時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名札を付けようと思った。

今日は天気も悪くはなぜか肌寒くて、何もせずにぼんやり過ごしていた。
そうして猫たちを見ているうちに、ふと、これはまずいかも・・・という考えにとらわれた。
名札をつくらなければ・・。

この誰も私を知らない田舎町で、何も持たずに散歩に出て私に何かあったら、私の身元と家はなかなか判明しないだろう。
私の身元が判明しないということは、私だけに限ればそれはそれでいいのだけれど、私には猫がいる。
例えば、この田舎町は車が少ないから、半端なくスピードを出して誰もが走る。
友達にスーパーまで何分?と聞かれたときに、測ったら3分ちょいだったと言った。
近いねえと言われたので、いや、車が少なくて取り締まりしてないからスピード出すからだよ~と答えて、笑われた。

先日、私の前を走っている車がやけにノロノロ運転だった。
ノロノロ運転は別に構わないのだが、お尻を振っている。
つまり、自分では気がついていないだけで、蛇行運転になっているのだ。
酔っぱらっているのか?居眠りか?
警察に通報したほうがいいかな?と後ろを走りながら、思ったものだ。
田舎では車は必需品だから、田舎ほど高齢者が運転免許を返納するなんてことは考えないだろう。
そうやって、自分が事故を起こすことも心配だが、こういう車が日中走っているということは、歩いていても運転していても事故にあうということもある。
まあ、田舎・都会に区別なく事故にあう時はあうのだが。


車と家のキーは一緒にキーホルダーに付けてあるから、そのキーホルダーに名札をつけようと思ったのだ。
名前や住所や保険証の番号と、それから「家に猫がいます。私が24時間以内に家に帰れない状況だと判断されたら、家に行って猫にご飯をあげてください。」というようなことを書いておかなければと思ったのだ。
餓死させるわけにはいかない。
何しろ、飼い主に似て、いやしいから。
ただ、前の動物病院で、猫は2週間は水だけでも生きられると言われたけれど。
一人暮らしでペットを飼うということは、そこまで考えていいことだと、私は思った。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 23:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT