時を束ねて リボンをかけて

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

私は暇なんだね。

私は映画を観るのが好きだ。
映画館のないこの田舎町だけれど、今はほんと便利。
GYAO!プレミアムを解約して、dtvにしたのは、3月の初め。
どちらも1か月500円だけれど、dtvのほうが作品数が多い。
4月の末にdTVからメールが届いた。
86作品見たあなたに今オススメ・・・というような案内メールが届いた。
たった2か月で80を超えるということは、そんなに見ていたの~と自分でも驚いた。
暇なんだね。(笑)
テレビを見ないので、映画になるのだけれど、まあ、一度視聴してみてああこれは前に見たことがあると思い途中でやめたというものも含めれば、簡単にそんな数になるのかもしれない。
もちろん古い映画で懐かしくて再び見たというもの多いけれど。
安上りだ。
貧乏人にはうれしい限り。

そして、レンタルビデオ店もこの町にはないから、宅配レンタルDVDも契約している。
そこで最近、お年寄りが主役の映画を続けてレンタルした。

「ミス・シェパードをお手本に」と「92歳のパリジェンヌ」
どちらも実話である。


「ミス・シェパードをお手本に」はイギリス映画で、主役は有名なマギー・スミス。
高級住宅街にワゴン車で寝泊まりしているホームレスが、路駐ができないということで、その街で暮らす作家が好意で自宅の前の駐車場に車を置くことを許可してしまう。
それほど長い期間のつもりはなかったのだが、この老女に振り回されながらも、14年間に及び最期はそのオンボロの車の中である。
頑固でプライドが高くかわいげのないおばあさんなのだが、どちらかというとコメディ仕立てではあるが、女優の演技力にも助けられて、私の中では心に残る映画になった。

公式サイトはこちら

「92歳のパリジェンヌ」はフランス映画。
92歳の誕生日に子供や孫の前で、2か月後に逝くことを宣言する。
老いてできないことを、メモに書き出していき、そういうことが増えていくたびに、絶望していく。
自分の人生は自分のもので、自分の最期は自分で決めるという固い決心の持ち主。
それをやり抜く。
だが、尊厳死を扱っているのに、私にはまったく感情移入のできない映画だった。


私も何歳まで生きるのかわからないが、私の母が寝たきりになった時に言っていた。
「私をよく見ておきなさいよ。あんたもこうなるのだから」と。
そういう母を意地が悪いなと思いながら、身をもって私に示し心構えを持つようにと、私に出された宿題なんだろうと思っている。
この主人公とは対極のところにいる。
母は老いを恐れながらも受け入れたから。
母は末期のがんだったから、延命処置は私が断った。
この映画の主人公のその信念の強さはさすがだと思いながらも、老いはあっても昔の恋人にも会いに行けて、経済的にも問題がなくて、うらやましい老後じゃないのと思うのは、母の最期を思い出したからかもしれない。

公式サイトはこちら。

余談だが、私が尊厳死について深く考えさせられた映画に「海を飛ぶ夢」という作品がある。
これも実話である。
10年以上も前の作品だが、秀作である。
ウキペディアで内容を読んでもらえればと思う。




老人が主人公の映画が続き、もう1本やはり老人が主人公の映画をレンタルしてみた。
これは実話ではなくサスペンス。
「手紙は憶えている」
面白かった。私好み。
公式サイトはこちら。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村







| ひとりごと | 00:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |