時を束ねて リボンをかけて

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昔を思い出した。

日馬富士の事件。
情報が錯綜していて、どこに真実があるのかさっぱりわからない。

昔を思い出した。
息子が中学1年のときに同じクラスの子に一発殴られた。
その時の顔の変化に気付いて、問い詰めたのだが、相手の名前を言わない。
言わないのなら本気でお母さんは調べるからねと言って白状させた。
とても成績が優秀な子供だった。
かかりつけの医院に連れていってレントゲンを撮ると、大きな病院に行くようにと言われた。
改めて診察を受けると、鼻の先の骨にヒビが入っていた。
手術をするなら2週間以内、それを過ぎると固まって手術はできない。
手術をしないのなら、そのまま骨が固まるのを待つ。
選んでほしいと言われた。

一応担任に報告した。
担任の連絡でお父さんとその子供が自宅に謝罪に来た。
その子に私は聞いた。
「うちの息子が的を得た、しかしかなりきつい言葉を言い放ったんでしょ。」と。
その子は下を向いたまま、首を振ったけれど、たぶんそれは当たっていると思った。
言いかねない息子だから。
あとで聞いたら、その通りだったけれど。
だからと言って、殴ってけがをさせるなんてことは言語道断だけど。

神妙にしている父とその子は私の出方を待っている感じだった。
息子は同席しなかったが、隣の部屋で私がキレまくるんじゃないかとドキドキしていたらしい。
私は穏やかでこういうときこそ驚くほど冷静。(笑)
相手の内申書に響くんじゃないかと息子が気にかけたけれど、「そんなもの、あんな優秀な子に不利になるようなことは、学校は書かない。」と私は言った。


「治療費はすべてこちらで持ちますから」とお父さんが言ったので、「入学するときに、学校の保険に入っているでしょ。学校内で起きたことはその保険を使うのですよ」と私は言った。
すると父親は、そういう保険があることを知らず担任から治療費はすべて負担するようにと言われたというのだ。
担任にすれば、学校は関係なく両方の親で解決してほしいということだ。
学校の保険を使えば、話は校長に行き、教育委員会まで報告の義務があるかどうかはしらないが、担任としては隠しておきたいことだったと思う。
何しろ相手はクラスでⅰ,2番の優秀な子だったから。
ところが、それでは私が納得しない。
何のための保険加入なんだと思った。
保険のことを担任に言うと、担任までがそれがあるのを知らなかったとしらばっくれた。
相手の親には支払わせない。
保険を使うのでと言い放った。
結果治療費は、自己負担していて、あとで学校の保険で返してもらった。


日馬富士の事件でそのことを思いだしたのだ。
息子が貴の岩。
私が貴乃花。
日馬富士が相手の子供。
そして相撲協会があの時の学校。
なんてね。(笑)

ただ日馬富士の事件は決着がどのようになるのか見えないけれど。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 00:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暇なので。

洗濯物を干すために外に出たら、私の車の脇で、スズメバチが1匹羽をバタバタさせていた。
黄色スズメバチだと思う。
黄色いから。
体調3,5センチくらい。
これは、飛び立つのか?
襲ってくる気か?
弱っているように見えるが・・・。
バタバタ羽音をたてて仲間に合図をしているのだろうか?
ここにいるぞ~助けに来てくれ~とか?
この寒さで最後の1匹か?
ハチの仲間にはぐれたか?
・・・・・たかだかハチだが、この1匹だけで私はいろいろ考える。
暇なので。(笑)


どうしようかと思ったが、常備しているハチ用の殺虫剤のスプレーをかけた。
苦しんでいるのを見ないで、洗濯物を干しにその場を離れた。
干し終わって、またハチのところに戻ると、動いていなかった。
トングでハチを挟み、裏の休耕田に投げた。

SN3U0251.jpg


今日はスズメバチでもなんだか弱っていたから、ちょっと心が痛んだ。
よくよく見るときれいな配色だし。
私好みの色使いだし。
ごめんよ、成仏してねと言いながらブシューだった。




大根は芽が出たが、大根ってもうどこの畑でも育っているのを見ているが、今の時期でも大丈夫なのだろうか?
こんなに寒くなっても芽は一応出すんだわ。

SN3U0257.jpg



庭の隅にちょっとだけ撒いたほうれん草。
タネは1日水につけて、濡れた布に3日間くるんで芽を出させてから植えると本に書いてあったから、その通りにして植えた。
育つだろうか?
向かいの畑のほうれん草の植えてあるところを見に行った。
同時期に植えたのだが、同じくらいの成長具合だ。
タネなんて、ただ撒けばいいのよ~と言っていた奥さんの植えたものと、一応手間をかけて植えたものと、同じくらいの成長具合っていうのは、なんだろうなあ。
どうせなら失敗したくないというせこい私とおおらかな奥さんのほうれん草は、奥さんのほうに軍配が上がりそうだ。


SN3U0255.jpg





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 22:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ええっ!」でも「うわっ!」でもなくて、「ふ・・・ん」

急に寒くなった。

昨日、庭で畑を見ていたら、隣のご主人が「寒いねえ」と話かけてきた。
いつものようにフェンス越しの会話。

このところ、どこかの家の修理をしている音が聞こえていた。
隣の隣の道路を挟んで向かいの家だった。
そこの旦那さんが、すごく性格の悪い人だというのだ。
隣が引っ越してきたときに、班長さんが誰かを聞きに言ったら、道路で区分されていて同じ班ではないから分からないと言われたというのだ。
分からないから分からないと言っただけだと思うけれど。
それが性格が悪いに直結する?
私が引っ越してきたときに、挨拶に行ったお宅だが、奥さんも旦那さんも特別悪い感じはしなかった。


ちなみに、隣は築21年。
性格が悪いと断言している話は20年も前の話だ。
結構、この人は難しい人なのかもしれない。



隣のご主人は、「前は東京に住んでいた」と「あと3年くらいしか生きない」というのが口癖。
またかよと思うくらい何度も聞いた。
東京の人間に比べたら、田舎の人間は性格が悪い。
この辺の人間は本当に意地悪で、近所付き合いはしていないと言う。
私も近所付き合いはしてないが、だからといって周りの人間がいい人ばかりとも思わないし、意地悪な人ばかりとも思ってない。
何しろ付き合いはないのだから、よく知らない。

東京に住んでいたなんてことは、私は特別なことではないと思っているが、この人にとっては一つのステータスなんだろうと思う。
東京なんて田舎から出てきた人が集まっている街だけれど。
だから、何区に住んでいたのですか?私は○○区に住んでいたんですよ…なんてことは聞かないし言わない。
まあ、ほとんど聞き役に徹する。


ところが、ちょっと驚いた。
意地悪だと言っていたお宅の、奥さんと子供が出て行ったというのだ。
だからそこのお宅は、今は旦那さんが一人で住んでいるというのだ。
私が驚いたのは、そこのお宅のことではない。
奥さんが出ていこうが子供が出ていこうが、どこにでもある話で私はまったく興味がない。
私にとってはどうでもいいこと。
驚いたのは、近所付き合いをしてないと言いながら、そういう情報はどこから仕入れているのだと、そこに驚いたのだ。
私の家からはそこのお宅は2階建ての屋根しか見えない。
しかし、隣からはおそらく見えるのだ。
工事前に3人の工事会社の人間が下見に来ていたとも言っていたから、近所付き合いはしないが、よく見ている。


90過ぎて、こういうどうでもいいことを他人に話すってどうよと私は思うがなあ。
話されても乗らないから、そこに気付いてほしいのだが。
なにしろ、よそのお宅の話をされても、「ええっ!」でもないし「うわっ!」でもなくて私は「ふ・・・ん」で終わりだから。
そういう話を私にしても、反応がなくて面白くないと思うんだが。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人と話すと疲れるという症状が出た。

家の裏側の外壁が傷み、これは修理しなければならないと思っていた。
まともに海風が当たるので、傷みがひどい。
ガス会社の担当者に、外壁塗装の会社を探してもらった。
大会社ではなく、個人会社で、社長自らが職人で感じのいい人という条件を付けて。
どうせ、そういうことを頼んでもすぐに忘れるだろうと思っていたので、私自身でも探そうと思っていたが、先日、私の条件にあう会社を教えてくれた。
電話をかけて、昨日見積をしてもらうために自宅に来てもらった。
私の無茶ぶりな頼み方にも、協力してくれるこのガス屋のお兄ちゃんにはいつも感謝している。
でも、だからといって、ここに決めるとは思っていない。
相見積は取るつもりだから、ベースになる金額が知りたかった。
まだ、見積もりが来ていないけれど、これが頭が痛い。
話を聞いただけで安くはないということが分かった。
少ない貯金が減るという現実に、頭を痛めている。


人と話さない生活をしているせいか、昨日のように知らない人と1時間も話すということに、疲労感がどっときた。
礼儀正しく感じのいい人で、私の条件にピッタリであったが、それでもやはり疲れた。
早めに寝たのに、今朝起きたのが8時過ぎ。
よほど疲れたんだと思う。
体を動かして疲れるというのではなくて、人と話すと疲れるという、相変わらずの症状。




今日は日中暖かくて3時ごろでもそれが続いていたので、ふと思い立って海を見に行った。
ポツンと座って海を見ていると、この孤独感がたまらなく好きだと思う。

釣り人発見。

PAP_0263.jpg


私の影。
私って足が長いのね。(笑)
PAP_0250.jpg






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

値引き品に弱い私。

昔、知り合いが運動不足解消のために電器量販店を歩くという人がいた。
冷暖房完備だし、様々な電器製品を見ている時間が楽しいと言っていた。
まあ・・電器量販店には無料のマッサージ機を置いてあるところもあるし、買わなくても退屈しないし、知らず知らずのうちにかなり歩くので体のためにもいいと言っていた。


私がホームセンターが好きなのも同じようなもので、大きなホームセンターは退屈しない。
そして歩く。かがむ。しゃがむ。また立ち上がる。
そういうことを繰り返す。
結構な運動量なのだ。


掘り出し物もみつかる。
つまり値引き処分品。

SN3U0261.jpg

これは先日、440円で買った。
電池式の蚊取り器。
来年用。
1年後くらいはまだ私も元気かもしれない・・・と思うから、買った。
私は2年後、3年後の自分は考えない。
まして5年後10後なんて、考えただけで暗くなる。
人生何があるかわからないから。
いつも考えるのは今から1年後のことだけ。


SN3U0240.jpg

これはデンマークカクタス。
花は終わっていたが、これも来年用。(笑)
店員さんに来年咲くかしら?と聞いたら、うまくいけば咲くと言われた。
本当に上手な人はシクラメンだって、毎年上手に咲かせている人がいますよと言われた。
玄関に置いていたら、少しずつ芽が出てきている。
紅白というところが気に入った。
咲いたのを見てないけれど。

SN3U0243.jpg

これはアデニウムという観葉植物。
空気清浄樹と書いてあるが、冗談みたいだと思った。
ネットで調べると花が咲くみたいだ。
買った時は曲がっていたが、今は上に伸びている。


デンマークカクタスの元の値段は398円。
アデニウムの元の値段は298円。

どちらも、元の値段だったら買わない。

赤札がついていたから買ってみた。
玄関の下駄箱の上に置いている。

で、数週間前に買った値引きの値段がこれ。(笑)

PAP_0251.jpg




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT