時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

値引き品に弱い私。

買い物に行くと、スーパーでもホームセンターでもまずは値引き品のワゴンをチェックする。
意外と掘り出し物は多い。

昨日のスーパーではジャムとはちみつ。

SN3U0919.jpg

私はいまだ老眼ではないから、賞味期限もしっかりチェックする。
サン・ダルフォーのブルーベリージャムは2個、賞味期限は2019年9月。
カシスのジャムは1個、賞味期限は2019年6月。
ブライトザマーのアカシアハニーは2020年7月。
頭の中で、ええっと今は何年?2018年?
お~これは買いだ!
という感じ。

ただ蜂蜜はかなり迷った。
蜂蜜は前の家に住んでいた時から、JAで花を卸していた人が育てていた蜂蜜を購入していた。
熱を加えてない、生蜂蜜。
ここに引っ越してきてからは、生蜂蜜は手に入らない。
それでオークションで国産品を落札している。
生蜂蜜に慣れてしまうと、加熱している蜂蜜は美味しいけれど栄養面で生蜂蜜にかなわないような気がする。
1キロの瓶詰を、煮沸した小瓶に移し替えて使っている。
蜂蜜は一度固まると氷とは違って自然にとけるということはないことを、私は知らなかった。
それを教えてくれたのも、いつも落札している生産者の人で、私は固まったときの温度に注意して湯煎する苦労を知っているから、小瓶に移したものだけを出しておいて、残りはプチプチに包んで棚の奥に入れておく。
だから、蜂蜜は常に常備しているのでこの蜂蜜を買うか買わないか迷ってしまったのだ。

とはいえ、容器が可愛い。
で買った。
これは、浪費か?贅沢か?
こういう時だけ貧乏人であることを忘れる。(笑)


ちなみにパンはホームベーカリーで作っている。
3食のうち、唯一贅沢をするのは朝食のような気がする。
3食のうち時間をかけて食べるのも朝食だけ。

ところで、ワゴンの中にあったジャムと蜂蜜の値下がりした価格はこれ。
これなら買いだと自分に言い聞かせる。(笑)

SN3U0918.jpg




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT