時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3時間。フル活動。

どうしても行かなきゃならない用事があって、前に住んでいたところに行ってきた。
片道3時間、往復6時間。滞在時間は3時間。
疲れたぁ。
高速を使わないのは、もちろんお金がもったいないからだけれど、高速よりも下道を走った方が、面白い物に出くわす。

手作りの小さな看板を道すがら見つけた。
ただのくい打ちされた白い板に黒い手書きの文字。
お店の名前もなくて、書いてあったのは「ピラフみたいなカニチャーハン」
ふ・・・ん。
「カニチャーハンみたいなピラフ」ではだめだったんだな・・・なんてことを考えながら走る。
食べたいとは全く思わないが。(笑)

昨年は何度も通った道だけれど、道路を変えたりして、余裕が出てきた。
だから、周りの景色やお店にも注意が行くようになった。


用事済んでから、両親のお墓参りをしてきた。
たぶん、お彼岸には行けないと思うので。

昨年まで車につけていたお守りも神社に納めて、新しく購入してきた。
社務所のベルを押してもなかなか出てこなかった。
やっと来たと思ったら、若くてイケメン。
心の中でおぉ~(笑)

「今日仏滅だけれど、お詣りしてもいいのかしら?」と聞いたら「問題ないですよ」と言う。
「お墓参りの帰りなんだけれど、いい?」と一応聞いた。
「大丈夫ですよ~。日本の神様は・・」と言ったところで、「寛大だものね」と私が引き継いだ。
「ええ」と言うので、お詣りしてきた。
ついでに、おみくじも。
「大吉」(笑)

猫の夕飯前には帰り着きたいと思うから、滞在時間はフル活動。
もう使うことのない銀行口座も、例え残高千円未満でも、もったいないので解約してきた。
どんな小さな金額でも、私には大金。

昨日は家の掃除を丁寧にした。
なぜなら、今日みたいな長距離のドライブは、何が起こるかわからない。
事故る可能性もあるから、そうなってから、一番最初に家に入るのは警察官かもしれないし、そういうことを想定するとどうしても汚部屋を見られるのは嫌だという心理が働くのだ。
考えてみれば、長距離ドライブでなくとも、いつどうなるかわからないのが人生なのだけれど。
私は兄弟たちが亡くなった年齢を越えてしまった。
みんな早かったから、たった一人残された私だけが長生きするとも思えないのだ。
だから、心つもり、心構えみたいなものは常に持っていると思っているけれど、そのわりには結構いいかげんな人間になっているかも。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 23:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT