時を束ねて リボンをかけて

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エプロンが私流のおしゃれなんだけれど。

朝から小雨。
でも、欲しいものがあったのでホームセンターへ。

いつもは屋外の隅のほうにあるのだが、外は雨だから、屋内に特価品の値下がりした品が置いてあるワゴンがあった。
屋内でも隅のほうだ。
一応、こういうものはチェックする。

何げなく値札の付け変えられている商品を手に取りながら見ていた。
すると、近くにいた人がではなく、かなり離れていた年配の女性が、まっすぐ私に近づいてくる。
その人と私の間には、レジもある。
レジを見向きもしないで、私に向かってきた。

何を言うのかと思ったら、
「枝なんかを結ぶ紐が欲しいんだって!」と言って、来た方向を指さした。
「ン?」
私が戸惑っていると、もう一度説明をする。

どうやら、向こうに枝と枝を結ぶ紐・・つまり園芸用品を欲しがって、探している人がいる。
その人が本人ではなく、誰か他の人が探せなくて困っている。
だから行ってあげて。
ということなのは、分かった。

二度も説明させてしまったが、私が言った。

「申し訳ないですが・・・・私・・ここの店員じゃないんです・・・」(笑)

あら~やだ~アハハ~
私も一緒に笑うしかない。
しかも、やだ~と言った時に、私の腕をたたくようなしぐさだから。(笑)


こういう人っていいなあ。
屈託がなくて、人が良くておっちょこちょい。
困っている人を見るとほおっておけないんだろうなあ。


レジを通り越して、私を店員だと思い込んだのは、エプロンのせいだと思う。
今日はモスグリーンの無地のエプロンだったから。
財布を持って、特価品をあさっていただけなんだけど。
私の格好が店員と似ているのかしら?と思ったら、みんな制服を着ていた。(笑)


これからは地味なエプロンはやめよう。
思いっきり派手目でいこうと思った。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 17:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |