時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢を見た。

家が火事になる夢をみた。
その家が、今の家でも、前住んでいた家でもない。
どこだかわからないが、猫がいて、必死にキャリーに詰め込んでは運び出すことを繰り返している。
今いる猫が出てきたのは1匹だけ。
昔亡くなった猫が1匹出てきた。
あとは、夢の中ではたぶん自分の猫なんだろうけれど、知らない猫だ。
猫ブログを見たりしているから、よそのお宅の猫が出てきたりするのだろうか。
これはよくわからない。
何しろ夢だから。
天井が真っ赤で、火の粉がパラパラ降ってきて今にも落ちそうだという状態なのだが、その中で必死に何度も猫を運ぶという夢だ。
猫が逃げ出さなくて、キャリーに入れられるのを待っているという、私には都合のいい夢だった。
そして、助かった~みんな無事だ~という夢。


火事の夢は縁起がいいと聞いたことがあるが、大金でも転がり込むのだろうか?
宝くじが当たるとか?
買ってないから買ったほうがいいかも・・と思ったが、宝くじを売っている場所が遠い。
風邪をひいて体調が悪いから、こんな夢をみたのかもしれないが、まあ・・・猫が死んで泣き叫んでいる夢でなくてよかった。
助かって安どしている夢だったから。

久々に生々しい夢で覚えていたことが不思議。
夢はしょっちゅう見るが、起きたら忘れているというのがほとんどで、こんなに覚えているのは朝方に見た夢だったからかもしれない。
夢に出てきた家が今の家ではないにしろ、家が焼けるなんて夢はみないほうがいいに決まっっているが、あの家はどこの家なんだろう?
前世で住んでいたのかな?




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村




| 未分類 | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT