時を束ねて リボンをかけて

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

話さなくていいこと。聞かなくていいこと。

昨日は気温も上がって暖かい日で、洗濯・掃除・猫たちのトイレまで洗って干し、活発に動いたが、今日は寒くて再び冬眠したいくらいだ。

昨日も庭で雑草取りをしていたら、隣のご主人が、我が家との境のフェンス越しに「精が出るねえ」と声をかけてきた。
私はしゃがんだままで、ご主人は立っている。

とりとめのない会話を交わしていたが、前にも聞いていたが菊を育てていた話を始めた。
まあ、礼儀として、初めて聞く話として聞く。


そのうち、何を思ったのか・・・九州の○○○市にいた時の話をしだした。

勤め先の命令で、大型トラックで重量オーバーの鋼材を積んでいた時の話だ。
おばあさんがフラフラと飛び出してきて、ひいてしまった。
そのおばあさんは死んでしまった・・・。


26歳の時だそうだ。
70年近く前の話ということになる。
そして、それ以来ハンドルは握っていない。

なぜ、急にそんな話をしだしたのか、ちょっとよくわからないのだが、そういうことは話さなくていいことなのに・・・私も聞かなくてもいいことなのに。

運転に気を付けなさいよ・・・という意味なのか・・・。
私だって運転をしている以上、いつ加害者になるかわからないから。



会社は遺族に50万円で話を付けた。
その当時の50万円は今ならいくらになるのだろう・・・500万か?いやそれ以上だろうな…と思いながら私はただ黙って話を聞いていた。

私を見ながら話しているのではなくて、遠くを見ながら話している。
いろんな思いが交錯しているように見える。


当時は今のように車社会ではなかっただろうから、「その当時、免許を持っている人は少なかったでしょ」と聞いた。
「少なかったよ・・・。
免許を持っていたのが、いけなかったのかねえ・・・」と言った。


これはちょっと話題を変えなきゃいけないと思ったので、「今、小さな雑草を抜いておかなきゃ、手に負えなくなって虫が出てきますよね。私、ゴキブリは平気なのだけれど、土の中にいる虫が嫌いなんですよ~」と言って、ゴキブリと虫のことに、強引に話を持っていった。


話さなくていいこと。
私も聞かなくていいこと。
話したいというのであれば、私は聞く耳は持つ。
だけど、そういう話は他人に話さなくてもいいのだ。
秘密にしていていい話だ。
偶然隣に住むことになった私に、話さなくてもいい。
26歳という若さで、そういう事故を起こして、それ以来運転を辞めたというのであれば、もうそれだけでそうとう苦しんだだろうし十分気持ちは伝わってくる。
聞く方もつらくなる。
どんなに苦しんでも、過去は戻せない。
過去を戻したいと思っても、戻せないのだから。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村





| ひとりごと | 21:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おばちゃんがおっさん二人と世間話。(笑)

暖かかったので、午後から庭で草むしりをした。

家の前の通りを男性二人が歩いてくる。
一人が犬を連れているから、散歩だとわかる。

こんにちわ~と声をかけられた。
勿論返事を返す。
通り過ぎないで立ち止まってしまった。

「もう引越して1年過ぎたの?」と聞かれた。
まだです~と答えたが、この男性二人は初対面のような気がするが、前に挨拶をしたことがあるのだろうか?
散歩している人は多いし、私は顔を覚えるという記憶力の部分が欠落している人間なので、この人たちの家も名前も知らないけれど、まあ、ご近所の方なんだろう。


「買い物はどこでしているの?」と聞いてきた。
「×××です」と、ここから一番近いスーパーの名前をあげた。
引越してくるときに、不動産屋さんが教えてくれたスーパーである。
「×××は高いでしょ」と言う。
大きなスーパーでチェーン店だから、品数は多いが確かに高い。
高いですねと答えると、なんと!もうひとつ別のスーパーがあるというではないか!!

それは私が行っている大型スーパーとは逆の方向にあるそうだ。
つまり大通りに出て、右に曲がるとしたら左に曲がる。
地元の人間が経営者だそうで、大きい店ではないがすごく安いよと言うのだ。
へえ・・魚も置いてますか?と聞くと(私は肉を食べないので)なんでもあって安いというのだ。
この辺の人は、×××ではなく、そこのスーパーに行くという。

行き方を詳しく教えてくれた。

まあ、ご近所付き合いをしてないと、そういう情報はもちろん入ってこない。
私は何しろ、近所をまだ詳しく歩いても走ってもいないので、こういう情報はありがたい。

私の個人的なことは何も聞いてこないし、よけいな詮索もしないし、それから少し世間話をしたが、話していて楽だった。
いろいろ個人的なことを聞いてきたら、面倒で私は露骨に顔に出すけど。

おばちゃんが、おっさん二人に安いスーパーのことを教えてもらって、のどかに一日が過ぎた。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村








| ひとりごと | 22:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人の対応って、難しい。

今日も寒かったけれど、昨日、あまりにも寒かったので銭湯みたいな温泉に行ってきた。
日曜だったからか、今までで一番の混みよう。
お昼の人の少ない時を狙ったのに、ここまで混んでいるとは思わなかった。
何しろ、洗い場の場所が取れない。
湯に浸かりながら目は空き場所を探し、空いた!と思ってもすぐ他の人に座られてしまう。
やっと見つけたが、洗い場を待っている人が多いので、これはもうさっさと上がるしかないと思った。


そういう時に、私の両隣の人たちは知り合いのようでそこでの会話。
左側の人が、何かを盗まれたと言っている。
ここは棚ではないが棚のような場所に、それぞれ自分の浴室内で使う荷物を置いておく。
私も大きめのポーチに頭を拭くためのタオルや洗顔フォームなどを入れて置き、洗い場が空けばそれを持って椅子に座るのだ。

左側の人がカゴに入っていた持ち物の、その中の一つがなくなっていると、右側の人に言っていた。
何気にそのカゴを見ると、マイシャンプー・マイリンスその他ごちゃごちゃ、いかにも高級品ですよ~満載のものが入っていた。
私はシャンプーもボディソープも、その浴場に備え付けでおかれているもので満足だし、こんなところでこだわりを持つことはしない。
ここまでいろいろ持ち込んでいる人を見たのも、実は初めてだ。
そして何かが盗まれたと言っている。

こういうことってさあ・・・。すごく不愉快だ。
周りの聞こえている人たちも不愉快になると思う。
盗まれたんじゃなくて、忘れてきたということも考えられるし、どうなのよ。
こんな場所で、しかもものすごく混んでいる場所に、盗まれるあるいは失くして困るものは持ち込むなよと言いたくなる。
右側の人の返答は「それだけ、持って行ってもねえ・・・」と冷静で曖昧な返事。
聞かされた方も返答に困るだろうよ。


それでも私はその話を聞かないふりをして、両隣もそれぞれ体などを洗い始めた。
私が顔を洗って、シャワーを顔にかけているときに、「ちょっと!かかっているわよ!」という声が聞こえた。
左側の人を見ると、泥状のパックを顔に塗っていて、そのパック顔で私に怒っているのだ。(笑)
そのパックの顔に、私のシャワーの水がかかったということなのだろう。

私は、声が大きい。
そして高い声ではないが、よく通る。
昔、朗読のボランティアに誘われたくらいだから。(笑)

だから、普段から大きな声なのに更に大きな声で謝った。
「申しわけありません!!!気がつきませんでした!!!」
そこで、あまりの声の大きさと浴室だから響くので一斉に周りの人が私たちを見た。
謝るときははっきりと明確にが私のモットー。(笑)

こういう時に恥ずかしいのは、謝っている方ではなくて、謝られた方だということは私の計算のうち。
そして、もう一度大きな声でオーバーに謝った。
「本当に申しわけありませんでした!!!大丈夫ですか!!!?」

これほどの大きな声で謝られるとは思っていなかったようで、あきらかに困惑して黙ってうなずいた。


正直いえば、・・・こんなに混んでいて次から次と洗う場所を待っている人がいるときに、パックなんてしているんじゃねえよ。
そんなことは家でやれよ・・・
というのが私の本音。
そして、こういってはなんだが、右側の人がシャンプーをしているときには、私にパシバシ泡が飛んできていた。
それでもいちいちそんなことで注意はしない。
そもそもここの洗い場は間隔が狭いので、協力してほしいと注意書きにも書いてある。


そして、右側の人が左側の人に、「私、終わったからこっちに移ってくる?こっちは角で少し広いから」と声をかけた。
その人はいいと断った。
だから、私は今度は右側の人に「申し訳ありません。気を使わせてしまって」と言った。
すると、その人が思いがけず「いいのよ~。お互い様なんだから~。こんなに混んでいるときはお互い様よ~」と大きな声で言った。


それで、分かった。
この微妙なやりとり。(笑)
両隣は知り合いではあるけれど、特別仲がいいというわけではないと。
そうでなければ、私にお互い様なんて言葉は言わない。



つまり、この右側の人が一番大人の対応ができている。
盗まれたと訴えかけられた時も、一緒になって怒るわけでもないし、さりげなくかわしている。
両隣は見たところ、70代か・・・・。
大人の対応って、場を読むということも含めて、難しいんだよね。
私はもちろんまだまだだけど。(;´・ω・)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 22:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

話のプロと話す。

サ○トリーの「DHA&EPA+セサミンEX」が1ヶ月分無料で送られてきたことは前に書いた。
1ヶ月後、メールで感想を返信すればいいはずだったが、昨日、固定電話に電話が来た。
ちょうど相撲を観ている時間で、消音にして視線はテレビで、電話を受けた。


「若々しいお声で、きっとお元気な方なのでしょうね~」とまずはお世辞を受けながら話が始まった。
あら、見た目も若いですよ!と普通ならジョークを返すのだけれど、相撲を観ながら電話を受け、実はその商品を開封すらしてない状態で机の隅に置きっぱなしだったので、慌てて裏の説明書を読んだ。
一日4粒飲むということだけ確認。(笑)

体調はどうか?
ストレスはあるか?
趣味はもっているか?

これらは質問ではなく、会話のなかでさりげなく聞かれたことだ。
つまりは継続して購入してもらうところまで話を持っていくための前哨戦みたいなもの。(笑)

だから、飲んでみてどうですか?と聞かれたが、照ノ富士が取り組みが終わると、記者に感想を聞かれて答える返事がいつも「普通」ということを思い出して、私も「普通です」と答えた。(飲んでないけど)

一日何粒飲んでいるのですか?と聞かれたときは、「説明書きに4粒と書いてあったから、4粒です」と答えた。(飲んでないけど)

けっこう長く会話をしていたが、これらはなごやかに会話が進んだ。

お決まりの他の購入者の言っていたことや(当然、商品を賛辞する言葉)、購入金額の割引などに、上手に話を持っていく。
礼儀として考えておくと答えた。

最後に質問や意見の有無を聞かれたから、「マニュアル通りに、きちんと受け答えができて素晴らしいですね」と言った。
「いや、いや、いや」と言うので、「あら、誉めているんですよ。いろいろな人がいるのだから、こう言われたら、こう答えるというマニュアルは当然あるでしょ。つまり、ああ言えば、こう言うというマニュアル。あはは~」と笑いながら言ったら、「いや、いや、いや、あはは~」と向こうも笑った。
「素晴らしく感じのいい対応で、さすがだなとお話ししながら、内心ずっと思っていたのですよ~」と最後は私から、とどめのよいしょ。(笑)

そして、今相撲を観ているので~と言って、話を終わらせた。

ありがとうございました!と言われたから、なぜかお疲れさまでした!と答えた。(笑)


こういう仕事って、ある程度の頭の良さがなくては勤まらないだろうと思う。
と同時に、電話でどういう客にぶつかるかわからないから、ストレスもたまるだろうと思う。
客の電話を待っているのではなく、客に電話して、商品の感想を聞きだしながら商品の説明をして、継続購入に結び付けなければならないのだから。
話しながら、客の機嫌を損ねないように、上手に話すし、実に感じのいい人だった。
プロだね。
さすがサ○トリー(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| 未分類 | 21:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不便な田舎に住んでいても、便利な時代に生きている。

私らしいというか・・・いや、私としたことが!!!

一昨日、電子レンジの中のセラミック皿を、落として割ってしまった。
オーブンレンジだから、ただ網の上に乗っているだけなのだが、チンしたものを取り出すときにそれがずれて落とした。
真っ二つ。
慌てた。
慌てたのは、真っ二つにきれいに割れたのだが、小さな破片がみつからない。
猫たちの肉球に刺さったら大変だということで、夕飯時だったが掃除機を出してきて吸いあげた。
それでも心配だから、拭き掃除までしてしまった。(笑)

ふ・・・む。どうしようか。
セラミックはどんな接着剤でくっつくのか、ネットで調べた。
調べているうちに、張り付けてもまた割れるということが分かった。
まあ…そうだわね。
高温だもの。
ということで、その、セラミック皿だけを売ってないか探した。
レンジの型番から調べて楽天に売っていたが、送料を入れて4388円。
高いべ~。(´;ω;`)ウッ…

そもそも、レンジは2011年式で、当時12000円くらいで購入したものだ。
そのくらいの値段で購入したものなのに、たかだか部品ひとつにその値段。
高い!!
しかし、メーカーの純正品でなければ危ない・・・・。
先日、町内の班に4000円も出費したばかりなのに、それは納めなければならないものだからしょうがないが、こういう自分の不注意での思いがけない出費は、本当に情けなくなってくる。
ばか!ばか!ばか!と言って自分の頭をたたきたくなる。

それでも4388円より安いところを見つけなければという、貧乏人の強い思いが勝った。(笑)
同じ商品をAmazonでみつけた。
送料込みで3570円。
これでも高いけど。

SN3U1199.jpg



つくづく思うが、不便な田舎に住んでいても、便利な時代に生きている。
これ以上の便利さは求めないしついて行けないだろうけれど、ありがたい世の中になったものだ。
一昔前なら、電気屋さんに出向いて型番を言って取り寄せてもらうということになったはずだ。
今は家にいながら、昨日の午前中の注文で今日届くのだ。

出不精の私向き。(笑)

一度失敗したから、これからのレンジの扱いは丁寧になる(はず)。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 21:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私にはありがたい区別。

この地域の班の班長さんから一昨日電話があった。
班長が交代になるので、話したいことがあるので家に来てもらいたいとのこと。
ここに引越してきた時に、ゴミを出させてもらうために挨拶に行って、ゴミ置き場の小屋の維持費を徴収する時があると言われていたから、連絡のための携帯番号を教えておいた。
いつか連絡はあると思っていた。
昼間は畑に行っているから、来る前に連絡くれるように言われていて、昨日の夕方、連絡を入れてから行ってきた。

入会費として、3000円、ゴミ置き場の維持費として、2年に一度1000円を、班に支払うことになっているそうだ。
最初だから、4000円支払ってきた。

とても感じのいい人で、市規定のゴミ袋が来月から値上がりするということを教えてくれて、缶ジュース1本とゴミ袋1袋を手渡してくれた。
一応断ったのだが、いいからいいからというのでいただいた。

そして、町内会に入ってない人の一覧表を渡された。
こんなにいるのですか!と、思わず言ったが、町内会に入っている人が20世帯、入ってない人が20世帯。
入ってない人の中にはアパートに住んでいる4世帯も含まれているが、見渡せば周りが畑ばかりのこの周辺にそれだけの数の世帯がいるということに、まず驚いてしまった。
つまりは一つの班が広範囲ということになる。
どおりで、ゴミ出しを車で来るという人が多いわけだ。

入ってない人の中で、その支払いを拒否する人が一人いるのだそうだ。
文句たらたら言って、挙句は居留守をつかわれるのでその人からの徴収は諦めたと言っていた。

人間嫌い、人付き合いも苦手という私でも、これを拒否する人がいるとはちょっとびっくり。
引越せば、ゴミと町内会はつきもので、その土地のその場所のルールがあるのであれば、やはりそれは従いたいと私は思う。



ゴミ置き場の小屋が建てられている場所は、善意で貸してもらっている場所だそうで、その人にお礼もするし、小屋の修理や掃除は町内会に入ってない人達は関知しない。
それだけでも有難い話だと思うけれど。


ただ、ひとつ気になったこと。
この一覧表は必要なのだろうか?
住所と電話番号が書いてあるが、一軒家で世帯主の名が女性なのは私も含めて3名。
アパート4世帯のうち、3世帯が女性名。
女性が世帯主のところは、連絡先の電話番号は全て携帯。
こういうものの配布が、都会なら問題になるところだと思うが。の
まして、町内会に入ってないのだから。

ちなみに90代の夫婦のうちの隣も、休耕田を挟んで裏の家も、いつも挨拶する近所のお宅も、町内会には入っていないということがこの一覧表で分かった。
よくよく、先祖代々この地に住んでいる人だけで町内会というものが成り立っているのだということがわかる。
班長さんんと話しても、町内会への勧誘はなかったし、入れないそうですね~とフェイントをかけたら、はぐらかされた。(笑)
きっちり、区別されている。
だけど、差別ではないし、意地悪ではないし、私にはありがたい区別だ。
さすが田舎だと思うだけで。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村







| ひとりごと | 21:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風を通じて感じている。

昨日も今日も暖かかった。

100均で有機石灰というものをみつけた。
石灰や苦土石灰と違って、土と混ぜ合わせてすぐに植え付けできるというものだそうだ。
つい、買ってしまった。

向かいの畑に通ってくるおじさんの真似をして、スコップで土を掘り起こして耕し、その有機石灰を混ぜ合わせた。
小さな庭だから、物干し竿を除かなければ、畑にする部分は作れない。
せっかく土に埋め込んで動かなくしたのに、またやり直して、場所を移した。

前の住人が残していったガーデニング用の石の仕切りを動かして、畑の部分を作った。。
畳2枚ほどの大きさだけど。(笑)
しかも、江戸間サイズじゃなく団地サイズの畳。(;´・ω・)


でも、そこまでしても、苗は何も用意していない。
気まぐれなので、いつ何か植えたいと思うかもしれないと、一応場所の用意をしておいただけ。
それだけで、満足してしまった。(笑)

これから大きくなるであろう、若い雑草を抜いたりして、庭で一人遊びをしていた。
空を見て、風を感じて。

明日は春分の日だけれど、両親のお墓参りには行かず、猫たちの合同墓地にも行けず。
心であやまりながら、それでも千の風になっているはずだから、私は親や兄弟や逝ってしまった猫たちを、彼岸入りしてからずっと風を通じて感じている。



愛猫が脱走防止のための網の柵の前で、私が庭で遊んでいるのをじっと見ていた。
(特別出演・ミケ)

SN3U1192.jpg



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 21:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日、夜中に目が覚めて。

私の左手の指は変形性関節炎で、親指以外の第一関節がこぶができて人差し指は曲がっている。
薬指の第二関節も、同じような状態になっているのに気がついたのは先月。
触ると痛みがあった。
前に通っていた病院では、変形性関節症は加齢が原因で治るということはないと聞いていて、そのままにしていてもいいと言われていたが、第二関節はリュウマチと脅かされていた。
だから、先月病院に行った時にリュウマチの検査の血液検査をしてもらった。

今日は病院の日。
結果はリュウマチではなかった。
だが、血液検査の結果は他の異常を見つけてしまう。
その原因を探すために、また新たな検査を提案されたが、先生も心配するほどのことではないというので、様子をみますと言ってその検査は却下。

父がリュウマチを患っていたから、私も・・・かな?と思ったからリュウマチの検査をしたが、それに異常がなかったのならあとはいい。
キリがない。

病気は見つけようと思えばいくらでも見つかるような気がする。
だから、テレビでも健康番組が多いのだろうし。
だけど、その健康番組で知らせていることを全て実行することは不可能に近いと思っている。
体にいいと思っていることを全て取り入れる人が、ピンコロできるかというと、それは違うと思う。
人生には運不運もあるし、運命ということもある。



私が健康のためにしていることはただ一つ。
ストレスをためないということだけ。
ストレスになりそうなことは一つ一つ取り除きながら、老後は生きていきたい。
どうにもならないこともあるけれど。
お金がないこととか。(笑)

昨日は夜中なぜか目が覚めて、それから眠れなかった。
たまにこういうことがある。
トイレで目が覚めたわけではないのに、眠くならないので、宅配レンタルで送られてきたDVDを見ようかと思ったが、寒くて暖房ももったいないし、そのままベットの中にいた。
いつしか眠ったようで、おかげで朝起きたのは9時。(笑)

眠れなかったら、眠らなくてもいい。
眠くなったら、眠るだろう。

穏やかに毎日を過ごせて行けたら、小さなことはどうでもいい。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村







| ひとりごと | 23:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミシンが壊れて・・・。

前にテッシュカバーを作った時に、ついにミシンが壊れた。
なんといったらいいが、パチンと音がして内部から一挙にバラバラに分解されて落ちてきた。
どのネジがどう折れたのかもわからず、諦めた。
使っているときから、ものすごい音がしていたから、壊れるかもしれないと思いながら使っていた。
オークションで1000円で落札した古いミシンだけれど、十分な役目は果たしてくれた。


愛猫が乳腺腫瘍の時は、その腫瘍をなめないために何枚も必死に洋服を縫いあげた。

このような服を何十枚と縫った。

ルンノ服

今思い出しても、あのころの私は必死だったと思う。
そういう時に本当に役に立ってくれたミシンだったが、さすがに直してまで使い続けるという気はない。
ミシンの修理はへたすりゃ買うより高くなる。
だから、処分した。

何を作るということもないのだが、ミシンは持っていたい。
私は洋裁を習ったことがないから直線縫いさえできればいいのだ。

またもやオークションで探した。
壊れたままのジャンク商品でも結構高い。
可動確認してないものも多い。
修理専門店が修理して出品しているものでも、すぐに値が上がっていく。
根気よく探して、見つけた。

個人出品で、型式も年式も古いが購入した時の備品がすべてそろっていて、フットコントローラー付きの可動確認済み商品。
ネットで調べると、売り出し価格は8万円。
運よく1100円で落札することができた。
ポイントが450円分あったので、実質ミシンは650円。
送料がねえ・・・。1620円だったけれど。(笑)

今日届いた。
使用頻度は多くなさそうで、きれいな品だ。
試し縫いをしたが、きれいに縫えた。
今何かを縫おうと思うものはないのだけれど、ミシンは私には必要なもの。
私にとって、持っていなくてもなんとも思わないものの代表がスマホ。
高いものは買えないくせに、なぜか必需品だと思っているものはミシン。(笑)

ミシン画像





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村





| 針仕事 | 22:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私はお笑い系だから。

昨日のWBCの野球の試合は、すごかった。
試合時間がもうすぐ日付が変わるという時に終わるという、ここまで長い試合になるとは思わなかった。
ハラハラドキドキで面白かったといえば面白かったが、さすが観ていて疲れた。
ブログを更新しようと思っていたことなんて、吹き飛んでしまった。


さて、昨日の朝、雨戸を開けたら庭の隅の方に黄色いものが見える。
うちの庭は猫の額ほどだけれど、前の住人が植えていた木々はほとんど処分してしまった。
その陰に隠れて咲いていたものが、やっと日の目を浴びたということなのだろうか?
がらんとした庭の隅。
これはクロッカス?

SN3U1182.jpg

こんなところに?
その近くには青というより紫に近い蕾を付けた花があった。

SN3U1184.jpg


どんな花も色は黄色と青系が好きで、こういうものを見つけると、ケチな私はすごく得した気分になる。
チューリップよりもクロッカスの方が私は好きだし。
よほど前の住人は球根を植えていたとみえる。
春になって、どのくらいのどんな球根が、花をつけるのかが楽しみになった来た。

そんな感じで可憐に咲いている花を見ていたら、塀越しに隣のご主人が話しかけてきた。
上手に庭を作っているねえ・・・ということで。
この上手にというのは、前の住人が庭を区切るのに、いろいろなガーデニング用の杭などを置いて行ったので、それを使って庭の区画整理みたいなことをしたからだ。
植えているものはないのに、いかにもこれから花が咲くのですよ~といわんばかりの整理整頓。(笑)
スコップであちこち掘り起こして、その仕切りをつなげて庭らしくしたけれど、期待を裏切るようだが、何も植えていない。(笑)
それをしただけでスッキリしたので満足。

隣のご主人が、自転車で転んで入院するまで、大輪の菊を育てていたのだと話し始めた。
「品評会によく出ているような大きな菊ですか?」と聞くと、頷いて10鉢くらい育てていて、道行く人にきれいだと褒められていたそうだ。
その入院を機に、菊づくりは辞めたそうだが、「もうねぇ・・どうでもよくなっちゃって・・」と言っていた。
そのころなのだろうか・・・包丁を持って部屋に引きこもって騒ぎを起こしたのは。

「あと3年くらいしか生きないだろうし…」とか言う。
かなり人生の悲観的なモードに入っているようで、ドヨ~ンと暗い。
この人は笑うという時があるのだろうかと思ってしまった。
私は優しさを捨ててきて、他人に優しくない人生を歩いているから、こんな天気のいい日に、その暗さに引きづりこまれたくないと思ってしまう。
まして、友達でもなくただの隣人なのだから、こういう時の返事は慎重になる。
「私の知人の母親はもうすぐ100歳になるけれど、元気ではつらつとしていますよ~。」とだけ言った。
自転車で買い物に行く元気はあるのだから、少しでも笑いを増やして生きてもらいたいと思う。
冗談が通じなさそうな人だからなあ。
私はお笑い系だから、通じれば、優しくはない人間だけれど、それなりにいくらでもジョークは飛ばせるのだけれど。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 15:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT