった。
とにかく人の多いところが苦手な私でも、耐えられるくらいの、嬉しい1日だった。



SN3U0002.jpg




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 23:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の家の桜の木。

今日のタイトルだけ読めば、すごい広い庭に大きな桜の木があるように思われるかもしれない。
タイトルで、見栄を張ってしまった。(笑)

庭の小ささ、家の小ささが気にいっている私の現在の家だが、本当に桜の木がある。
引っ越して来たときに、前の家の持ち主が植えた木々を処分したことは、何度も書いている。
ちょうど隣との境の隅の、あまり日も当たらないようなところに、それはあった。
なんとなく気にいったので処分を頼んだ業者さんに、これは何ですか?と聞いたのだ。
「しだれ桜だよ」と言うので、これは残すと言って残したのだ。

高さは90センチくらいしかない。(笑)
かわいいしだれ桜。
ネットで調べると八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)という種類みたいで、5メートルくらいになるそうだが、その時は私は生きていない。

去年の今ころの時期はまだ引っ越してないから、この桜が咲くのを見ることはできなかった。
どんな花が咲くのか、まったく想像もできなかった。
もしかしたら、枯れているのかもしれないと思っていた。
存在を忘れていたから。
が、この2,3日咲き始めている。
蕾がほころびそうなときの色が、ド・ビンクで、夜の街のネオンに使えそうな色。(笑)
すごい色だなと思ったが、咲いたら、きれいな薄いピンクになった。
小さくて可憐な花びらで、まだ蕾のある枝もあるので、楽しみが一つ増えた。
これは残しておいて正解。

前の家の両親が残した数本の大木は、あの頃の私には、神経を逆なでする存在だった。
仕事と介護に明け暮れて、庭にいても、その大木が嫌で嫌でしょうがなかった。
業者に頼むと高額になるので、友人に手伝ってもらって、チェーンソーまで買って(電気のだけれど・笑)、切り落とした時の爽快感は今でもはっきり覚えている。
近所の人が見に来たくらいだ。
そこまで自分でやるのかと。
貧乏人だもの。(笑)


私も年を取って、自分より背丈の高い木はいらないという気持ちは今も変わらないが、両親が庭にいるのが好きだった気持ちは、今はわかるような気がする。
花は心を潤すと存在だと、少しずつ分かってきたから。


PAP_0083.jpg


PAP_0087.jpg

<お断り>
私はデジカメを持っていません。
スマホも持っていません。
私のアップした画像は、すべてガラケーで写したものです。
したがって、花の写真は、その辺をご理解願います。(;^_^A






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村






| ひとりごと | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

苦笑。

いやあ・・本当に自己満足の世界だった。

苦労して作った郵便受けを設置して、郵便が入るのを楽しみにしていた。
結構、郵便物は多く届くので。
ほとんどがダイレクトメールなのだが。(;^_^A

今日たまたま2階から、郵便の配達の人のバイクが我が家に留まるのを見た。

来た~!!!

で、そっとおりていくと、なんと、今まで通り、玄関に備え付けてある郵便受けから投げ込まれていた。(笑)

しかも、今日の配達の人は、郵便受けを作る羽目になった配達員だ。
雨のかからないところに、箱を置いてくれればいいと言った配達員だ。
それなのに、どうしてあんなに大きな物に、気がついてくれなかったのだろう。
ただの箱じゃ嫌だから自分なりに、ない頭を使って作ったのに。

そして、どうだぁ!!!作ったぞ!!!という気持ちだったのに。
見向きもされずスルーされて、プライドがズタズタ。(笑)



追いかけてちょっと待って~、郵便受けを設置したから~と言いたかったが、すでにバイクは去っていた。(笑)


この家はここから郵便を入れると、もう習慣になっているから、新しい郵便受けなんて目に入らないようだ。


玄関に備え付けの郵便受けの投函口にガムテープをはって、郵便物はあちら⇒なんて書いておこうかと思ったが、そのうち気がついてもらうのを待つしかない。
まあ、家の中に投げ込まれるほうが、安心といえば安心だと、自分に言い聞かせたけれど。

あ~あ、苦労した分ショックが大きい。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 22:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT