時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雨にうたれて。

隣家の工事はまだ終わってないので、庭に入られず、私には珍しくプラプラと散歩に出かけた。
クローバーの群生している場所では、昔の私は四つ葉を見つけることが得意だったと思い出し、夢中で探したが見つからず。
本当にプラプラ。
先日買った花図鑑を持ってこないことを後悔するくらい、あちこちに名前の知らない花が咲いていた。

このところ肌寒くて籠っていたから、たまに散歩に出るのもいいものだと思った。
天気もまあまあだし、寒くはなかったし。
ところが、だんだん雲行きが怪しくなって、ポツポツと雨が降り出した。
ポツポツの時間が長かったので、そのうち止むだろうと思っていたが、いきなりの土砂降り。
慌てて走った。
30mくらい。(笑)
で、すぐにやめた。
走るなんてことを、長いことしていない。
急に走り出すほうが危ない。
転ぶかもしれないととっさに思ったのだ。

周りに雨宿りする場所はないし、こうなったら、じたばたしてもしょうがない。
いさぎよく雨に濡れよう!と思ったのだ。
これほどの土砂降りの雨に打たれるなんてことも、長い間経験してなかった。
そう思ったら、嬉しくなった。
ゆっくり歩き、雨に打たれ、上から下までビショビショになりながら家に帰った.。
雨に打たれていた時間は20分くらいだと思うが、実は面白かった。
笑い出したいくらいに。
子供のころは傘を持ってなくて、こんな経験何度もしていたはずなのに、いやあ・・本当に久しぶりの感覚。
私はよくよく単純なのだと再認識した。
ついてない、雨に打たれて・・久しぶりの散歩なのに…なんて発想にならないから、たぶん今、私は何とか生きていけている。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 21:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT