時を束ねて リボンをかけて

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

キャットドアをつける。

今まで、自分の部屋のドアは開けっぱなしだった。
しかし、こう寒くなると、ドアを閉めたい。


キャットドアをつけることにした。
久しぶりのDIY.

これは、かなり昔オークションで落札したもの。
Stay Wellというメーカーで、1000円以内だったような気がする。
今は改良されているかもしれないが、これで十分。
あることを忘れていたのに、引越の時に出てきた。

たな1

床から猫のお腹の位置までの長さを決めて、ドアに線を引く。
一番小さな、老猫の足から腹までの長さにした。10センチ。
切り抜く大きさはキャットドアに合わせたつもりだが、微妙に何度もやり直した。
本当はドアそのものを外してからつければいいのだけれど。

たな2



角だけドリルで線に合わせて、少しだけ穴を開けてゆく。

たな3


ジグソーの刃に合うくらいの穴が開いたら、後は切っていくだけ。
ちなみにジグソーというものはこれ。

たな4

私は大工仕事が好きなので、おばちゃんながら、工具類は充実している。(笑)

<切り抜き終了。
たな6


一度キャットドアをつけてから、なんかおかしいと思いやり直した。
私の部屋のドアは、一枚の板ではなくベニヤを張り合わせてあって、厚みはあるが中が空洞になっている。
安普請の家だから、これはしょうがない。
本当なら、この空洞を埋めるように板をかませなければならなかったのかもしれない。
強度も出るし。
どうしようか・・雨も降っていて、ホームセンターに行きたくない。
ということで、紺色の粘着テープで空洞をふさいだ。
なんて頭がいいんだろう。自画自賛。(笑)

6,5

部屋側から。


これは、完全に閉じ込めるときに上から板を入れる方法で、もちろん取り外せる。

8.jpg


部屋の外側から。
横の幅を大きく切りすぎて、ビスが刺さらなかったので、そのまま外側にドリルで穴を開けてビスを打ち込んだ。
誰に見せるというわけでもないし、細かいことは気にしない。
そういいながらブログにUPしているけれど。(笑)

9.jpg

完成。
出入り。
下に磁石がついている。

10.jpg

11.jpg

うちの猫たちが使いこなさせなかったら、無駄な努力にいなるけれど、今更ドアに穴を開けてしまったから元には戻せない。

ジグソーなんて使わなくても、小さな引き鋸で切り抜いた方が、失敗もなくきれいに出来上がるかもしれない。
ちょっと横着してしまった。(笑)



にほんブログ村





| DIY | 22:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |