時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

反射神経が衰えている。(笑)

スーパーに牛乳と玉子を買いに行ったら、すごい人で、駐車場も他県ナンバーの車がいっぱい。
そして、スーパーのカゴにもどなたも大量の買い物。
お正月やお盆は、どこのお宅でも一大イベントなのだろうから、もうそういう光景に驚かなくなった。
牛乳と玉子だけを持って、長い列のレジに並ぶ私を誰も気にしてないが、客観的に自分を見ると、かなりわびしく見える。(笑)
それを恥だとは、もちろん思っていない。


昨日、階段から落ちた。
落ちたというより足を踏み外した。
つんのめったという言葉は、方言ではないと思うが、通じるだろうか?
錯覚して一番下の段を抜かして降りてしまった。
階段下に愛猫がいて、その仔に話しかけようとしたときに、まだ下に1段あることに気が付かず、飛び越えて降りてしまった。
どういうふうに落ちたのかよくわからないが、体がたたきつけられた。

うわ~やっちまった。
どこか骨が折れてたりヒビが入っていたりしたらどうしようと倒れたまま考えたが、立ち上がるとどこも痛くない。
ただ、左の膝にあざがあることに後で気が付いた。
あざはそれだけ。
痛みは全くない。
フローリングの上に左ひざを最初に着いて倒れたということだ。
手をつかなかったということは、老化現象か。
反射神経のいい人なら、まず手を着いて体をかばう姿勢になると思うが、万歳していたからなあ。
フローリングは硬いから、痛みがなかっただけでも幸い。


前の家でも階段の4.5段から足を滑らせて落ちたときがある。
その時に、つくづく思ったはずだ。
猫は役に立たない。(笑)
携帯を常に肌身離さず持っていなければ、何かあった時に、一人暮らしはどうしようもない。
まして今は、前の家の状況とは違って、知り合いもいない町に住んでいる。
119番にすぐ繋がる状態にしておかなければ・・・。

今回も大事にならずに済んでよかった。
例えば打ちどころが悪かったり、どこか痛みがあって動けなかったら大変だった。
気を付けなければ。

と言いながら、のど元過ぎれば・・・で、すぐにそういう思いが消えてしまう。
なるようにしかならないという考えが、まあ、私の生き方の基本姿勢だからなあ。
そんな考えが崩壊してあたふたするのは、案外近いのかもしれないが。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| 未分類 | 22:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT