時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コメ10キロ届く。

友達からお米10キロ、届いた。
かなり昔、お米が切れた時に、見透かしたように運よくコメが届いて、すごく喜んだことがあった。
それから、友達の気分で突然お米が送られてくる。

私は、コメにこだわりはない。
いつもスーパーの安いコメを買っている。
ただ、いつも5キロなのに、今回は10キロも送られてきたから、ビックリした。
驚いて電話を入れると、「当分大丈夫でしょ」と言われて、思わず吹いた。
私の耐乏生活をよくわかっている。

私からは年に一度、彼女の誕生日に合わせて、3000円分のフラワーギフト券を送っている。
自分のために花を買うってことが、最高の贅沢だと私は思うので、フラワーギフト券にしているのだ。
まあ・・仏壇の花を買ってもいいけれど。(笑)
封書で送れるから、高い送料は必要ないし。

私はできる限り、お返しをしあう関係は断ちたいと思っているのだが、これは断たない。
親戚などのお中元やお歳暮は、両親が亡くなってから、私から言い出してやめた。
付き合いもやめた。

私からのフラワーギフト券は年に一度。
彼女からの、お米は年に一度の時もあるし、二度の時もあるし、三度の時もある。
年に一度もないときもある。
お互いB型人間だから、その時の気分で、つまりはそれほどこういうことを重要視はしない。
受け取る側も送る側も。
とはいえもちろん感謝はしている。
私のほうが負担は少ないのだから。

お米はうれしい。

3,11の時、都市ガスと水道は止まったが、電気は大丈夫だった。
ガスは使えなくても、水を給水車のところまでもらいに行って、ご飯を炊飯器で炊くことはできた。
電気鍋も持っていたし冷蔵庫は機能していたから、スーパーは全く開かなかったが、冷凍庫のものや、備蓄品でまかなうことができて、私は炊き出しにも並ばず、弁当の支給にも並ばずに済んだ。
震災を経験した人は、それなりの考えはあるだろうし、家族構成なども関係してくるけれど、私の場合は一人だから、これからまた震災にあったら電気も止まることを考えて、現在、冷蔵庫、冷凍庫は満杯にはしていない。
その代わり、水と缶詰や乾麺などは揃えていて、カセットコンロも持った。
私の友達で、半年ほど他県の妹さんの家に避難していて戻った時に、プロパンガスが撤去されていた。
改めて取り付けてもらおうかと思ったが、お風呂は灯油だし、一人暮らしだからカセットコンロで間に合うと考えて、現在も調理はカセットコンロだけである。
カセットコンロは頼りになる。
私は成長期ではないし(笑)グルメではないし、肉は嫌いだし、普段から粗食だし、もし震災に再びあっても、ご飯さえ炊ける状況があれば、それほど、食に関しての不安は感じない。
なぜなら、アツアツの白いご飯の塩むすびが、あの極限の状況下ではいちばん美味しいものだと気が付いているからだ。
だから、お米がたっぷりあると、安心感が違う。
友達に感謝。



kome.jpg





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村







| ひとりごと | 23:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT