時を束ねて リボンをかけて

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

洗面所の棚を作り直した。

昨日は天気が良かったので、洗面所の棚に色を塗った。
引っ越してきたときに、棚がなくタオルを置く場所がなくて、取り急ぎベニヤで即席にタオルの置く場所を作った。
ベニヤを支える棚受けもベニヤのサイズに合ってなくて、それでもまあいいか‥誰かに見られるわけでもないし、ということでそのままにしていた。
しかしちょっと使いたい方法があって、それにはきちんとした棚受けで作り直したいと思った。

scan 2

まさにベニヤ。(笑)
いくら誰にも見られないと思っても、あまりにもひどいかも。(笑)

scan 4

取り外すとスッキリするが、不便。
この下に洗濯機があるから、動かすのも一苦労だった。
雨の日に力仕事だなんて、私らしくないと思いながら、洗濯機の下を掃除したりした。
窓の右側は猫の脱走防止柵。


塗料は本音を言えば白にしたかったが、わざわざこれだけのために新しく塗料を買うなんてそんな余裕はないので、郵便受けを作った時のモスグリーンの塗料がまだ残っていたので、これを使った。
昨日は天気が良かったので、ペンキ塗りも楽しくて、1日で乾いた。

今日は朝から雨だったから、DIYの気分ではなかったが、取り付けた。

scan 5


実はこの棚の下を、球根を乾かす場所にしたかった。
日陰の風通しの良いところに干すらしいのだが、その場所がみつからない。
それでお風呂場と洗面所はいつも窓を開けておくから、この場所しか思いつかなかった。
網の袋は、水切りネット。(笑)

scan 14


前の家の持ち主があちこちに植えていった球根は、掘り起こして一か所に植えたのは昨年。
それでも、今年の春になると、思いがけないところで芽が出たり、花が咲くまでその花が何かわからないという球根ばかりだったので、統一性がなかった。
今年は小さな畑を作ったから、狭い庭なので花を植える場所も限られていて、球根も芽が出ればいいが葉だけが出て結局は花が咲かないというものも多くて、もう一度堀起こすことにしたのだ。

小さい物、傷があるものや、球根の周り付いているおまけみたいな小さな球根も外して捨て、厳選した。
それでも、これだけあるのだ。

scan 16


球根は植えっぱなしでいいのだと思うが、その統一性のなさが我慢できない。
チューリップならチューリップだけドカンと一か所にあって、水仙なら水仙だけドカンと一か所にあって・・というのが好きなのだ。
あちこちにばらけているというのが好きではない。
ドカン、ドカンと大きなことを書いたが、ドカンと植えられる広さはないのが現実。(笑)

その狭い庭を、私好みの変えるのもまた楽しいと思えればいいけれど。
私の場合はまず、花の名前を知らないというのが、致命的なんだわ。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| DIY | 23:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |