時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会社の大小なんて、関係ないのよ。

昨日今日と曇っていたので、草むしりをした。
体中に虫よけスプレーをして、缶の蚊取り線香を焚き、アリやムカデやダンゴムシに効く殺虫剤を持って。
私の草むしりの三種の神器。(笑)

我が家の駐車場と目の前の道路との境界線に雑草が、ビッシリと生えていた。
通りを見回しても、ここまでひどいのは我が家だけなので、目立っていた。
雑草を鎌で切るというより、根っこごと抜くので、力仕事だ。


昨日、汗だくになりながらそれでも無心で雑草を抜いていると、若い男性が近づいてきた。
ファイルを持っていたから、営業マンだなとすぐに分かった。

「忙しいところすみません」と言うから「うん、忙しいのよ」と言った。
草むしりの手をやめないので、その男性も座り込んで、「ガスはどこの会社と契約しているのですか?」と聞いてきた。
○○○だけど・・・と契約している会社名を言うと、ファイルをパラパラめぐり、私に見せた。
○○○だと基本料金がこのくらいで契約していると思いますが、ここまで下がりますと言って数字を示した。


だけど、このくらい下がるという金額で、私は現在契約している。
それを言うと、もう少し下がりますと食い下がってきた。


引っ越してきたときに、不動産会社に紹介された私が契約している会社は、最初は高かった。
それで文句を言った。
私は別荘使用と思われたらしくそれで高かったのだが、定住だと言うと基本料金は下がった。
それから、冬にガスのファンヒーターを購入した時に、交渉して下がった。
ガスが自由化されて、また下がった。
3回下がって、ここまで下がりますと言っている金額になった。
このファイルを見せられて、この金額がボーダーラインだなと頭の中で思った。

まだ少し下がるというけれど、たぶん下がっても最大50円くらいか。
50円でも、年間600円だ。
600円はうちの猫たちの猫砂1袋分だから、大きい。
だけど、今のガス会社の担当者とは気が合うし、引っ越してきたときに、どこに何があるかというのをいろいろ教えてもらった。
実家にいたとき7匹の猫を飼っていたという猫好きなのも、気に入っている。(笑)
だから、ガス会社を変える気はないのだ。


その営業マンは、「うちは○○○と違って、大きい会社ですからね」と言った。
テレビCMも流しているから、大きい会社だなんて言われなくても分かっている。

手を止めてまっすぐ相手を見て言った。
「大きい会社ってさあ・・何か関係ある?」
えっ!というような顔をしている。
「会社の規模の大小は関係ないでしょ。営業マンがどのくらい誠実で感じがいいか、私が大事にしているのはそこだよ。
私は今の担当者に満足しているから、ガス会社は変える気はないの。」

分かりましたと言って立ち上がり、隣に向かった。
たぶん、心の中で、「このくそババア」なんて思っただろうけれど。(笑)


隣は私が契約しているガス会社とはまた別の会社だ。

耳を済ませたら聞こえてきた。
90過ぎてもカクシャクとしている御主人の声が。

「×××はここに来た時から使っている会社だ。ガスだけではなくいろいろ世話になっている。今更変える気はない!」


隣の使っている会社は、灯油も配達してくれる。
私も冬に、隣に配達しに来ているときに、ついでに頼んだ時が2回ほどある。
スタンドで売っているような料金にはならないけれどいいですか?と言われて、とても感じのいい会社だ。


都会なら、ためらいなくガス会社は変えることができると思う。
だけど、年寄りが多い田舎では、ガスの料金だけでは計れないものを重要視したりするのだ。


この牙城を崩したければ、会社の大きさを売りにしていてはダメだってことだわね。
ここは田舎だということを、まずは知らなきゃ。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村




| ひとりごと | 22:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT