時を束ねて リボンをかけて

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

狐につままれたよう。

私はご飯は5合炊く。
それを100グラムから120グラムくらいずつ小分けにして、ラップに包んで冷凍庫に入れておく。
昨日の夕ご飯、いつものようにチンしようと思った。
するとレンジの液晶にエラーが出る。
え~どういうことだ。
何度やっても同じだ。
諦めて取説を探して確認すると、その表示は「故障ではありません」の欄にある。
その表示を消すためのやり方を、取説通りにやっても、その前の段階でボタンが動かない。

これは接触不良ではないだろうか・・・と考えて、右手はまだ腱鞘炎が治りきらなくて痛みがあるので、
私の神の左で(;''∀'')あちこち何度もたたいた。
で、直ったかというと直らない。

2011年制だから、まだ6年だ。
そんなもんで壊れるものだろうか?
いくら安物でも。

諦めた。
レンジもご飯をチンすることも。

お仏壇に供えた団子を食べて、夕食とした。(笑)

ネットで買おうと思い、あちこち調べたが、どうも高いような気がする。
ホームセンターか量販店を見てこようと思った。
今使っている電子レンジは、レンジ・オーブン・トースターグリルと切り替えて使えるような使用になっている。
しかし買ってから、一度もオーブンもトースターもその機能を使ったことがない。
それで解凍と温めだけできるレンジをメーカー問わずで、一番安いものを買うしかないと考えた。

前の家で洗濯機の脱水だけが利かなくなったとき、洗濯機を倒して背面を開けて、ネットで直し方を調べたメモを見ながら、見事直したことがある。
あの頃は洗濯機を倒す力も、起き上がらせる力もあった。
今は、ない。(笑)
それに洗濯機くらいなら直せても、電子レンジは精密機械だから、自分で分解できない。
つくづく思ったが、電子レンジは私にとって必需品なのだ。
買うと決めた。

今朝起きて、まだ未練があって、一応使ってみた。
なんと!!!いつも通り、使える。(笑)
昨日1時間も悪戦苦闘していたのは何だったのだろうか。
最後のパンチが利いたのだろうか。

狐につままれたような感じ。
何よりも買わなくていいということが嬉しい。
お金を使わない生活ではなく、使えない生活をしているゆえ。






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私に孫がいたら。

草むしりをしたり棚を作り直したりと、このところ体を酷使していた。
階段からも落ちたし。

ということで、少し体を休めたいと思い昨日久しぶりに銭湯みたいな温泉に行ってきた。
寒い間は行っていたが、夏になってからは行っていない。
チケットの買い方まで忘れていたくらい、間が空いた。

たぶん混んでいないと思った。

お盆のこの時期、一家団欒の用意の時間(笑)つまり夕方4時半に出かけたのだ。
この時間ならすいているはずだと考えた。
思った通り。
5人。
洗い場には誰もいない。
ゆったりと入れた。


お風呂から上がって休憩室(といっても10畳もない部屋だが)にも私一人しかいなくて、5つしかない椅子に座って自販機のジュースを飲んでいたら、小学生の5,6年生くらいの子どもと祖母と思われる人たちが入ってきた。
しばらく涼んでいたら、祖母のほうが「さあ、家に帰ってご飯を食べよう」とその子に言った。
ところが孫のほうが、その施設の隣にあるレストランで食事がしたいと言い出した。
レストランがあるのは知っていたが、値段がべらぼうに高い。
私の感覚で言えばだが。(笑)
だから私はそのお店に入ったことがない。
ファミレスのような気楽さもない。
田舎なのに。


祖母は孫に家で食べようと言っている。
孫はそのお店で食べたいと言っている。
繰り返される押し問答。

そこまでで、私はその部屋から出た。
だから、どうなったかわからない。

家で食べようと言っている祖母のことを考えた。
孫にばあちゃんと呼ばれた時からばあちゃんになってしまうけど、祖母といってもそれほどの年寄りには見えない。
そうだね、食べて帰ろう!とがんとして言わない理由。
家に用意してあるのか?
家族が待っているのか?
外食が嫌いなのか?
そういうことが無駄遣いだと思っているのか?
経済的に余裕がないのか?

私に孫はいないけれど、私だったら経済的な理由だ。
私は貧乏だ。
つつましく暮らしているのだ。
贅沢はできないのだ。
そういうことを、まず孫に話すと思う。
もし私に孫がいても孫にお金を使えない祖母に私はなるのである。
あの祖母と孫の会話を聞いて、そういうことを考えた。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ただのひとりごと。

昨日何気なくつけたテレビで、記憶喪失の青年の過去の自分を探す様子が映されていた。
途中から観たので、詳しいことはわからない。
前回もこの青年を取り上げたらしいが、その番組のことは知らない。

本名が分かっても、新しい名前で生きようとしているのなら、それでいいのではないだろうかと思ったけれど。
もっと、今の環境に慣れてから、過去の自分に向きあえる自信がついてから、過去の自分を知りたいと思っても遅くはないと思ったが。

何度も胸が痛くなった。
この青年の過去が決して幸せだったものではないと思えると、余計つらい旅路に出かけているようで胸が詰まった。

専門的なことはわからないが、記憶喪失になるということは、それは心が要求したのだろう。
自衛的に心が要求したのなら、それを無理に掘り起こすことが必要なのだろうか?
テレビ的にはそういう方向にして、過去の自分を知る人に会わせて、感動的な話に持っていきたいのかもしれないが、見ているほうが辛くなる。
どこのだれかが分かっただけで、それでいいのではないか。

忘れたい過去がある。
葬りたい過去がある。
心が苦しかった時の自分に、私なら会いたいとは思わない。 
カサブタになりかかった傷が、またぱっくり開きそうな気がするから。

テレビを観ていて、ただただ悲しかったのは、この若さでそういうものがあるということ・・・。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村




| ひとりごと | 22:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

目立たずひっそりと。

ゴミを出させてもらうということで、入会金3000円と2年に一度1000円の徴収ということで、町内会に4000円支払ったのが3月。
新しく班長になった人から、電話があって、2年に一度分の1000円を持ってきてもらいたいと言われた。
2年に一度というのが、どの年から始まっているのかわからないので、分かりましたと言って、収めてきた。

その時、市で発行している、ゴミの出し方のガイドの紙を、役所からもらってきたからということで渡された。
もちろん、私は引っ越してきたときに役所からもらって持っているが、わざわざありがとうございます!と言っていただいた。
その時に、「この頃、ゴミの出し方が乱れているのよ。前の班長さんは、間違って出されているのを持ち帰って、市の焼却所まで持って行っていたのよ。」
と言われた。

ン????
私が間違って出していると思われている?
これは、きちんと言っておきたい。
「私は生ゴミしか出していませんよ」と言った。
「えっ!!」
確信した。
私が間違ったごみの出し方をしていると思われている。アチャ~。
「不燃ゴミは、私も市の焼却所に持ち込んでいますから。
間違った出し方をして、ご迷惑をおかけするのも嫌なので・・・」と言った。
本当の理由は違う。
不燃物のゴミはそれほど多くないから、毎週出す日が決まっていても、朝7時まで出さなきゃならないし、早起きはしたくないということ。
それに、市の焼却所までの道路が、気分転換のドライブにはもってこいの本当の田舎道で気に入っているのだ。

間違って出しているのが私だと思われるなんて心外。
「あら~そうなの!!」とびっくりされた。
「わざわざ、あんな遠いところまで持って行くことはしなくていいから~遠慮なく出してちょうだい」と言われた。

牛乳パックや食品トレイ、ペットボトル、アルミ缶はスーパーのゴミ集積所に置いてくるし、私はこういうことはマメだ。
ひっそりと目立たないように暮らしているのをモットーにしているこの私が(笑)間違ったゴミの出し方なんてしないのです。


私だと思っていたのなら、回りくどい言い方をしないで直接私に確かめてもらいたかったわ。
別に噛みついたりしないのに。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 23:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミートソースを作った。

天気が悪く、昨日の続きができなかった。
塗装が乾かず。


天気が悪いのに庭のミニトマトは順調に育ち、朝昼晩と毎日食べてもたくさんある。
それで、ミニトマトでミートソースを作ることを思いついた。

検索するとたくさん出てくる。
その中でニンニクをオリーブオイルで炒めるというものがあるのを選んだ。

私はあまりテレビは見ないのだが、料理番組などでニンニクをオリーブオイルで炒めていて、ニンニクのいいかおりがしてきましたね~なんてコメントを聞くたびに、それをやりたいと思っていたのだ。
ニンニクは買うと高い。
だから私は、いつもチューブ。(笑)

ナスが庭でできると、素揚げにしてニンニク醤油でよく食べるが、それだってチューブですもん。
今回は送ってもらったから、当分は生ニンニクだ。
嬉しい。


で、本当にニンニクのいい匂いで、これだけで私は今、料理している~という感じがした。(笑)
ミートソースは手作りしたことがない。
いつも、レトルト。
載せられていた分量が7,8皿分くらいだったので、半分にして作った。
味は最高にうまかった。
やはり手作りだけのことはある。
でも、他の分量はきちんと計ったのだが、トマトだけは多めに入れたので炒め具合がよくわからなくて水分があまり残らないミートソースになってしまった。
スパゲッティの中で、ミートソースが一番好き。
というか、私は食べずきらいが多いので、食べ物の冒険はしないのだ。
ナンチャラカンチャラ???横文字の料理よりは、魚と野菜の基本、和食中心。
自慢できるくらい、いつも粗食です。
肉は嫌いだから食べない。
でも、ひき肉は何とか食べられる。


ミートソースは夕飯でいただいた。
残りは2皿分くらいにあるので、冷凍。
茹でたスパゲッティも2食分を分けて冷凍。
食事を作りたくない日に(しょっちゅうあるけど)冷凍庫にあると安心の一品。

SN3U1798 - コピー

SN3U1803 - コピー








にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 23:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT