時を束ねて リボンをかけて

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

100均のリメイクシートを使ってみた。DIY。

100均はよく行くのだが、リメイクシートというものがあるのを知らなかった。
それを使ってDIYをした人のブログを読み、興味がでて先日探してみた。
気が付かなかっただけで陳列されていた。

その時は何に使うかは、よく考えてなかったのだが、お店の隅のほうに商品を陳列した後の処分用の大きなダンボール箱があるのを発見して、ひらめいた。
シートを購入したついでに、その段ボール箱をいただいてきた。

この地に引っ越してきて近くのスーパーに初めて行ったときに、なんてだらしないスーパーなんだろうと思った。
レジの横にいろいろなサイズの空のダンボールの箱が山積みになっていたからだ。
片づけないで積み上げているなんて・・・と思ったのだ。
何回か行くうちに、購入した商品を、その空のダンボール箱に入れて帰るお客さんが、あまりにも多いことにびっくりした。
前に住んでいたところでは、見たことがない光景だった。
そういうことが、普通の地域なのだ。
商品を入れて持ち帰っても、その後は邪魔になるだけだろうと思うのだけれど、マイバックよりは使いやすいのかもしれない。
何しろ、「ダンボールがなくなりました。用意してください」と店内アナウンスが流れるのを聞いたことさえあるのだ。
マイバックを忘れても安心。
ついでに言えば、おしゃれなマイバックも必要ない。

100均のお店で、それでも遠慮がちにあのダンボール箱いただけませんか?とレジの人に聞いた時も、「いいですよ~。商品入れて帰りますか?」と言われたくらいなのである。


ダンボール箱を利用して、リメイクシートを使って、作ったものは猫のトイレの砂の拡散を防ぐための囲い。

今までの状態がこれ。(笑)

SN3U0186.jpg

トイレの後に猫がダンボールで爪を磨ぐので、ボロボロ。
まあ・・・・お客さんの来ない家だし、これでいいと思っていたが、さすがに貧乏くさい。
いただいたダンボール箱にリメイクシートを貼って、作り直した。
作るというより、ただ張り付けただけだけれど。
リメイクシートはダンボール箱に貼るのには、私には扱いづらかった。
柄合わせを必要としない商品を選んだから、少々いびつでもかまわないところは良かった。



SN3U0190.jpg

残ったシートを使ってついでに爪とぎにも貼った。

まあ・・・いいんではないだろうか?
少なくてもあのボロボロの状態よりは。
得意のの自己満足だけれど。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| DIY | 22:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

玄関に置く箱作り、完成。DIY。

外に物置がないので、置く場所がないものを整理するために、箱を作っていたが、完成した。
完成まじかになって、電動ドライバーが壊れた。
もともと安物だけれど、10年くらいは使ったし、いろいろ作ったので十分元は取ったのでしょうがない。
電池で動くオモチャみたいなドライバーも持っていたので、それを使って、とにかく作り上げた。
これから1週間は天気が悪いと予報に出ているので、塗料は塗れない。
塗料なしでも、一応使うことにした。
ペンキ塗りはカッと太陽が出ている時がすぐに乾くので、来年の夏までこのままにしているかもしれない。


SN3U0133.jpg


高さ48.5 幅60 奥行38.5㎝で完成。
カットした板の使えなかった1枚は、やはり必要で購入してきた。
ホームセンターの店員に「ああ・・どうも~」と言われた。
何度もこの200円の SPF材を買いに通い、何度も細かくカットをお願いしているので、顔を覚えられてしまった。(笑)
私がなぜこの板を使うかというと、もちろん安いからである。
これをベニヤ板で作るとなると、このサイズの箱はベニヤ板1枚ではできないから、2枚必要になる。
必要分カットしても、余る面積も大きくて無駄になるしベニヤ一枚のこの厚みなら3000円は超えてしまいそうな気がする。
今回は、1枚追加のカット3回で260円。
合計でちょうど2000円でできた。
何よりもベニヤ板は、ペンキを塗るときにサンドペーパー(紙やすり)をかけなければならない。
それが面倒なのだ。
この板はそのまま塗れる。
面倒くさがり屋の私向き。


箱だから開ける場所を考えた。
一番簡単なのは、ポストを作った時に経験している天板を開ける方法なのだが、もしかして天板の上にこれからならシクラメンの鉢を置くかもしれない(買わないけれど)、やわらかい光が入るから観葉植物を置くかもしれない(買わないけれど)、ミニサボテンをずらっと並べるかもしれない(買わないけれど)、猫が昼寝をするかもしれない(これだぁ!!!)
これなの?(笑)

それで、前面を開けることにした。
上から下へか、下から上へか・・・これも試したが、上から下に開けるほうが出し入れしやすい。
兆番ではなくて、内部で支える金具を(名前がわからない)使いたかったが、大きなホームセンターでしか扱ってないだろうし、そこまでしてお金をかけることはしたくないので、一応これで行くことにした。
上は磁石でパチンと閉まる。
取っ手をあえてつけなかったので、両脇を押さえて開ける。
磁石も兆番も、猫の脱走防止柵を作った時の余り物。


SN3U0138.jpg


下駄箱に入れておいたペンキなどをこちらの箱に。
ちなみに下駄箱は引っ越してきたときには、すでにあった。
上に段は鋸用。
土類は下駄箱へ。



玄関の様子はこんな感じ。

SN3U0141.jpg

何度も書いているが、お客さんの来ない家なので(笑)誰かに見られるわけではないけれど、よくもまあ、この箱のある場所に、無造作に物を置いていたものだ。
前から箱を作ろうと考えていたが、取り掛かるまでに時間がかかりすぎた。

だいぶスッキリした。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| DIY | 23:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

物置がないので、箱を作ることにした。DIY.。

庭に物置がない。
それは最初から分かっていた。
引っ越してきたときは、畑も花も育てないと思っていたから、必要ないと思った。
購入しようかと思った時もあったが、土地も狭いし置き場所の確保も難しいし、風も強い地域だから設置したら確実にアンカー打ちをしなければならない。
そうなるとかなり値がはって、経済的に無理ということで、いらないということにしたのだ。

靴などもだいぶ処分したので、数は少ないので、下駄箱の中や下を物置代わりにしている。
しかし、思いがけず物が増えて、下駄箱の隣に空きスペースがあるので、そこに無造作に入らないものは置いていた。

SN3U0142.jpg


庭にダンゴムシやムカデがいるので、殺虫剤などが増えてしまった。
ちなみに右側にある土は、猫草を育てるためのパーミキュライトという軽い殺菌されている土。
今まで100均で買っていたが、お店も遠いし高上りだし、ホームセンターで大袋を購入した。
買ったはいいが大きすぎて邪魔。(笑)

知らない人のために猫草とはこれ。

特別出演、ゴン。
PAP_0126.jpg

毛玉を吐き出させるための草で、家の中で種から育てている。
容器はカップ焼きそばの使い回し。(笑)


いくらお客さんが来ない家だといっても、玄関の上り口にこういうものがあるのは、何となく落ち着かない。
そこでこれらを隠すための箱を作ることにした。

得意の200円の板。
厚さ1.9 幅 8.9  長さ180センチ ワンバイフォー 1×4 SPF材 8枚

200×8=1600円
カット代20×7回=140円

合計1740円。

塗料は残っているものを使う。


余りなく無駄なくカットしたが、カットしたものの中に松ヤニ(?)がべっとりついているものがあって、べたべたして使えないものが1枚出てしまった。

SN3U0125.jpg

改めて買いに行く気ににはならず、出鼻をくじかれてやる気がなくなったが、パズルのように今ある板で何とか仕上げるつもり。

途中経過。

SN3U0122.jpg

出来上がるのか?
投げ出すのか?





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| DIY | 23:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日の続きです。

ゴミ処分場にミニ食器棚を持ち込むため、車に積もうとしたが、重くて動かせない。
自分で組み立てものだから、扉を外し、天板を外し、持ち上げられるまで軽くして、やっとの思いで積んだ。
食器類も、ダンボールもついでに生ごみまで積んで処理センターに行った。

ここまでの思いをしたのに、なんと休みだった。(´;ω;`)ウゥゥ
今日は土曜日。
土日祝日は休みだと施錠された門のところに案内板があった。
今日が土曜日なのは知っていたが、土曜日でも受け付けるといわれた気がするが・・・・と記憶をたどると、前に住んでいたところのごみ処理施設だと思い出した。(笑)
記憶がめちゃめちゃ。
持ち帰ってきた。
月曜日に再び行くしかない。
生ごみまで積んでしまって、あ~あ、私は何をしているんだろうと思った。
ボケが遠のくなんて、昨日書いたけれど、ボケが進行しているような気がする。

ところで、ミニ食器棚のあった場所に、棚をつくった。

SN3U0103.jpg

得意の200円の板3枚を買って、段のところは残っていた2枚のパインの集成材。
60×45センチだが、50×45センチに、ジグソーを出すのが面倒なので使わず、のこぎりで切った。
もうこの時点で疲れはピーク。
それを組み立てて、猫部屋の棚に使った残りの塗料を塗った。
面倒だったから、1回塗り。

それから、ホームセンター大好き人間の私がみつけたものがこれ。

SN3U0101.jpg

プラスチック製品で1個、税込み980円。

もちろん食器入れではなく、それを食器入れに使えると思ったので2個購入。
重ねて使うことができる。
2個の中に普段使いの食器は全て収まった。
棚の上部に物を置けるように作ったので、カトラリーや箸いれ、キッチンスケールなどが収まった。
その奥は、使わないタッパーを置いている。

SN3U0109.jpg


これで完成。
開け閉めし易いし、カビから解放された。
ひらめいたという割には、まあこの程度。(笑)

特別出演、ミケ。女の子。
SN3U0099.jpg

成猫で保護したので、正確な年齢はわからないが15歳くらいか。

写真を撮っているときに邪魔をしにきた興味を持って近づいてきた。

「ママ何しているの~?」

「一人遊びをしているんだよ~」

「ふ・・・ん、・・・またかよ。」


会話を交わすとこんな感じかな?(笑)





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 23:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫部屋に棚を作った。DIY。

また棚作りなのかい?と言われそう。
棚作りです。(笑)

私の部屋の棚を作り替えたときに、段にしていた60×45センチのパインの集成材の板が5枚残った。
つまり、テレビを入れる棚にしたから、5段分減ったということになる。
減った分、そこに置かれていたものが行先もなく、猫部屋に重ねられて放置してあった。
引っ越したときに、さんざん断捨離はしたので、本来なら残すべきものである。
どうしようかと思い、それでも本とおそらく見ないであろうDVDはさらに処分した。
しかし、CDや大好きな映画のDVDはどうしても処分できない。
それで、猫部屋に棚を作ったのだ。
スペースのある場所は猫部屋しかないので。


厚さ1,9、幅8.9、長さ180㎝のワンバイフォー 1x4 SPF材を7枚。
消費税込みで1枚200円×7=1400円。
カット料20円×4回=80円。
塗料970円。

合計2450円。


郵便受けを作った時からお気に入りになっている200円の板は、ホームセンターの店員さんが、天気の悪い日が続いて板がしなっていると言い、それでもなるべくまっすぐなものを選んでくれた。
でも組み立てるときに、微妙にしなっているものもあるので、さすがに抑え込むのに力が必要だった。
この時の力は、どこから出るのだと思うほどの力を出した。


猫部屋でもここに置いたのは、冬になれば一番陽が当たる場所だからだ。
もう少ししたら、上に置く猫用の座布団を作るつもり。

幅120センチ、高さ60センチ、奥行き45センチ。
高さ60センチくらいなら、最高齢の猫は無理だけれど他の猫は上れる高さだ。
余った段の板を縦に使い、棚の部分を200円の板を並べてねじ止めをした。
奥行き45センチにこだわるのは、猫たちがゆっくり眠るための広さ。
奥行き45センチの棚って、手作りしなければなかなか見つけることは無難しい。



PAP_0079.jpg


PAP_0077.jpg


左側の上の段がCDを置く高さにして、その下にDVDや本を置く。
右側はA4サイズの本を置くスペース。

天気が悪く、イマイチやる気が起きなかったけれど、作ってよかった。
もう、こういうことはできない、力仕事はもう無理だと思いながら、なんだかんだといってもやり始めたら楽しい。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 22:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT