タダでもいらないものもある。

買い物から帰ってきたときに、向かいの畑に来ていた奥さんから、「きゅうり食べない?」と声をかけられた。
嫌な予感が的中。
キュウリは2本だけ買ってきたので、断ろうかと思ったら、「来てなかったから、大きくなりすぎちゃって~」と言われ、本当に大きなキュウリを渡された。

SN3U1612.jpg
左側が買ってきたキュウリ。右3本がいただいたキュウリ。
でかい!


種の部分を取って一夜漬けの素なんかでつけると、美味しいからというのである。
確かに美味しいかもしれない。
でも、おそらく自分でも食べきれず持て余すものを渡して、私に一夜漬けの素を買えと言いたいのだろうか?
そこまでして、このキュウリを食べたいとは思わないが。(笑)


私はいつも素直にタダでもらえるものはありがたいと思うが、今日は見ただけでうんざりした。
暑くて料理はしたくないと思っているので、よけい勘弁してほしいと思った。
キュウリを自分の畑で作らなかったことを、後悔した。
はっきり断る理由になったのに。


隣にも(90代の夫婦のほう)、通りすがりの人にも(顔見知りなんだろうけれど)私に言ったことと同じことを言って渡していた。
前に旦那さんのほうが、作っても食べるのは二人だけだからと言っていたけれど、それなら食べる分だけ作るか、近所の農家の人にももらえると言っていたのだから、頻繁に通えないんだから、ほったらかしでもいいものを作ればいいのにと思う。
そして、他人にあげるなら、やはりまともなものをあげるべきだ。

種の部分を取ってと言っていたけど、切ると種ばかりで、種をとると皮だけ。(笑)
とはいえ、捨てるわけにもいかないのでまともな部分を「かんたん酢」につけた。

SN3U1623.jpg












にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
[ 2017/07/12 22:08 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha



5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。


我が家の猫たちの日常。

こちら ⇩
本館 
猫の耳もとで今夜もひとりごと