時を束ねて リボンをかけて

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

旧友との再会

車で来るのは自信がないというので、4時間かけて電車を乗り継いで、昨日友達が遊びに来た。
前に住んでいたところの友達ではなく、他市に住んでいる古い友達。

引っ越しを機に、これから付き合う必要性を自分自身で感じない人とは、引越しすることすら知らせず縁を切った。
そうして友人の数を減らしたが、彼女はこれからもずっと付き合っていきたい大切な友達だ。
友達は数ではないし、付き合っていてストレスになったり、何気なく傷ついたり、一緒にいることが苦痛に感じる人は、もうそれだけで友達ではない。

どうしてこのGWの、どこもかしこも混んでいるときを選んで泊りに来るのよと私は言ったけれど、忙しい人だからこの時しか時間がなかったなんて言っていた。
彼女が来て、実は私はお金を一銭も使っていない。
何時間も電車に乗らせていることが申し訳なくて、もよりの駅ではなく、できるだけ早く電車を降ろしたいと思ったので、少し離れた駅を待ち合わせの場所にした。
1年半ぶりの再会。
その駅の近くにファミレスがあったので、そこで遅い昼食を食べたが、彼女がおごってくれた。

その後家に来てもらった。
たった一泊の予定なのに荷物の多さ。
スーツケースを開けると、私用に缶ビール6本。
そして夜の飲む分を4本。
冷蔵庫に入れて冷やした。
ご丁寧におつまみまで、そのかばんから取り出した。
さきイカやおかきやクッキー。(笑)
ビールなんてこっちでも買えるのにと言ったら、わざわざ持ってくるところがいいのよと言われた。


それから夕飯はどうする?ということになって、私は天ぷらを揚げる予定でいたが、スーパーで何か買ってこようということになり、二人でスーパーに出かけた。
刺身にするかお寿司にするかで迷ったが、お寿司にした。
そしてみそ汁はあさりということで買い物はそれだけ。
それも、彼女が泊まり代ということで、お金を渡された。
私が出すと言っても、今回は私にお金を出させないと決めていたようだった。
私はそれに甘えた。
耐乏生活をしているし、見栄をはらなきゃならない付き合いはしないと決めているから、そういう彼女の好意に甘えることができる。


早めにお風呂に入って、二人で宴会。
私が用意したものは冷凍の枝豆と手作りのきんぴらごぼうを冷凍にしていたものをチンしただけ。


彼女はクリスチャンだから、食事の前にお祈りしていい?と私に断ってから、私のために祈ってくれる。
これはお互いの家を訪問して食事のときの恒例だから、私も彼女の言葉に素直に耳を傾ける。
こういう機会がもてたことの感謝と、私や私の猫たちの健康とこれからの人生を守ってくれるようにイエス様にお祈りしてくれた。
私は無宗教だけれど、その言葉を聞くたびに、いつも私は胸がいっぱいになる。


飲んで食べて、しまいには寝転んで、ガハハハッと笑いあって、おしゃべりをし続けて時間は過ぎていった。
彼女は娘が8か月の時に離婚して、私は息子が3歳の時に離婚していて、お互い孤軍奮闘して子育てをしてきた。
お互いの頑張りを認めながら励ましながら、頻繁に会えるわけではないけれど、子育てが終わって年をとっても友情が続いてきた。


観光する場所などないこの田舎町だけれど、今朝は二人で散歩をしながら海を見に行ってきた。
お互い無言で海を見て、貝を拾った。


午前中の電車で彼女は帰った。
昨日は改札口で待っていたけれど、また4時間かけて帰るのかと思うと申し訳なくて、今日はホームで見送りした。
また会おうねえ~と言ってお互い手を振り、なんだかわからない「頑張ろうねえ」という言葉で別れたのだ。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村




| ひとりごと | 20:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「八十八夜」

今日は八十八夜なんだそうだ。

「八十八夜」と言えば、すぐ頭に浮かぶのが、N・S・P

いつだったかN・S・PのベストアルバムCDを何気なく懐かしいなと思いAmazonで購入した。
届いてすぐに、ヴォーカルの天野さんの訃報をニュースで知って、しばらくそのアルバムを開封できなかった。

引っ越して、前の住んでいた場所と、今の場所を何度も車で往復するのに、聴く曲がなくてやっと開封したのだ。
その中に「八十八夜」が収録されている。

この曲は、結婚が決まって元カレから電話がかかってくる。
携帯なんてない時代の話。(笑)
本当はこの人と人生を歩みたかったのだ。
だけど、私は現在結婚が決まって、幸せになるのだろうという、歌詞である。

この曲のように、結婚が決まってから元の恋人から電話がかかってきたという、友人が三人もいる。
今は付き合いがないが、昔の若いときの友人。
この曲を聴くと、それぞれのあの時の彼女たちが言っていた言葉を思い出す。
そのうちの二人は相手に対してのただの懐かしさと、そのころの自分のいじらしさと、お互い独身だったのに結婚には至らなかったから過去は過去と割り切れていた。
元カレより結婚相手のほうがよかったせいか、つまり余裕で元カレに対応できた。(笑)

私は若いとき母子家庭になってから、母子家庭の子供たちを支えるボランティア活動をしていた。
残りの一人がその時の仲間で、年下の農家の一人息子と付き合っていて、相手のご両親の大反対にあって結婚はできなかった。
その後、幼馴染と再会して、相手が独身だったのでプロポーズされて結婚が決まった。
子供もなついて、子供が前の彼より今の彼のほうがいいと言った。
他県に嫁ぐことになったのである。
私たちのボランティア活動の仲間で、最初に再婚した人である。
明日、引越して他県に嫁ぐというという前の日に、その別れた彼から電話があった。
お互い電話で涙・涙。
私は役には立っていなかったが、そのボランテアの代表世話人をしていたから、彼女から恋愛から別れて再婚するまでのいきさつはすべて聞いていた。
最後の挨拶に電話をくれたときに、彼女が私に言った。
元カレとお互い涙で話した後、自分の心はまだこの人にあったのだと気づいたこと。
だけど、別の道を行くのだと。


私は今、運転中にN・S・Pや雅夢などのアルバムを、思うところがあって(笑)懐かしくて聴いている。


私のブログは若い人に訪問されいるとは思っていない。
だけど、もし若い人が読んでいるのなら、恋愛はたくさんしなさいねということだ。
若いときの恋愛は、切なくてその切なさに押しつぶされそうになっても、しないよりはしたほうがいい。
ご両親やその辺のおじさんおばさんにも、女の歴史や男の歴史があったかもしれないんだよ・・・ということだ。
そう思うと、ちょっとお年寄りにやさしくできると思う。(笑)








にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村






| ひとりごと | 14:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |