時を束ねて リボンをかけて

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨日の続きです。

ゴミ処分場にミニ食器棚を持ち込むため、車に積もうとしたが、重くて動かせない。
自分で組み立てものだから、扉を外し、天板を外し、持ち上げられるまで軽くして、やっとの思いで積んだ。
食器類も、ダンボールもついでに生ごみまで積んで処理センターに行った。

ここまでの思いをしたのに、なんと休みだった。(´;ω;`)ウゥゥ
今日は土曜日。
土日祝日は休みだと施錠された門のところに案内板があった。
今日が土曜日なのは知っていたが、土曜日でも受け付けるといわれた気がするが・・・・と記憶をたどると、前に住んでいたところのごみ処理施設だと思い出した。(笑)
記憶がめちゃめちゃ。
持ち帰ってきた。
月曜日に再び行くしかない。
生ごみまで積んでしまって、あ~あ、私は何をしているんだろうと思った。
ボケが遠のくなんて、昨日書いたけれど、ボケが進行しているような気がする。

ところで、ミニ食器棚のあった場所に、棚をつくった。

SN3U0103.jpg

得意の200円の板3枚を買って、段のところは残っていた2枚のパインの集成材。
60×45センチだが、50×45センチに、ジグソーを出すのが面倒なので使わず、のこぎりで切った。
もうこの時点で疲れはピーク。
それを組み立てて、猫部屋の棚に使った残りの塗料を塗った。
面倒だったから、1回塗り。

それから、ホームセンター大好き人間の私がみつけたものがこれ。

SN3U0101.jpg

プラスチック製品で1個、税込み980円。

もちろん食器入れではなく、それを食器入れに使えると思ったので2個購入。
重ねて使うことができる。
2個の中に普段使いの食器は全て収まった。
棚の上部に物を置けるように作ったので、カトラリーや箸いれ、キッチンスケールなどが収まった。
その奥は、使わないタッパーを置いている。

SN3U0109.jpg


これで完成。
開け閉めし易いし、カビから解放された。
ひらめいたという割には、まあこの程度。(笑)

特別出演、ミケ。女の子。
SN3U0099.jpg

成猫で保護したので、正確な年齢はわからないが15歳くらいか。

写真を撮っているときに邪魔をしにきた興味を持って近づいてきた。

「ママ何しているの~?」

「一人遊びをしているんだよ~」

「ふ・・・ん、・・・またかよ。」


会話を交わすとこんな感じかな?(笑)





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 23:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫部屋に棚を作った。DIY。

また棚作りなのかい?と言われそう。
棚作りです。(笑)

私の部屋の棚を作り替えたときに、段にしていた60×45センチのパインの集成材の板が5枚残った。
つまり、テレビを入れる棚にしたから、5段分減ったということになる。
減った分、そこに置かれていたものが行先もなく、猫部屋に重ねられて放置してあった。
引っ越したときに、さんざん断捨離はしたので、本来なら残すべきものである。
どうしようかと思い、それでも本とおそらく見ないであろうDVDはさらに処分した。
しかし、CDや大好きな映画のDVDはどうしても処分できない。
それで、猫部屋に棚を作ったのだ。
スペースのある場所は猫部屋しかないので。


厚さ1,9、幅8.9、長さ180㎝のワンバイフォー 1x4 SPF材を7枚。
消費税込みで1枚200円×7=1400円。
カット料20円×4回=80円。
塗料970円。

合計2450円。


郵便受けを作った時からお気に入りになっている200円の板は、ホームセンターの店員さんが、天気の悪い日が続いて板がしなっていると言い、それでもなるべくまっすぐなものを選んでくれた。
でも組み立てるときに、微妙にしなっているものもあるので、さすがに抑え込むのに力が必要だった。
この時の力は、どこから出るのだと思うほどの力を出した。


猫部屋でもここに置いたのは、冬になれば一番陽が当たる場所だからだ。
もう少ししたら、上に置く猫用の座布団を作るつもり。

幅120センチ、高さ60センチ、奥行き45センチ。
高さ60センチくらいなら、最高齢の猫は無理だけれど他の猫は上れる高さだ。
余った段の板を縦に使い、棚の部分を200円の板を並べてねじ止めをした。
奥行き45センチにこだわるのは、猫たちがゆっくり眠るための広さ。
奥行き45センチの棚って、手作りしなければなかなか見つけることは無難しい。



PAP_0079.jpg


PAP_0077.jpg


左側の上の段がCDを置く高さにして、その下にDVDや本を置く。
右側はA4サイズの本を置くスペース。

天気が悪く、イマイチやる気が起きなかったけれど、作ってよかった。
もう、こういうことはできない、力仕事はもう無理だと思いながら、なんだかんだといってもやり始めたら楽しい。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 22:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DIY。机の上に小さな棚を作った。

先日作った棚に、テレビやDVDプレイヤーを移動させたので、机の上にスペースができた。
私の机の上に、これもまた手作りのテレビ台を置いていたのだ。
こんな感じで。

テレビ台

写真はこれを作った時の記事の使いまわし。


それで中途半端に残っていた塗料を使い切るために、新たに机の上に置くための棚を作った。

SN3U1825.jpg

何しろ、塗料もそうだが、中途半端な端材もたくさんある。
端材は使い道があるときもあるが、塗料はもう使わないのに少量だけ残っているというのが、捨てられず処分に困るだけというただの不用品になる。
私みたいな中途半端さ。(笑)

机にも同じ色を塗った。
机の板も、棚と同じパインの集成材で、自分で交換したものだからすぐに外せる。
自作のものは解体も作り直すのも簡単。

塗料は途中、今度は足りなくなりそうになり、水性塗料だから水で薄められるので、薄めながら何とか塗り終えた。
机の板の反対側は、塗料を使い切って足りなくなったので塗っていない。
見えるところだけ塗れればいいと、こういうところにもいい加減な性格がでる。
見えるところだけ。
と言っても、見せる人もいないし、自己満足の極み。
先日作った棚と色がそろったから、少しはスッキリ感が出たように思う。


SN3U1831.jpg


スッキリと暮したいという思いだけは強いので、まあ、少しだけ机の上も片付いた。
後はこの状態を維持していけるかどうか。
ちょっこっとしたものを置いておく分には棚は便利なのだが、それがいつしか、なんでもかんでも置くようになる・・・というのが、今から分かるような気がするのが怖い。(笑)

このパインの集成材は結構重いのだ。
この重さのものを2階から1階に下ろし、さらに庭まで運んで塗料を塗るという作業は、もうそろそろおしまいにしないとならない。
いつまでもこういうことをできるだけの体力はないと、実は気が付いている。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 23:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DIY.。作り直した棚が完成。

作り直した棚が完成。
どうしても今日中に作りたかった。

SN3U1803 (1)

色はカーキ色。
塗料缶に描かれていた色と全くイメージが違って失敗。
もう少し薄い色を想像していたのだが。

ホームセンターのお兄さんが、塗料は上塗りすれば色は変えられると言っていたから、今回はこの色でしょうがない。
慣れればどうってことないだろう。

SN3U1822.jpg

左側の棚はテレビを置くことにした。
その下の細い段には、DVDプレイヤー。
右側の一番上は、昨年亡くなった愛猫のお骨とそれらを取り囲んで、まねき猫の置物。



fan.jpg

これは前の家から、こういう状態にしてある。
網をかけてあるのは、いたずらな猫が上って入り込まないため。
お骨は、昨年荼毘にしたときに、今までの猫たちのお骨を共同墓地に入れてもらい、この仔だけは、不公平になると思ってしばらくそばに置くことにしたのだ。
お骨の前にある丸い入れ物は、今までの猫たちの毛や首輪が入っている。


そして、今日が命日。
昨年の8月5日は泣いていた。
いくらお骨がおいてある棚だけを飾っても、他の部分が見事に乱れていたら、ひどすぎる。
申し訳ない。
それで、どうしても棚を今日までに完成させたかった。

今までの棚に入っていた不用品の処分はまだだけれど、とりあえず棚が完成した。
ほっとして、涙が出た。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 23:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DIY。プロではないから失敗もする。(;''∀'')

前にも書いたことがあるのだけれど、引っ越してきたときに猫たちのために棚を作った。

奥行きが45センチで幅が60センチくらいある。
市販の3段ボックスより、はるかに大きくて重い。
段にしたのは、そのうえで猫たちがくつろぐからだ。

tana3.jpg
写真は使いまわしです。

今現在、猫たちを見ていると、年齢のせいか高いところにはいない。
それで、この棚を解体した。
同じ棚でも別の用途に使うために作り直そうと思ったのだ。。
自分で作ったものだから、解体はすぐにできる。
ばらした板に着色も兼ねているというニスを塗った。
これが失敗。
ニスではなく、最初から塗料にするべきだった。

途中でニスがなくなってしまった。
あわてて、買いに行ったら、同じものが売り切れている。
散々迷って、塗料にすることにした。
ところが焦っていて、塗料の色選びに失敗。
どうしてこんな色にしてしまったんだろう・・・・。
こんなことなら、色を塗るなんて考えなければよかった・・・

とグダグダ思っていたら、雨。
ブルーシートごと家の中に入れて中断。
家の中は塗料のにおい。
一気にやる気をなくしてしまった。

完成するのだろうか?(笑)

棚は奥行きも幅もあるから、私の場合だが、つい何でもかんでも入れてしまう。
最初の時の状態が保たれなくなって、ぐちゃぐちゃで、だらしなさ全開。
それが嫌で作り直そうと思ったのだが、棚に入っていたものが出されているから、部屋は足の踏み場もない状態。
しかも棚に入れておく必要のない物の多さに唖然としてしまった。

この際だから、断捨離するか?
断捨離したあとの必要なものだったはずなのに、1年過ぎればそれもまたいらないものだったと気が付く。

プロではないから、DIYは失敗もあるのが当たり前だと自分に言い聞かせて、明日また続きをやる。
猫たちは、また始まったよ~思い付きの行動の軽さが~とか言っていそうだ。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 18:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT