時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家庭菜園の難しさを知る。

今年、ナスやピーマンやミニトマトと植えたときは、とらぬ狸の・・であったが、天候がおかしい日が1か月も続いたから、収穫はほとんどなかった。
ミニトマトも最初はものすごい量だったが、すぐに撃沈。

隣の御主人が、風が強いからここは根菜しか植えられないと言っていたが、それもあるが、とにかく今年は天気がダメだった。
晴れの日が少なかったから。
今やっと、ナスやピーマンが花盛り。
ミニトマトは1本だけ残して後は処分。

家庭菜園の難しさを知った。


それでもスペースが少しだけあるので、ブロッコリーを植えたいと思った。
ホームセンターで、かなり売れている。
苗が小さかったので、店員さんにこのまま植えても大丈夫かを聞くと、寒冷紗(かんれいしゃ)というものを上から被せると教えられた。
店内でそれを見ていると、いろいろな種類があって、防虫ネットと寒冷紗の違いがイマイチよくわからない。
そもそも、こういうものを使うときはよく畑などにあるアーチ型の支柱が必要となるのではないだろうか?
そこまで本格的なことをする根性もスペースもないのだが。
その場に、詳しそうな中年の男性がいたので、そのことを聞いてみた。

「何を植えるの?」
ブロッコリーです。

「ブロッコリーはアオムシがつくよ。アオムシ見たことある?」
アオムシですか?う・・・ん、アオムシ…アオムシ・・・青い虫?
「いや、色は緑色。キャベツによくつくけど」
苦笑している。
いや、あきれている。(笑)

それで思い出した。
キャベツを買った時に、緑色の虫がついていた時が一度だけある。
あれか!!

ちょっとだけ作るのであれば本格的なアーチ型の支柱なんていらなくて、棒を立てて寒冷紗を被せて四隅をその棒に縛るといいと教えてくれた。
それはいいアイデアですねと喜んだ。

そこでまた、アオムシの話に戻った。
「毎日、毎日、アオムシを取らなきゃならないよ」と言うのだ。

取ったものはどうするんですか?
笑いながら、「踏みつぶすんだよ」と言われた。
ああ・・そうですよね。

なんだか私が自分でバカに思えてくる。
そこで、私はもしかしたらブロッコリーを作るだなんて、難しいことに挑戦しようとしているような気がしてきた。
私のようなド素人には無理かもしれない。

その人もそう言いたいのだと思った。
ド素人は見抜かれただろうし、虫が苦手なように最初から見抜かれていた。
だから、ちょっとブロッコリーは私は作るかどうか考える時間が必要ですねと言ったら「うん」と言われた。(笑)



私は確実に元を取りたいという気持ちが強いから、家庭菜園を楽しめないのかもしれない。


空いているスペースに何を植えるか思案中。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村









| ひとりごと | 21:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT