時を束ねて リボンをかけて

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

寒くて・・・腰にきた。


引越の荷造りも不用品の処理も、全て自分一人で行い、引越してきてからも一人で片づけてきた。
私は腰痛持ちだから、いつかギックリ腰になるかもしれないとか、そのうち腰にくるだろうとは思っていた。
しかし、何とか無事で過ごしてきた。

引越してきてからすぐに、物干し台がないのでホームセンターに行き、購入した時も一人で運んだ。
猫の脱走防止柵を作るために、ホームセンターに連日通っていたため、同年輩くらいの女性店員さんと言葉を交わすようになった。
「いらっしゃいませ」と言われるのではなく「こんにちわ~」と言葉をかけあうようになったくらいだ。
その物干し台を購入した時も、運べないと思う・・・と言われたくらい、コンクリートの台は重かった。
仕事が終わってからなら手伝ってもいいよとその店員さんに言われ、引越してきたばかりでうれしい言葉だと思ったが、そのくらい女の私が一人で運ぶのは大変だと思われたのだ。
私は最初から運べるとは思っていた。
なぜなら、一人で暮らすということは、このくらいは想定内だから。

これだけど。


コンクリート

ゆうに20キロ以上はある。
これが2個。
この時も、男の店員さんが車のトランクの方がいいと言ったのに、あえて助手席の足元に積んでもらった。

重い物を運ぶときは、私には私なりのコツがある。
いったんヤンキー座りをする。(別名、ウン○座りとも言うけれど・笑)
つまり和式トイレの要領で、腰をすべておろしてしまう。
それから持ち上げると、重いものでも結構楽に運べるのだ。
まあ、私の場合だから、お勧めはしませんが。

この時も腰にこなかった。
なんだかんだといっても、やらなければならないことが多くて、気が張っているからだろうか・・ぐらいの気持ちだった。

ところが昨日鈍い痛みが腰にきて、普通に動けるのだけれど、鈍痛が続いている。
これは、寒いからだと思う。
ものすごく寒い。
うちの猫たちは、冬になると私のベットの上で寝るようになる。
昨日も今日も、猫団子にはなっていないが、ついにベットの上で寝るようになったので、寒いんだな~としみじみ思った。
徐々に寒くなるというのではなく、いきなり寒くなったという感じだ。

カイロがあったはずだとか、ぶ厚いタイツはどこへいっただの、ババシャツはどこに仕舞ったのだろうとか、あわててあちこち探しまくった。
タイツだけは捜しだせて、私はもう早々とぶ厚いモフモフしたタイツをはいている。
いくらなんでも寒すぎる。
腰の鈍痛は続いているので、しばらくはおとなしくしていよう。
大作の大工仕事にとりかかるつもりだったけど。
まだ10月だというのに、あまりにも寒くて引きこもりに拍車がかかってしまいそうだ。


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |