時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不思議な縁で。

いろんなブログ友達がいる。
お会いしたことがなくても、メールだったり電話だったりで親しくさせてもらっている。
私に合わせてくれるのか、ガハハハッと笑いあえる人たちばかりだ。
誰もがそうかもしれないが、私と同じように心に痛みや寂しさや悲しみを持ち、それらを受け入れながらそれでも迷いながら悩みながら生きている。


そのブログ友達のひとりが、一人暮らしなのに大きな畑を借りて野菜を作っている。
彼女にとって、畑を耕し苗を育てる事が、趣味・道楽・修行?だそうだ。
本業は物を作る人。
ひとくくりで言えば芸術家。
作った野菜は親戚やら近所の人に配ってもまだ余って、結局は食べきれず捨てるようになると知った。


それで、私から言った。
送って~(笑)
着払いで送ってもらい、お返しはなしという提案をしたのだ。
その話に乗ってくれた。
昨日送ってくれて、今日の午前中には着いた。

彼女も、送料以上のものを送らねばと思ったようで、あまりの野菜の種類の多さにびっくり!!

SN3U1791.jpg

mini_170801_20560001.jpg



枝豆、玉ねぎ、ジャガイモ、かぼちゃ、トウモロコシ、キュウリ、ゴーヤ、サニーレタス、ニンニク、エンドウ豆、ピーマンそしてトマト。
トマトは私のブログを読んでなかったようで、送った後に読んで、トマトを送ってしまったなんて言っていた。(笑)
ピーマンは私は上手にできなくて、まだ2個しか収穫してないから、送ってもらってラッキーだった。
枝豆は冷凍食品以外で食べたのは何年ぶりだろうと思った。
枝豆とトウモロコシをお腹いっぱい食べて、それでもたくさんあるから軽くゆでて冷凍した。

これが元払いで送料をかけて送ってもらったなら、お返しをしなくちゃといくら私でも考えたと思う。
そういうことが、私は面倒なのだ。
お返しが礼儀だと考える人が普通なのかもしれないが、私はお返しを何にしよう・・・まずそこから考えること自体、面倒だ。

彼女も、近所の人にあげてお返しされると、次はあげないと考える人だから、私の提案を受けてくれたのだと思う。
彼女の近所の人で、彼女が野菜を作っていると知っていても、どっさり野菜をくれる人がいるようで、もらう人の気の重さはわかっている。
お返し・・・これは難しいのだね。

畑からとってきて段ボールに詰めて運送会社に持ち込むという手間はかけてしまう申し訳なさはあるけれど、こんなにたくさんもらっても着払いだからという気楽さが私にはある。
私に食べられるなんて、なんと幸せな野菜なんだろうと思う。(笑)

不思議な縁でブログ友達が存在しているが、いつかお会いしたい人ばかり。
猫たちを育て上げるまで待っていてね。
いつか会いにゆきます。(笑)





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 22:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT