時を束ねて リボンをかけて

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

海を見に行った。

正月三が日は、お尻に根っこが生えていた。
たぶん、一日1000歩も歩かなかったような気がする。
これは働いていたころからの私のお正月の過ごし方。

年が新たまると、何かしら心に期すものがあるのが普通なのかもしれないが、私は自分に甘い。(笑)
何か決心しても続かない。
これだけは・・・!!!なんて思うことが、私は無理で、それがマイペースでいくというこにつながるのだと思う。
今日は昨日の続きだし、明日は今日の続きだから、その時その時で思うことがあれば修正していく。

ということで、あまりにも歩かなかったので、これはマズイ。
今日は歩こう!ということにした。

朝、ラジオ体操第一と第二を続けてやったら、しばらくやってなかったから疲れた。
それでも、今年初めての掃除をしてから買い出しに。
今日は暖かくて、暖房は朝から必要なかった。
外も暖かい。
それで午後から海まで歩いてどのくらいかかるのか知りたくて、ぶらぶらと歩いて海を見に行った。
引越してきた時に、役所の人が海抜が高いから津波の心配はまずないと言っていたが、確かに海抜は高い。
なぜなら長い坂道を下りていくと海にでたから。
どの道を通ってもたぶん海に着くのだろうが、すれ違う人がいない。
やっと犬を連れた年配の男性に出会って、ここを行くと海に出ますか?と聞いて教えてもらってから坂道を下りて行った。

坂道を下りながら海は見えたが、やっと着いたら立ち入り禁止の柵が広がっていた。
「ええっ!ここまで来たのにぃ~」。苦笑。
誰もいないし、ちょっと失礼して入らせてもらった。
人はいないが防波堤の工事なのか、新しい防波堤は私の身長より高い。
目の前の海が完全に隠れてしまっている。
そこでやはり立ち入り禁止の看板のある防波堤の作りかけの階段を上って海の全貌を見た。

片道17分だった。

周りをみわたしても人っ子一人いない。
ではということで・・大きな声で「誰もいない海」を歌った。(笑)
もちろん歌詞の秋のところは冬にして。

SN3U0038.jpg





にほんブログ村


| ひとりごと | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |