時を束ねて リボンをかけて

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありがとうございました!

今年最後のUPです。

7月にこのブログを始めて、今日で75の記事を書いたことになりました。
私にしては、ずいぶん多いなあ・・というのが正直な感想です。
その間、ブログ村に登録したせいか、思いがけずたくさんの人に読んでいただき、これには本当に感謝しています。
ありがとうございました。
そして同時に自分でブログ村に参加しておきながら、戸惑いもあるのです。

内容の薄い記事だけだったような気もするのですが、いい年をして、全てを捨てて人生をリセットしたというそのことだけが、私のブログを読んでくれた人を増やしただけなのかもしれないと冷静に分析(笑)しています。
私のブログを読んで、なんだこいつと思われた人がいることも、もちろんわかっています。(笑)
でも、私のブログですから自分の好きなように、読んでくれる人に媚びずに、その時その時の気持ちを正直に書いてきたと思っています。
この姿勢は昔、ブログを始めた時から変わっていません。


来年も続きます。
いつまで続けられるかわかりませんが(何しろ、いいかげんで、きまぐれで、わがままな性格なので)ブログ村の上位は目指していませんので、来年も暇なお時間があるときにでも、覗いていただけると嬉しいです。

今日はこれから早々とお風呂に入ります。
夜が待ち遠しい。
昨日のボクシングも見ごたえあったし、今日もボクシング中継があるので、お正月の準備ではなくガキの使いの録画をしながら、ボクシング中継を楽しみにしている大晦日になります。
紅白は毎年観ません。
明日はJリーグの天皇杯の決勝があるし、テレビでのスポーツ観戦が一番の楽しみ。
こういうささやかな楽しみを大事にして、毎年、年末年始は引きこもって一人暮らしを満喫しています。

良いお年をお迎えください。
寒さ厳しき折、どうぞご自愛くださいますように・・・。

ありがとうございました。


にほんブログ村

| ご挨拶 | 13:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テレビ台を作った。DIY.

端材がたくさんある。
たぶん使わないと思いながら、取っておいてある。
昨日、邪魔だから処分しようと思ったときに、ひらめいた。
机の上に置くテレビ台を作ろうと。

苦戦。

テレビ台

ジグソーが使いこなせない。
何度使っても、イマイチまっすぐに切れない。
ノコギリは全て切れなくなっているから、意地でもジグソーを使うしかない。
線を引いているのにもかかわらず、まっすぐに切れないのだ
そのうち、ジグソーの刃も切れなくなってきたが、ホームセンターにわざわざ行くのは嫌ということで、そのまま無理やり使った。
そして、コツをつかめないうちに、いい加減見えないところだからいいと、割り切ることにした。
クランプが100均のだからではなく、私の腕が悪いのだ。
自分の根性が曲がっているから、まっすぐに切れないんだねと、自分に突っ込みを入れながらなんとか切った。

出来上がり。

テレビ台2

実はこれは昨日一度作ったのだ。
昨日の時点では、テレビの下は一段で、パソコンを収納する場所だけだった。
今朝起きて、何気なくもう一段作ってDVDプレイヤーの置く場所も欲しいと思った。
それで一度すべてバラして作り直した。


一番下はパソコン収納。
その上はDVDプレイヤー
その上はテレビ。
その上に電話機。


木はパインの集成材。
実はこの机も、パインの集成材に自分で交換している。
だから色は塗らない。
そこまでお金はかけない。
端材だからアイデアが出て作る気になっただけで、お金をかけてまで作ろうとは思わないとところが、私のいいところ。
そして、得意の自己満足。
さすが、私だ。
こういうケチくさいアイデアがでるうちは、まだボケないだろう。(笑)



にほんブログ村

| DIY | 22:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

500円玉貯金箱を開けた。

お気に入りの、高さが10センチほどの小さな貯金箱。
昔、誰かからもらったものだと思う。
割れているのに、セロテープで補強して使うくらい気に入っている。
これに引越してきてから500円玉貯金をしていたのだが、開けてみた。
28500円もあった。
すごい!!!

SN3U0014 (2)

SN3U0018 (2)



これでお正月の食品を買おう!!・・なんて思わない。

お正月は普段通り。
お雑煮は、餅が好きだから作るけれど、一人だし特別なことは何もしない。
今年、1匹愛猫を亡くしているし、心は喪中だ。
昨年も亡くしていて、今年のお正月も喪中だと言っていた。
父・弟・母・兄・兄という順番で立て続けに亡くした時に、呪われているんじゃないのと言った友達がいた。
誰が呪われているのか・・私か?私の家系か?
怒る気にもならなかったが、この友達は、引越を機に断捨離した。
あの頃、喪中が多くて、お正月に何もしないということをしていたら、それが普通になった。



それで、この500円玉の使い道はテレビを買うことにしたのだ。
Amazonで。
24型のシャープの商品。
裏録ができるというので、この商品にした。
昨日注文して、今日の午前中に届いた。
組み立てて設定して自分の部屋の机の上に置いた。
ちょうどいい大きさ。
昔はこのくらいの小さなテレビが普通だった。
USBハードディスクはREGZA専用の商品だったから、もしかしたら使えないかもしれないと思ったが、初期化したらなんてことはなく使えた。
試しに裏番組を録画してみたら、できている。
HDMIのコードも持っているから、PCにつなぐこともできる。
目のつけどころがシャープでしょにしてよかった。(笑)

なぜテレビが欲しかったかというと、もちろん今までのテレビがリモコンが使えないから使いづらいとうこともあったけれど、大きいから隣の猫部屋に置いてあった。
テレビを観るために、隣の部屋に行くと、エアコンを付けなきゃならない。
猫たちは猫部屋にいるのではなく、私の部屋にいるのでファンヒーターをつけている。
二部屋で暖房を使うのはもったいない。
私の部屋だけで済ませたかった。

テレビは観なければ観なくても全く平気なのだが、今日設定して、テレビが映ると、スマスマのことを取り上げているワイドショーの時間だった。
初めて、昨日のスマスマが最終回だったと気がついたのだけれど、観たかったと思った。
それで、なぜかワイドショーを観続けていた。
久しぶりにテレビをつけっぱなしにしていたけれど、もしかしたら、私、テレビに飢えていたのかしら?(笑)

SN3U0024 (1)



にほんブログ村




| ひとりごと | 21:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

干し芋を作った。

車で5分くらいのところに、市場みたいなところがあるのに気づいていたので、ちょっと寄ってみた。

ありました。
「紅はるか」
スーパーには置いてないので、オークションで落札するしかないかなぁと思っていたので、見つけた時は嬉しかった。
昨年、はじめて紅はるかという名のサツマイモで干しイモを作ったときに、抜群の美味しさだったので、どうしても紅はるかを手に入れたかった。
そのお店では、聞いたことのない名前のサツマイモも置いていたが、やはり「やっと会えたね」状態の気持ちだったので、10キロ900円の紅はるかにした。


干し芋つくりと、干し柿つくりは、もう私の年中行事になっているのだが、今年は干し柿は作れなかった。
干し柿にする柿が手に入らなかったからだ。
この辺は農家ばかりなのに、柿を干している家は、一度も見ていない。
だいたい、柿の木がない。
前に住んでいたところは、ちょっと中心街を離れるといたるところの家に柿の木があったので、その柿の木がないという農家の風景に、最初は本当にびっくりした。、
農家に柿の木って当たり前の風景として、頭の中にあったので、所変われば・・・ということか。。
干し柿つくりも毎年私の楽しみのひとつだったのに・・・。
その代わり、友達が手作りの干し柿を送ってくれたので、食べることはできた。


クックパッドで、炊飯器で作る干しイモというのを見て、今年初めて炊飯器でサツマイモを焚いてみた。
柔らかくするには、水を3合くらい入れると説明にあったので、その通りにした。
ところが、やはり年なのだ。
炊飯器だから、炊き上がれば保温に切り替わると思っていた。
そう思い込んでいた。
いつまでたっても、保温にならない。
2時間くらい過ぎて、はっと気がついた。
ご飯を炊いているわけじゃないから、保温にはならないのだと。
蓋を開けると、もう充分できていた。(笑)
今まで蒸し器で作っていたから、こまめに蓋を開けてチェックしていたけれど、炊飯器は楽だわ~なんて思っていたのが間違い。
それに、気が付くのも遅すぎる。
遅すぎることに落ち込んだ。
電気代の無駄だったということに。(笑)


クリスマスにケーキを食べず干し芋つくり。(笑)
一人ぼっちのクリスマスを「クリぼっち」というらしい。
もう、長いこと一人でクリスマスだから、別になんとも感じない。
昔はクリスマスケーキを手作りしたことがあった。
息子が子供だった時に。
上手にできたと思ったが、一口食べた息子が言った。
「お母さん、来年は、買ったケーキにして」
ケーキ作りはそれで挫折。(笑)


今、年取って、私は私が子供のときに食べたものが、無性に愛おしいのだ。
庶民の食べ物だった干し芋とか干し柿とか、子供ときに普通に食べていたものが。




干しイモ1


干しイモ2



にほんブログ村





| ひとりごと | 21:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太ももにきた。

私は腰を曲げるなら、腰を下ろすということが癖になっている。
前にも書いたが、ヤンキー座り。(笑)
つまり、しゃがむという動作。
キッチンカウンターを作ったときにも、腰を曲げてではなく、作業はしゃがんでは立ち上がるという凝り返しだった。
そうしたら、太ももにきた。
太ももが痛くなった。
普段使っていない筋肉を思い切り使いすぎた。


先日、市の健康診断を受けた時に、尿糖が+3。
中性脂肪も、LDLコレステロールも高くて、ヘモグロビンA1cが5,7で、引っかかっている。

糖尿病と診断されたことのある友達にヘモグロビンA1cというものがなんなのかわからなかったので、聞いたら、私の数値はいい数値だと言われた。
それなのに、市の検診では、尿糖は要精密検査。
その他は要指導という判定だった。
尿糖はプラス3だけれど、この時は私はご飯を食べてから検診を受けているから、この数値はいつもなのだ。
こういうのを、腎性糖尿というらしい。


だから、こちらに引越してきてから通うようになった病院に、この検査結果を持参して、ご飯を食べずに空腹のまま血液検査の依頼をした。

その結果が出て、見てみると、尿糖はマイナス。
中性脂肪は基準値内。
ヘモグロビンA1cは、5,6で、この病院の検査では基準値内ということで収まっていた。
ちなみに血糖値は87。
ただ、LDLコレステロールが143で、少し高くてヒットしている。

先生は、あなたは恰幅がいいわけでもないし、これは遺伝ということもあるんだよと言う。
兄弟はどう?と聞かれたが、たぶん数値は高かったと思うと答えたが、兄弟はみんな亡くなっているし、今更どうだったかなんてことを聞かれても困る。
200人に一人くらいの割合で遺伝性が出る人もいるらしい。

そこで、運動している?と聞かれたので、していないと答えた。
散歩もしていないと答えた。
すると、先生がポケットから、いかにも新型というような歩数計を出して、私に数値を見せた。
万歩計なら持っていますと言ったのに、その私の言葉を無視して、にわかに診察室内を歩き始めた。
そして、数値を見せた。
なんだか、これをすごく気に入っているということがわかる。(笑)
「僕はいつも座っていると思うでしょう?でも、ここにいても1日7000歩くらい歩いているんだよ」と言う。
散歩が嫌なら、1日24時間のうちに、合計で家の中で7000歩くらいは歩くようにしてねと言われた。
そして、先生は歩数計を再び見せて、「これ○○〇(電気の量販店)で、5000円くらいで売っているから~」と言った。
私は、即答。
「高い!」
そばにいた看護師さん二人が同時に吹き出した。
先生は「あっ!、あっ!・・そう」
そういうものを勧められても、買うつもりはないということを知らせるには、貧乏人は一言で十分。(笑)

歩くことは大事だ。
勿論分かっている。
ピンコロを目指しているから、健康には気を付けたい。
が・・・1日何千歩とか、決められたり自分で決めたりするのは、本当に苦手。
日々の生活の中で、楽しみながら動くことが運動につながる方法を模索している。
例えば、これはよくやることだけれど、YouTubeで音楽を聴きながら、自己流で踊ること。
猫を抱いて部屋の中で歩きながら子守唄を歌うことなど。
勿論、猫は嫌がる。(笑)
太ももの痛みが取れたのでこれらは再開する。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

| ひとりごと | 21:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっと作った。なんちゃってキッチンカウンター。DIY.

ここに引越してきた時から作りたいと思っていた、キッチンカウンターを作った。
制作期間3日半。
そのうち、塗料を塗って乾かすのに2日。
一気に組み立てて1日半。
集中した。

そして、できた。
得意の自画自賛。
私って、なんて器用なんだ!素晴らしい!(笑)
根性以外の何物でもない。
頭に描いていた通りのものができた。
設計図はない。
全て自分のイメージで作った。

<材料費の内訳>
天板は、猫の棚を前の家で作ったときに、底板として使っていた物を再利用。
パインの集成材。
182×45×厚さ2㎝。
側面の板は、前に脱衣室にタオルの置き場がなかったので、それを作ったときに余ったもの。
杉の合板。
91×45×厚さ1,2㎝。

背面の板は杉の合板で182×90×厚さ0,9㎝のものを、2枚。
1枚1166円(税込)×2枚=2332円。
カットは91×45を2枚。91×40の6枚をホームセンターでカットしてもらった。
カット代は1回、50円だが、高さが狂わないように、重ねてカットしてもらったので、4回。
216円。


塗料はオイルステイン。300mlが3個。
980円(税込)×3=2940円。
こんなに使うのだったら、大きいサイズにすればよかった。


仕上げ用のニス。300mlが2個
980円(税込)×2=1960円。

その他ハケやネジ類。500円くらい。

ざっと、合計で7948円。

前から持っていた板を再利用したので、安くできたが、なんといっても塗料が高い。
でも、オイルステインは素人向きで、きれいに仕上がる。
木目を生かす仕上がりにしたかったので、オイルステインにしたのは正解だった。
表に見えるところだけ、2回塗り。裏は1回塗り。
ニスは表の見えるところだけ。

全体


横

で、肝心の内側は、こんな感じ。
まあ、つまりはボロ隠し。(笑)
内側

誰も褒めてくれないけど、おばちゃんだって、やるときにはやるんです。(笑)
私はこういうことに夢中になっている私が、自分で好きなんだと思う。

特別出演。(笑)ゴン。男の子・10歳。
ゴン

ちなみに、奥に見える水きりかごとまな板は100均。(笑)


にほんブログ村


にほんブログ村

| DIY | 21:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おばちゃんは、恋してしまいそう(笑)

昨日のレアルと鹿島の試合、ものすごく面白かった。
代表の試合なんかよりも、はるかに凄かった。
試合が始まる前は、フルボッコにされるんじゃないかと思っていたけれど、なんのなんの素晴らしい試合だった。
最後まで健闘したし、終わった時は、泣きそうになったくらいだ。
表彰式までちゃんと中継してほしかったよ。

おばちゃんは、2ゴールを決めた岳君に、恋してしまいそう。(笑)

柴崎と昌子は、来年海外でプレーしているんじゃないだろうか。



真田丸、最終回だったけれど、再放送で観ることになる。
真田丸は、1回もかかすことなく1年間観たから最終回は楽しみにしていたのだ。
裏番組を録画できる機能があるテレビだったらいいのだけれど、私のテレビは実は壊れている。
リモコンの信号を受信する箇所が、壊れていてリモコンが使えない。
だから、テレビのわきにあるボタンで直接全てを操作している。
リモコンが使えないから、番組表も見れないし、USB接続のHDD録画も使えない。
つまり私と同じように使えない。(笑)

メーカーに問い合わせて修理に来てもらう予定でいたが、電話で聞いた金額が、概算で16000円~35000円くらいというのだ。
しかも、こちらは田舎だから、離れた市から出張してもらうことになる。
電話口で、やめますと言ったら、やめるんですかぁ!と言われた。
16000円かもしれないですよと言われたが、35000円かもしれないでしょと返した。
「35000円出すなら、新しいテレビを買った方がいいかもしれないし、出張してきてもらって35000円と言われたら、その場で断れないでしょ」と言ったら、断っていいですよと言う。
「いやいや、私はわざわざ来てもらって~と思うと断れないたちです。気が小さいので」と笑いながら言った。
相手も笑い声だった。
DVDを見るためにテレビが必要なだけなので、テレビそのものは観ないので、と最終的に断った。

DVDは観れるわけだから、まあ修理はいいかなと思ったのだ。
しかし、テレビのリモコン操作ができないということは、ほんと不便。
そして、新しくテレビを買うことをためらう自分は、本当に貧乏だなあと思う。



にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 20:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私は根が単純だから。

私の家の猫の最年長は現在15歳。
本当の年は知らないのだ。
成猫で保護したから。
15歳を過ぎていることは確かなだけ。
もうすっかり、足が弱り、がに股になって、俊敏性はなくなった。
この猫のご飯が、準療法食で、2キロで送料も含めると1袋3000円くらいする。
ちなみに、飼い主の私の米は2キロで780円くらい。(笑)

いつもは、ネットショッピングなのだが、先日ふとヤフオクを見た。
出品されているではないか!!
しかも、2袋で3500円即決。
送料は一律540円。
2袋で送料入れてもポイントも少し残っているから、この価格は安い。
ということで即決で落札した。
なんてついているのだろうと思った。

次の日の朝、携帯が鳴った。
見たことのない番号。
出品者の○○です~と若い女性の声。
それがすごく感じがよかったので、どうもどうもおはようございます~というところから話が始まった。
11歳以上のパウチ(缶詰ではなくレトルトのようなもの)があるので、食べるなら同封するというのだ。
パウチはうちの猫たちは大好きなのだが、値段が高くて頻繁には食べさせることができない。
クリスマスとかお正月、2月22日の猫の日とか、私がなんとなく機嫌のいい日に(笑)食べさせている。
だから、即答。
頂きます!!(笑)

去年2匹亡くして今年2匹亡くしている人で、私も去年1匹亡くして今年1匹亡くしているという話とか、お互いの猫の話になった。

長年オークションに参加しているが、今まで一度も電話がかかってきたこともないし、かけたこともない。
実に事務的に取引は終了するので。
だから、今回初めての経験だった。
とても感じのいい人だった。

その次の日、商品が届いた。
パウチ10袋同封されていた。
こういうことはちょっとありえない。
この10袋を出品しても落札されたと思うし、有難かった。

ヤフオクは出品数だけでは4000万を超えているらしいが、それだけ出品者の数もすごいということだ。
その中からこういう出品者に出会うということはほぼないといえる。
それだけに、嬉しかった。


単純かな。(笑)
私は根が単純な人間だから、どんなことに対しても、他人からみたら取るに足りない些細なことが、嬉しいと感じるような人生を送りたいと思っているのだけれど。




にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こういう子供は、どんな大人になるのだろうか?

オークションに参加するようになってから、15年以上過ぎたと前に書いた。
現在、出品はしてないが、昨年出品した時のこと。
愛猫が亡くなって、その仔のために用意していた動物病院で購入した流動食が新品のまま余ったので出品した。

新規の人はお断りと説明文に入れておいたのだが、(新規の入札者のトラブルが多いために、そう明記する出品者多くなった)新規の人に入札された。
こちらから、連絡を入れる前に、連絡が来た。

その文章が
「京都府○○○○○郵便局の局留めで送ってください。
お金を先に払うのは嫌です。
私の猫は、病院であと2、3日の命だと言われました。
送らないで、私の猫が死んだら、私は一生あなたを恨みます。
私の主人は、元調査員で、今は警察官です。」

まあ、こういう内容の文章で名前は書いていない。
つまりこの突っ込みどころ満載のメールは、いたずらだとすぐわかる。
あと2,3日の命だと言われた猫を持つ飼い主が、オークションなんてしている暇がないし、そう診断した病院から購入した方が早いからだ。
そして、元調査員?(笑)そして今は警察官。
土地家屋の調査なのか、スーパーの売れ筋を見る調査員なのか、この意味不明の調査員に思わず笑った。

最初は子供のいたずらだと判断したから、無視しようかと思った。
けれど、大人をからかって、してやったりと思われることは、この子のためにもよくない。
子どもではなく大人だったら、まず大人になりきれない大人だということになる。

だから、返事を書いた。


「ご連絡ありがとうございました。(ここは大人の対応で・笑)
新規のかたなので、オークションの仕組みを理解できていないようですね。
「お金を先に払うのは嫌です」は通用しません。

ご主人が、元調査員で、現在は警察官?
そうであれば、新卒採用ではなく、中途採用でしょうか?
そして、ご主人は京都府警ということでよろしいでしょうか?

実は私の兄と弟も警察官で、弟の妻も警察官です。(これは事実。正確には兄と弟は早世している)
ですから、あなたのような人の、こういうことの対応には、私は熟知しています。(していない。笑)
新規の方はお断りと説明文に入れてあります。
本当にオークションに参加したいと思うのであれば、まずしっかりとオークションとはどういうものかの勉強をしてください。」

まあ、こういう内容で送った。

返事は来ないと思ったが、3日くらいしてから、2行の返信があった。
思わず吹いた。


「わかりました。今回の取引はやめます。

ちなみに、私の親類に弁護士がいます。」

私からすれば、だから何だよ?で終わってしまうが。
脅したつもりが、脅されたと思ったのだろうか?


警察官とか弁護士とか、大人からすればそれらは職業の一つに過ぎないとわかるのだが、そういう職業が人を威圧するものだと勘違いしているのが子供なのだ。

昨年の5月からヤフオクの入札の年齢制限が下がって15歳から入札できるようになった。
どうして、こういうことにしたのか、つまりは子供のいたずらや遊びの対象になりかねないのに。
私がオークションに参加した時から、取引方法もずいぶん改善されてきて、直接のメール交換はできなくなって久しいが、参加年齢が15歳からというのは、私は納得いかない。

嬉しかった話は次回に。



にほんブログ村


にほんブログ村




| ひとりごと | 23:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミカンが好きな私としては・・。

この頃、特に思うことは、田舎は物価が高いような気がするということ。
人口に関係あるのだろうか?
年寄りが多く、近場のスーパーで済ませる人が多いので、競争するという必要がないからだろうか。
激安のトイレットパーパーとか、テッシュとかお目にかからない。


この季節、ミカンが好きな私としては、ミカンが高いのが堪える。
昨冬までは、5キロの箱で1200円くらいのミカンを食べていた。
特売で1000円くらいのもの。
こちらのスーパーだと5キロの箱で2800円くらいする。
私は産地は問わないので、B級のワックスをかけてない安いミカンでいいのだ。
その安いミカンが置いていない。
袋のミカンを買うと、すぐなくなくなるし、なくなれば他の買物の予定がないのに、スーパーに行く羽目になる。
行けば、せっかく来たのだからと、つい余計なものも買ってしまう。
これは、無駄使いの一歩。
買物に行かなければ、お金も使わない。
ということで、オークションでミカンを落札した。
競ったけれど、送料込みで10キロ、2000円で落札できた。
和歌山県から発送。
輸送中に痛むことも想定して、少し多めに入れておくとのことで、評価欄をみると、皆さん美味しいと書いている。
オークションで食べ物を落札するということは、まずしないが、まあ大丈夫だろうと思った。
私は小さいミカンよりもLサイズのミカンが好きなのだ。


届いて、箱をあけると大粒で立派。
痛んでいるものは1個だけだった。
痛んでいるところを切って、庭の名前のわからない、残しておいた木に刺した。
カラスが来たら嫌だけれど、低木だから、何らかの鳥のご飯になるだろう。
ちなみに、ミカンはへたの部分を下にして保存すると長持ちするそうだ。

オークションに参加するようになったのは、かなり古い。
15年は過ぎている。
最初の頃は面白くて、かなりオークションにはまった。

今は必要なものがあるときだけ探すが、年に10回程度だ。

このオークションというものも、出品してとんでもない落札者にあたったこともあるし、落札して素晴らしい出品者にあたったこともある。
素晴らしい出品者は最近のこと。
とんでもない落札者は、昨年久しぶりに出品したときのこと。

これらは次回に。

ミカン1

ミカン2




にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 22:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT