時を束ねて リボンをかけて

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あきれて苦笑しながら不用品を処分した。


両親が亡くなってから、片づけたはずなのに、あきれるくらいの大量の不用品の山。
家を解体するということがなければ、そのままずっとそこに忘れて残っていただろうと思えるほどの、不用品であふれかえった。
荷物を残したまま、あとは解体業者に処分を依頼するという選択肢もあったが、それでなくても解体代は高い。
耐乏生活に入るのに、契約以上の金額は支払いたくない。
だから、片づけるしかなかった。


何しろ押し入れの奥の奥にあるもの、天袋のものとかは、最後に見たのはいつなのだっていう感じで荷物があった。
収納場所が多ければ多いほど、そこに収まることができる限り、不用品は増えて眠っていくという気がする。
花瓶なんて、14個もあった。
両親が買い求めたものではなく、頂き物ばかり。
思わず笑ってしまったくらいだ。。
こんなに数があっても使うはずもない。
サスペンスドラマの小道具で使う、ガチャンと割れるような花瓶ではなく、どれもでかくて重い。
処分のために運ぶだけでも嫌になったくらいだ。

花瓶は2つだけ残した。
そのうちの一つは、父が勤め上げた会社からいただいたもの。
父が亡くなってから1年ぐらい過ぎた頃、父の勤めていた会社から遺族に本社への招待があった。
定年になって何十年も過ぎていても、死亡してから直近1年ぐらいをめどにまとめて招待されるようだった。
そういうことがあるとは、連絡が来るまでもちろん知らなかったが、大手町にある本社へ私が出かけた。
私が行ったときは50人くらいの遺族がいただろうか・・。
本社の各フロアの社員の仕事ぶりを見学して、近くのホテルでの昼食会。
父は転勤族の地方勤務だったから、娘の私が本社を訪問するってのも考えてみれば、どうなんだろうか?
定年後、一定期間の区切りで、元の社員を招待した方がいいと今になって思うけれど。
その時の記念にいただいたものが、小さな一輪挿しだった。
それは、私の記念として残すことにした。

両親は何も指示せず、まったく片付けもせず亡くなったが、片づけようを思ったときはすでに老いて体力がなくなっていたのだと思う。
片っ端から片づけ捨てということを繰り返したが、これができた体力があってよかったと思う。

私のものを、処分したもので、悲しかったのは重いだけで色あせていくであろう全巻そろったコミック本だ。
買取店に持っていったら、あまりの安さに驚愕した。
ネットオークションでは、高値で取引されているものでも、二束三文になるという現実。
持ち帰ってオークションで売ろうかとも思ったが、そんな気は起きないだろうと思い、泣く泣く手放した。
コミック本は処分してよかったけれど、何が自分にとって大切なものかを考えた時に、無くなって後悔するものが大切なものなのだろうと思う。
人間関係も同じで手放して解放される場合もある。
その見極めが難しいのだけれど。



| 断捨離・終活 | 20:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チェーンソーに助けられた。



私の身長は年をとって少し低くなったので現在160センチくらい。
今回の断捨離で私が思ったことは、私の身長を超えるものはいらないということだった。
だからと言って、前にも書いたが市の粗大ごみに出すには、一人で門の前までは運べない。
有料だし出せる日も順番待ちだし、一度に出す数も決められている。
手続きも面倒なのだ。
電気チェーンソーは、前にタンスを砕いたときに使っているから、慣れている。
徹底的にチェーンソーを使った。
これほど役に立てばおそらく購入した時の元は取っていると思っている。(貧乏くさいところが表れてしまうが・笑)
3段になっている桐の和タンスは母のものだが、上段だけ処分して、私の身長より低くして残した。
ドレッサーは大きな鏡の部分だけ外せて、自分で持てて門前まで運べたので、粗大ゴミへ。
鏡とかガラスとかの処分は、危険だから自分で砕かない方がいいと思った。
ドレッサーの代わりにオークションで小さなメイクボックスを落札した。
メイクボックスに入るものだけが、私の必要な化粧品ってことになる。

布団入れタンスは、押し入れよりも大きくて、扉を外して取っ手も取り外し、チェーンソーで切った。
とにかく物を持たないということを何よりも考えたので、ダイニングテーブルのセットも必要なく、これもチェーンソーでまっふたつのした。

時間があれば、市の燃えるごみの日に出せる大きさにするのだが、そういう時間がもったいなくて、おおざっぱな切り方をし車に乗る大きさにして、直接市の処分場に運んだ。
あまりにも何度も通うので、処分場の職員に顔を覚えられて、「いつも来てるから、捨て方わかるよね~」と言われてしまった。
私の住んでいた市はゴミの分別がとても細かい。
直接持ち込む処分場も、あちこちに散らばっていて遠いが、とにかく処分処分の日が続いた。

これは食器棚として使っていた書棚の解体。

SN3U0832.jpg

チェーンソーは簡単である。
本格的なチェーンソーではなく安価の電気チェーンソーだから、女性でも使いこなせる。
きれいには切れないが捨てるだけだから、十分な活躍をする。
高価な家具はないから、切ってみればわかるが、側面の板は中が空洞である。
こういうものは、一度刃を入れてしまえば、スムーズに切れるし、そこが面白い。

SN3U0834.jpg


私はこういうことを楽しんでやる。
つまり一人遊びが面白いと思えることを増やしていけば、一人暮らしも暇だ~なんてことはないと思っている。


にほんブログ村

にほんブログ村


| 断捨離・終活 | 22:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

介護ベットが不用品になった。



5月に入ってから、本格的に引っ越しの準備に入った。
不用品の片づけが、これほど体力を奪うものかと思うほどだったが、不思議なもので腰痛持ちの私が腰痛は一度も起きず、1階と2階の上り下りの日が続いた。
試しに歩数計で計ってみると、家にいるだけの動きで、8000歩近い数字になった。


不用品処分で一番頭を痛めたのが、母の介護ベットだった。
パラマウントベットで、家具調の電動介護ベットだ。
今はレンタルする人が多いと思うが、母は父が亡くなってから、まだ自分が動けるうちに介護ベットを購入したのだ。
母が亡くなってすぐ処分を考えればよかったが、将来私が使うかも・・・とせこい考えを持ったのがいけなかった。
転倒防止柵まで残しておいた。
一人で動かすのはまったく無理で、ビクともしない。
猫たちの昼寝の場所になるくらいの役にしかたたなくなっていた。
マットレスはこれがすごくいい。
猫たちだけが満足していたのだ。

市の大型ごみに出すには重すぎた。
大型ごみを回収する人は、宅地内には入れない規則になっている。
門の前まで出しておかなければならない。
一人で片づけをすると決めた以上、他人の手を借りるつもりはなかった。
追いつめられると不思議とふと考えがひらめく。
というか、とっくに考えついていてもおかしくないのだが。
介護用品を扱っている会社が近くにあるのを思い出し、電話をかけた。
たぶん、どう考えてもそこの会社から購入したとしか思えなかったから。
すると、母の名前が会社の顧客名簿に残っていて、1万円の処分料を支払えば引き取ってくれるという。
車いすもあった。
使った記憶が思い出せないくらい、きれいな品だったが、その話をすると車いすはそこで購入したものではなかったが、ベットと車いす一緒で一万円で話がついた。


後日、回収する人が来た時に、一人だったので、私は手伝えない旨を言った。
すると、分解できるから大丈夫だという返事。
そこで初めて気がついたのだ。
分解できることを。
しかし、かなり時間はかかった。
分解は得意だが、こればかりは私でも出来なかったと思う。
このベットはすごくいい商品ですよ~と言われたが、どんなに値段が高いものでも、不用品になる。
回収されてがらんとなった部屋を見回すと、母が寝ていた光景が思い出されたが、感傷に浸っている暇はないのだと心に言い聞かせた。
この日を境に、私の断捨離に拍車がかかった。


にほんブログ村


にほんブログ村



| 断捨離・終活 | 21:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |