時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミニトマトの根性に期待する。

うちの畑・・というと、すごく広いと思われるけれど、タタミ2畳ほど。
そこに、ナス2本、ピーマン2本、ミニトマト2本、そして後からホームセンターに行った時に、値下がりして100円になっていた接木苗のこくうまトマトの苗1本が植えられている。
まさか、私が真面目にこれらの成長に興味を持つことになるとは思わなかった。
畑はしない、花は植えない。
何もない庭がいいと引っ越してきたときは思っていたのだから。
それがいざ苗を植えれば、やはり元は取りたい。
元以上に収穫できますようにと、すごく思う。
たとえ68円の苗であっても、失敗は嫌である。
今それそれ花が咲いてきている状態。


私はケチというより(いや、ケチなんだけれど)研究熱心である。(笑)
園芸本を読んでいると、ミニトマトのワキ枝かきということがあるのを知った。
下のほうの枝で横にヒョロヒョロ伸びている枝を切る。
これをほおっておくと、葉と葉が込み合って実のなりがが悪くなると書いてある。

で、切った。
すると、それが結構立派で捨てるにはもったいないような・・・・(笑)
これはこれで増やせるんじゃないだろうかと考えた。
そこでコップの水に差しておいた。
それから、ネットで調べると、ワキ枝ではなくわき芽で、ミニトマトは簡単に増やせるという記事が多い。
やたら増やしても植えるところはないのだけれど、増やせるのであれば増やしたい。

今日スーパーに行ってミニトマトを見たら、小さなカップに入っているだけで298円もする。
こんなに、高いのか~とびっくりしてしまった。
こんなに高いのなら、なおさら増やさねばと思ってしまった。

コップに入れていたわき枝は、今このような状態。

SN3U0046.jpg

しっかりと根が出ている。

SN3U0047.jpg

これは植えたら、育つだろうか?
まだ植えるには早いのだろうか?などと考えながら、根が出た状態を飾って楽しんで毎日見ている。
ミニトマトの成長しようという根性に期待しているのだ。(笑)

向かいの畑に通ってきているおじいさんが、植えたもの全部が成功するわけではないと言っていたことがある。
それでも、楽しいから家庭菜園をするのだろうけれど、私はそんな余裕はない。
私はマジで失敗したくないという、貧乏人根性丸出しだから。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 22:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT