時を束ねて リボンをかけて

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

早とちりは私らしいのだけれど・・・。

今日、市内の他のところから通ってきて、私の家の前に土地を借りて畑をしているご主人から、大根を1本いただいた。
なるべく気を使わせたくないので、その人が畑にいる間は、庭にでないようにしているのだけれど。

実は私は大根を1本買ったことがない。
いつも半分切のものを購入する。
それでも余らせる。
前には白菜を1個頂いた。
白菜1個っていうのは、微妙。
白菜も4分の1のものしか購入しないので。
料理のレパートリーが少ない一人暮らしの私には、多すぎると、ほとほと頭を痛めてしまう。
せっかく丹精込めて作っているのものだから、捨てる訳にはいかないし、白菜は漬物にしようかと思ったが、鍋と味噌汁でやっと消費した。

この人には、前にすごく失礼なことを言ったことがある。
いつも奥さんと来ていたのだが、奥さんが来なくて一人で来ていた時に、「いつも一緒に来る人は娘さんですか?」と聞いたのだ。
「ん?・・あれはカカアだ。」と言われたときは、心底びっくりしてしまった。
うわ、うわ、うわ~失言。(笑)
なんてこったい・・夫婦だったのか・・・内心焦った。
「お若い奥さんですね~」と取り繕ったが、どうなんだろうか?
奥さんが若く見られて嬉しいと思えるか、妻の父親に思われて、それほど老けて見られたことにショックを受けるか、どちらだろうか?

なぜ、親子に見たかというと、まず見た目はご主人が老けていて、奥さんはバッチリ化粧をしていて若く見えたこと。
そして一番は、奥さんがご主人を「おとうさん」と呼んでいたこと。
てっきり、オトウサンと呼んでいたから、娘か息子の嫁かと勝手に思い違いをしてしまった。

私、独身ですもの~(笑)
夫をオトウサンと呼ぶ習慣もないから、まったく思いつかなかった。
「あれはカカアだ」と言われて、あっそうだ!自分の夫を「おとうさん」と呼ぶ人もいるんだったっけ・・・とそこで気がついたのだ。
まあ、早とちりというやつ。
私らしいといえば私らしいのだが。

ご主人の方がヨタヨタ歩くし、補聴器を付けているし、相当の高齢だと思っていたが、奥さんを見ると若型だからこのご主人も本当は若いのかもしれない。
年の離れた夫婦というものもあるし、うっかりしたことは言えないのだと肝に命じた。

そのヨタヨタ歩くご主人はなんとかんだといっても元気で、農家出身でもなくて夫婦で趣味で始めた畑だが、奥さんのほうは、かなり膝を悪くして病院通いで、もう畑仕事は無理だと言っていた。
何年位前から夫婦で畑仕事をするようになったのかわからないけれど、年を取れば、諦めなければならないものも多くなる。

もう少し暖かくなって、ホームセンターにいろいろな野菜の苗が出てくれば、私も庭で野菜を作りたいと思うのだろうか?
私は虫が嫌いだし、それに、野菜作りもお金がかかるし、買った方が安上がりだと考えてしまうたちだからなあ。(笑)


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 22:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

可愛い勘違い。

一昨日の長距離ドライブのせいで、昨日は寝坊はするし、昼寝はするしで、疲れ切ってひたすら寝ていた。
やはり年には勝てず、長距離ドライブも無理はできなくなっていることを実感した。
車ではなくて、電車もいいかもしれないなあ。

時間があれば99歳の母親を持つ知人のところに寄るつもりでいたが、予定に入れていて行けなかったら申し訳ないので連絡はしないでおいた。

先ほど知人から電話があった。
99歳の母親は相変わらず元気だということで安心した。

なんでも先日、時計は夜の11時半を指しているのに、台所で母親がガチャガチャ何かしているということに気がついて、自分の部屋から出て台所に行くと、お湯を沸かしご飯をチンしていたので、唖然としたらしい。
思わずボケたか!と思ったらしいが、「何をしているの?」と聞くと、「6時5分前だから、慌てて起きた」と言ったのだそうだ。(笑)
うつらうつらしていて、目が覚めて目覚まし時計を見ると、夜の11時半くらいの針が朝の5時55分に勘違いしたということなのだ。
「今、朝じゃなくて夜だよ~」ということで、二人で大笑いしたそうだが、あのまま気がつかなかったら、母親はいつものようにお仏壇にご飯を供えて、朝食の用意をして一人でご飯を食べていたことになる。
99歳の女性の可愛い勘違い。(笑)

時計の長い針と短い針が紛らわしいかったのだろうからと、短い針をその半分に切ったと言っていた。

なにはともあれ、5月が来れば100歳になる。
あと2か月だから、無事100歳になるだろうということで、娘や孫たちとどういうお祝いをするか考えていると言っていた。
昨年肺炎を起こし、大きな総合病院で受け入れを断られても、入院設備のあるいわゆる老人病院で受け入れてもらえて、そして生還した。
それだけでも、奇跡だったのかもしれないが、90過ぎて何度肺炎を起こしても、やはり元気な年寄りはどこか違うのかもしれない。

遊びに来るように言われたから、今度は他のスケジュールを入れないで時間に余裕を持って行くことにしよう。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村





| ひとりごと | 21:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3時間。フル活動。

どうしても行かなきゃならない用事があって、前に住んでいたところに行ってきた。
片道3時間、往復6時間。滞在時間は3時間。
疲れたぁ。
高速を使わないのは、もちろんお金がもったいないからだけれど、高速よりも下道を走った方が、面白い物に出くわす。

手作りの小さな看板を道すがら見つけた。
ただのくい打ちされた白い板に黒い手書きの文字。
お店の名前もなくて、書いてあったのは「ピラフみたいなカニチャーハン」
ふ・・・ん。
「カニチャーハンみたいなピラフ」ではだめだったんだな・・・なんてことを考えながら走る。
食べたいとは全く思わないが。(笑)

昨年は何度も通った道だけれど、道路を変えたりして、余裕が出てきた。
だから、周りの景色やお店にも注意が行くようになった。


用事済んでから、両親のお墓参りをしてきた。
たぶん、お彼岸には行けないと思うので。

昨年まで車につけていたお守りも神社に納めて、新しく購入してきた。
社務所のベルを押してもなかなか出てこなかった。
やっと来たと思ったら、若くてイケメン。
心の中でおぉ~(笑)

「今日仏滅だけれど、お詣りしてもいいのかしら?」と聞いたら「問題ないですよ」と言う。
「お墓参りの帰りなんだけれど、いい?」と一応聞いた。
「大丈夫ですよ~。日本の神様は・・」と言ったところで、「寛大だものね」と私が引き継いだ。
「ええ」と言うので、お詣りしてきた。
ついでに、おみくじも。
「大吉」(笑)

猫の夕飯前には帰り着きたいと思うから、滞在時間はフル活動。
もう使うことのない銀行口座も、例え残高千円未満でも、もったいないので解約してきた。
どんな小さな金額でも、私には大金。

昨日は家の掃除を丁寧にした。
なぜなら、今日みたいな長距離のドライブは、何が起こるかわからない。
事故る可能性もあるから、そうなってから、一番最初に家に入るのは警察官かもしれないし、そういうことを想定するとどうしても汚部屋を見られるのは嫌だという心理が働くのだ。
考えてみれば、長距離ドライブでなくとも、いつどうなるかわからないのが人生なのだけれど。
私は兄弟たちが亡くなった年齢を越えてしまった。
みんな早かったから、たった一人残された私だけが長生きするとも思えないのだ。
だから、心つもり、心構えみたいなものは常に持っていると思っているけれど、そのわりには結構いいかげんな人間になっているかも。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 23:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつの日か いつの日か 花をさかそうよ。

少しずつ 春が近づいている。

庭のあちこちに前の住人が植えた球根が芽を出している。
球根は全て掘り起こし一カ所に集めて植え替えたと思っているのだが、何度も裏切られて、こんなところにも、あんなところにもという状態。

hana 1

hana2.jpg

こうなってからは、植え替えないで咲くのを待つしかない。


植え替えたもので、チューリップの球根だと思っていたものが、芽が出てチューリップではないと気がついたり。
これは水仙?

hana3.jpg

これはヒヤシンス?

hana4.jpg



私はホント花を知らない。
草も知らない。
木も知らない。
昔、友人にあまりにもそれらを知らなくて、どんだけ都会育ちのふりをしているの~と言われたことがある。
ただの無知なだけなのに。(笑)
図鑑でも持たなきゃダメだろうか?



この芽が出た球根をながめながら、なぜかしんみり「花」が口から出た。




♪川は流れて どこどこ行くの

人も流れて どこどこ行くの

そんな流れが つくころには

花として 花として 咲かせてあげたい♪




私はまだまだ流れて行くのだろうか。









にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 21:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私のような貧乏人には無理。

サ○トリーの「DHA&EPA+セサミンEX」が、無料で一ヶ月分届いた。
モニターということで、1ヶ月後、Eメールでアンケートに答えればいいことになっている。

ネットで何気なく見つけて、応募したのだけれど抽選だと思ったが、誰にでも送られてくるものだったようだ。
応募したばかりだったのに、こんなに早く発送されるとは思わなかった。

サ○トリーのセサミンは有名だけれど、値段が高い。
この商品も、通常価格1ヶ月分で5500円もする。
まずもちろん無料で送られてきたから、ありがたく1ヶ月は飲んで、アンケートに答えるが、5500円も出してこれを常用するかというと、しない。
1か月分が5500円だなんて、私のような貧乏人には絶対無理な金額だ。
小冊子も同封されていたが、読み物としては面白い。
だけど、購入はしない。
サ○トリーさん、ごめんなさい。(m´・ω・`)m ゴメン…
私は、本当のことを言えば値段に関係なく、元々サプリメントに興味がないのである。


先日、ゴミを捨てにヨタヨタ歩いていたら(我が家は猫砂があるから重い)、「重そうだねぇ~」と自転車で追い越しざまに声をかけられた。
お隣のご主人である。
後ろの荷台にゴミを積んでいる。
ちなみに道路は舗装されていない。
砂利道である。
90過ぎた人に、さっそうと自転車で追い越されたのだ。
抜群のバランス感覚で、すごいなあ・・・。
ああいう人は、生まれつき健康な体を持っているのではないだろうかと思ってしまった。


今日、電話で一人暮らしの友達と話したのだけれど、将来のことを考えると真っ暗闇に落ちていくとお互い話して、それでも頑張ろうと励ましあった。
高価なサプリメントを飲まなくても、お互いの境遇や生き方に共感できる人がいれば、それは心のサプリメントになる。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 22:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私は本当は、か弱いおばちゃんなのだ。(笑)

2月22日のニャン・ニャン・ニャンの猫の日に、キャットタワーを注文した。
キャットタワーは必要ないとずっと思っていたのだが、つい、猫の日にクリックしてしまった。

大型商品なので大人二人以上での組み立てをお願いしますと商品説明のところに記されていた。
大人が二人以上いればそれは楽だけど。(;´・ω・)
一人暮らしの心得として、組み立てに慣れていれば、一人でももちろん組み立てられる。
うちの小さな食器棚も、組み立て式で、自分で組み立てた。
夫というものがいない一人暮らしの私は、こういうことが難なくできてしまう悲しさ。(笑)
組み立て家具を見ているときに、レビューをよく参考にするが、女性で一人で組み立てる人って結構多くて、簡単という人が多いことも嬉しい限り。


ダンボール箱が重くて、一度で2階の猫部屋に運べなかった。
こういうところが、年齢がでる。
少しずつ運んだ。

時

だいたい、組み立てに1時間弱位の時間がかかった。
組み立てそのものは難しくないが、何しろネジを回す力がないと自覚する。
車のタイヤ交換も自分でできるが、一番最後の締めるときの力がないので、今はしない。
握力がないと自覚している。
このキャットタワーも、一つ一つの棒の部分の締めに力が必要で、渾身の力を出した。

なんでもそうだが、渾身の力を出した後で、いつも思うのだ。
私は本当は、相当、かよわい女性なのではないだろうか?
「あなたお願いね!」なんて言える相手がいない生活を何十年も続けてきたけれど、私はかよわいおばちゃんだ。
でも、お願いねと言った後に、私がやった方が早いとさっさと取り掛かってしまうことも確かなのだが。(笑)


出来上がりの様子はこちらです。 



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 20:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |