時を束ねて リボンをかけて

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

私は、おっちょこちょいだから。

今日は銭湯みたいな温泉に行ってきた。
今日で4度目かな。
前回はイブの日だった。
お客さんが3人しかいなくて、一緒にお湯につかっていた奥さんが、「みんなクリスマスの準備しているのかしらねえ。クリスマスなんて子供が小さいうちだけよ。今日は空いてていいわねえ」と言っていたからよく覚えている。

今日は混んでいた。
シャワーのある洗い場が満員だったから。
浴槽も当然混んでいる。
浴槽はつながって二つある。
どちらも小さいが。
私はその二つのうち、泡がぼこぼこでる方にしか浸かったことがない。
もう一つの方は、なんとなくお湯が汚いという感じがする。
お客さんも泡が出る方にばかりいる(ような気がする)。
で、混んでいるので私は浴槽の隅にあるお湯が噴き出している場所に陣取った。

私はいまだに老眼にはならず、近眼のままである。
だから今まで気がつかなかったのだ。
その吹き出しているお湯の上に掲げられている表示板を。
何気なく見上げると

泡風呂← →温泉


ご丁寧に泡風呂文字の下に「温泉ではありません」の文字が!!!


ええっ!!こっち側は温泉ではないの~
ただのお湯かい(笑)


そのことにびっくりしてしまった。
てっきり、全て温泉だと思い込んでいたから。


初めてこの施設に来たときに、友達に電話で温泉に入ってきたことを伝え、すごく温まったと言ったのだ。
その時、友達に、温泉って芯から温まるからねえ・・と言われたのだ。
さすが、有数の温泉地に住んでいる人はいいことを言うと思ったりした。
しかし、私は温泉に入りに行っていたのではなく、ただのお湯に浸かりに行っていたのだ。
友達のその言葉通り、行って帰ってくるたびに、温泉は芯から温まる~とにっこりしていたのに。

慌ててやはり元は取らなきゃということで、温泉と書かれている方の浴槽に浸かって帰った来たけれど。

正直言うと、違いがよく分からない。(笑)


にほんブログ村





| ひとりごと | 21:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |