時を束ねて リボンをかけて

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

出窓に猫の脱走防止柵を作る。DIY

暑かった。
何もする気がしない。

でも、どうしてもやらなきゃならないことがあった。
こんなに暑くなる前に作っておくべきだった。


出窓がある。

でまど1

ここは開けてない。
猫の脱走防止柵を作ってないからだ。
しかし、この窓が開くと開かないとでは、家の中の風の流れがまるで違う。
昨年は簡易で簡単に作った物で間に合わせたが、心もとない作りだった。
それで新たに作らなければならなくなった。


この出窓の雨戸は観音開きのような感じで開け閉めするので、それが脱走防止柵を作るうえでのネックになっていた。

材料は郵便受けを作った時のものと同じ。

厚さ1,9、幅8.9、長さ182㎝のワンバイフォー 1x4 SPF材を3枚。
1枚税込み200円で600円。
これを8,9センチの幅しかないのに、縦に3枚にカットしてもらった。
大体2.9センチくらいの幅になる。
機械の性能がよくないから、上手にカットできないかもしれないと言われたが、なんのなんの大満足。
これを同じ材質で、1本ずつ買えば1本が158円くらいする。
1枚200円のものを、3枚にするのが私が頭をひねったところ。(笑)
3枚の板が9本の板になった。
さらに60センチ幅でカットして予備も含めて18本作ってもらい、残りは182センチの長さのまま持ち帰った。
カット代は160円。
金具が97円が4個で388円。

合計1148円。

暑くてもやるしかないと、頑張った。
梯子のような形にした。
いかに安く上げるか、考えに考え抜いて(笑)これが一番の安上がりの作り方だと思った。



でまど2


出窓の上下にカーテンレールを避けて板を打ち付け、乗せただけ。

でまど3

四隅を金具で止めるようにした。

でまど4

雨戸を閉めるときは金具を外して、柵を外す。



レースのカーテンを内側にするか外側にするか、まあその時の風の流れで決めればいいかな。

590円で塗料は買ってあるので一気に塗装までやるつもりでいたが、今日はここまで。
塗装は外でしなくちゃならないし、家の中のほうがはるかに涼しくて、外に出る気がしない。
いつでもできるから、そのうちにやる。
たぶんそう言っていて、そのうちに夏が終わる。(笑)
お客さんの来ない家だから、その辺はどうでもいいのだ。


DIYは夏はやるもんじゃないと、いうのが教訓。
暑くて途中で嫌になったから。


この出窓を開けると、一気に風が入ってきて、気持ちがよかった。








にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| DIY | 23:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |