時を束ねて リボンをかけて

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

おばちゃんがおっさん二人と世間話。(笑)

暖かかったので、午後から庭で草むしりをした。

家の前の通りを男性二人が歩いてくる。
一人が犬を連れているから、散歩だとわかる。

こんにちわ~と声をかけられた。
勿論返事を返す。
通り過ぎないで立ち止まってしまった。

「もう引越して1年過ぎたの?」と聞かれた。
まだです~と答えたが、この男性二人は初対面のような気がするが、前に挨拶をしたことがあるのだろうか?
散歩している人は多いし、私は顔を覚えるという記憶力の部分が欠落している人間なので、この人たちの家も名前も知らないけれど、まあ、ご近所の方なんだろう。


「買い物はどこでしているの?」と聞いてきた。
「×××です」と、ここから一番近いスーパーの名前をあげた。
引越してくるときに、不動産屋さんが教えてくれたスーパーである。
「×××は高いでしょ」と言う。
大きなスーパーでチェーン店だから、品数は多いが確かに高い。
高いですねと答えると、なんと!もうひとつ別のスーパーがあるというではないか!!

それは私が行っている大型スーパーとは逆の方向にあるそうだ。
つまり大通りに出て、右に曲がるとしたら左に曲がる。
地元の人間が経営者だそうで、大きい店ではないがすごく安いよと言うのだ。
へえ・・魚も置いてますか?と聞くと(私は肉を食べないので)なんでもあって安いというのだ。
この辺の人は、×××ではなく、そこのスーパーに行くという。

行き方を詳しく教えてくれた。

まあ、ご近所付き合いをしてないと、そういう情報はもちろん入ってこない。
私は何しろ、近所をまだ詳しく歩いても走ってもいないので、こういう情報はありがたい。

私の個人的なことは何も聞いてこないし、よけいな詮索もしないし、それから少し世間話をしたが、話していて楽だった。
いろいろ個人的なことを聞いてきたら、面倒で私は露骨に顔に出すけど。

おばちゃんが、おっさん二人に安いスーパーのことを教えてもらって、のどかに一日が過ぎた。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村








| ひとりごと | 22:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |