時を束ねて リボンをかけて

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

町内会には入れない。

引っ越してきてから3ヵ月が過ぎたが、忘れないために(このごろ忘れっぽいので忘備録として)引っ越してきた当初のことを書いておくことにした。


引っ越してきて、3日後にはサ○ンラップ2個をセロテープで簡単につなぎ、小さな熨斗紙に「ご挨拶」と名前を書いて、近所12戸ほどへ引っ越し挨拶を済ませた。
田んぼや畑に囲まれている小さな分譲地が、一つの町内会の班だと勝手に思ったからだ。
どういう人が住んでいるのか全く知らなかったが、一応さっさと挨拶だけは済ませておこうと思った。
相手方の対応は当然だが様々。
ある男性は、挨拶してラップを渡そうとしたら、「いりません」と言った。
一瞬ぽかんとしたが、「なぜですか?」と尋ねると、「僕が引っ越してきた時は、両隣にしか挨拶に行かなかったから」と言った。
ちょっと笑ってしまった。
だから、「他意はないし、たかだか引っ越しの挨拶なんだから、そんなこと気にしなくてもいいんじゃないですか?お隣さんは受け取ってくれましたよ」と言って差し出すとしぶしぶ受け取った。
この人は70歳の一人暮らしで、今年の2月に引っ越してきたことは、その時はもちろん知らない。
最後に挨拶したところが、一人暮らしの女性で、この人にも「挨拶なんて両隣だけでいいのよ」と言われた。
そういうものなのか。
前に住んでいたところは、町内会の同じ班の人のところには全て班長さん付き添いで挨拶するのが恒例だったから、両隣だけでいいとは思わなかった。
で、この女性だけが、何か知りたいことがあったら聞いてと言ってくれた。
それで、ゴミの捨て場所を聞いたのだ。
ゴミの捨て場所は地元の人が管理していて、その人の許可がないと勝手に捨てることはできないということで、管理している人の家まで案内してくれることになった。

道すがら、町内会のことを聞くと、町内会は入れないと言われた。
よそ者は入れないというのが、昔からこのあたりに住んでいる人たちの方針だそうで、15年定住したら入れるということらしい。
だから、区費もないし回覧板もないし、町内の行事のお誘いもないし、でもある意味楽だよと笑った。
私も私向きだと思った。
先月、住民票を移した時に役所の人に笑いながらその話をしたら、申し訳なさそうな困ったような顔をして、いやあ・・・地区によってなんですよと言っていた。
いやいや入りたいわけではないですから・・と言ったのだ。
区費も払わないで、ゴミを捨てる場所を提供してくれるだけでありがたい。
ゴミは地元の人が管理して、ゴミを捨てる専用の小屋が用意されているのだから。

前に住んでいたところはもちろん町内会はあり班は14世帯ほどだったが、そのうちの半分は1年に一度、年度末の会計報告の時にしか顔を合わせないという人だった。
3,11の時は、あっという間にゴーストタウンになったから、町内会の役割は何もなかった。
町内会はわずらわしさを感じる人もいるだろうし、ありがたさを感じる人もいるかもしれない。
私はといえば、根がいいかげんだから、付き合いはなくても入らなければならないのなら入るし、入らなくていいのなら入らない。
だけど、入れないというのはびっくり。(笑)





| ひとりごと | 20:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私が引きこもり生活のできる理由


引っ越してきてから3ヵ月が過ぎた。
正式にこの町に住民票を移してからは1ヶ月だ。
引っ越してきた時から、色々な片づけなければならないことが多すぎて、何度も前に住んでいた町と往復をしていたが、このところやっと落ち着いてきた。
まだ、スーパーとホームセンターくらいしか知らず、この町に慣れているわけではないのだけれど。

この町に映画館がないのはわかっていた。
よくよく見たい映画があれば、映画館のある街まで出かければいいと思っていた。
しかし、レンタルビデオ店まで、ないとは思わなかった。
これは私には堪える。
ということで、ネットレンタルすることにした。
引っ越してきてから、DVDも観なければ本も読んでいない。
本は読まなくてもいいが、映画だけはどうしても禁断症状がでる。(笑)
TVでは満足できない心の欲求。
まずはDVDだ。
トム・ハンクスの「ブリッジ・オブ・スパイ」とディカプリオがアカデミー賞の主演男優賞を受賞した作品の「蘇えりし者」を、映画に飢えていたせいが2本立て続けて観た。
とちらも2時間半の長編だが、まったく時間は感じなかった。
「ブリッジ・オブ・スパイ」は実話。
米ソ冷戦時代の話で、これが実話だとは・・ということで面白かった。
こういうスリルのある話は好きである。

「蘇えりし者」は、実在した人物の小説を映画化。
西部開拓時代。
最初の熊との戦いは、あまりにリアルでどうしてこの熊を調教して撮影したのだろうと思ったが、よく考えればCGでなければおかしいと思って、納得。
死んだ馬の内臓を取り出して、寒さをしのぐためにその中で寝るという場面には、これ本物?作りものだろうという思いがあったので何とも思わなかったが、むしろ、あの極寒の地で馬に乗る場面が多くて、そのたくさんの馬が気の毒になってしまった。
どの馬も撮影中、亡くなっていないといいけれど・・・とか観ながら思ってしまう。
映画そのものの内容は、2時間半があっという間だったので悪くはないと思うし、自然の映像もきれいだったし、サバイバルで生き抜くという場面場面は興味があるので観ていて退屈しなかったが、、ディカプリオでなければ観なくてもいいかな。
ディカプリオの顔って、どんなに汚れ役でも若い。
大きな息子がいる設定がどうもピンとこないくらい若い。

しかし、ネットレンタルDVDって、本当に便利だ。
どんな田舎でも、利用できる。
今の時代に生きていてよかったと、こういう時にしみじみ思う。

このネットレンタルでDVDが観られる環境と、猫さえいれば、私の引きこもりの生活は満足できる。






| ひとりごと | 23:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悲しみで思考力がストップしている。



お元気ですか?

これは誰に言っているかというと、このブログを訪問してくださっている方にです。
ずっと更新していないにもかかわらず、訪問してくださっている方がいることやっと気づいて、大変申し訳なく思っています。

愛猫を5日に亡くしました。
その時の様子を、本来のブログに3日続けてupしてあります。
そちらを読んでいただければ、私が今悲しみのどん底にいることを、理解していただけると思います。
とはいえ、動物の嫌いな人向きではありません。

お時間がありましたら、そちらを読んでいただければと思います。
できるだけ冷静に綴ったつもりです。
長文なので、申し訳ないのですが・・。


年を取ると、悲しみから抜け出すのに時間がかかるようになりました。
私は気が強いので、私を傷つけたり、貶めたりする人に対しては、俄然立ち向かう心がわいてくるのですが、悲しみに対しては、そこから抜け出すのに本当に大変な努力を必要とするようになりました。

今でも、時折涙があふれたりしています。

今の私は、思考力がストップしています。

もう少しお時間をいただいてから、こちらのブログを再開したいと思います。


| ひとりごと | 20:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人生はなるようにしかならない


「基本、人生はなるようにしかならないは真理ですね。
短い自分の一生、原作から脚本・演出それに主演まで自分自身ですから
無理に自分を閉じ込める脚本は必要はありませんね。」


これは、私が「人生、なるようにしかならないというのが実感ですので、今の生活を
楽しみたいと思っています」とメールを送った相手からの返信の中にあった文章の一部。

引っ越してきてから、PCの接続も勿論引っ越しさせたのだが、フリーズしてばかりで、どうしようもなくてリカバリーした。
その時、、リカバリーソフトを作ったのだが、猫たちの写真を失くしてなるかとそればかりに神経を使いすぎて、メールの保存をすっかり忘れていて、メール交換していた人たちのメルアドをすべてなくしてしまった。
ブログを再開すれば、気がついてメールをくれるのをひたすら待っていた状態の中、メールが届いた。
私がPCを始めたころからの、お互いのHPを持っていたころからの長い付き合いお友達である。
一度もあったことはない人で、それでもいつでも冷静で大人で知的でさりげなく応援してくれている。

この文章を読んだときに、心がなんだかホッとした。
私の生き方を否定する人ではなく、見守ってくれる人だけで、私の周りを固めたいと私はずっと思ってきた。
それは、現実の世界の友達でもネット友達でも同じである。

先日、前に住んでいた時の男友達から電話があった。
唯一、男友達の中で引っ越しすることを報告した友達である。
第一声が、
「おう。元気かぁ」で私の返事が「おう。元気だぁ」である。(笑)
近況を話し合い、じゃあまたで電話を切ったが、彼も、私の生き方を否定しない。
遊びに行くからとも言わないし、私も遊びに来いとは言わない。
こっちに来たら、連絡してくれと言われたが、付き合い方がさっぱりしている
家を売って、誰も知らない土地に移住するという話をした時も、「普通のおばちゃんではないからなぁ」と言われ、人生は一度きりだから好きなように生きればいいと言ってくれた。
彼は今、友人が仮設住宅の払い下げをゲットしたので、山の中に移設して別荘を作るのを手伝っていると言っていた。
山の中の木を切り倒し、つまり開墾してそこに別荘を作ると考える人もいる。
いい年をして~なんて言っていたら、何もできない。


先のことを考えれば、不安しかないが、それを払拭できるくらいの今を生きたい。
猫の病気のこともあるから、私は現在、引きこもってはいるが、誰ともおしゃべりをしていないという生活ではない。
心を許せる友達と電話で2時間くらいは軽くおしゃべりしている。
くだらないことで笑いあったりしている。
友達も断捨離したが、それでも残したいと思った友がいる。
ランチをしたり、カラオケに行ったりなんてことはしなくても、電話1本で元気をくれる友がいる。
私の決断をうらやましいと言ってくれる友がいる。
なるようにしからない人生の中で、私自身が必要だと思った友である。



| ひとりごと | 23:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |