レンギョウが咲いている。

我が家の裏は休耕田なのだが、間を区切るファエンスが立っている。
家からフェンスまでは1メートルくらいだが、浄化槽があるし家の裏側に行くことはあまりない。
しかし、前の家の持ち主はどんな狭いところにも、木や球根を植えているので、たまたま見るとレンギョウの花が咲いていた。

SN3U0963.jpg

レンギョウの花といっても、見つけた時は花の名前は知らなかった。
昨年のオオデマリとまったく同じパターン。
これは何?ということで、花のというか低木の名前を知るためにホームセンターへ。

前の家の持ち主は車ではなく自転車を使っていたので、遠くのホームセンターには行かないだろうし、一番近くのホームセンターでこれらの木々は購入しているはずだから、咲いている時期にそこに行けは売っていると思っているのだ。
案の定、売っていた。
そこでレンギョウという名前を知ったのだ。
去年のオオデマリも初めて知った名前だが、レンギョウも初めて知った。
そのくらい、私は木や花の名前に疎いのだ。
昨年も咲いていたはずだが、記憶がないのは、見ていないのだと思う。
見ないうちに散ったのだ。
まだ名前の知らない低木が芽吹いているものもある。
引っ越してきて2年もたつのに、自分の家の庭の木の名前が覚えられないなんて、頭が悪いのだろうか?
実は自分で植えたものではないから、イマイチ興味も薄いのだ。
前の持ち主の好みなんだろうから、よけいに。(笑)


ホームセンターで値引き品あさり。
ゴム製の手袋。
10双で400円。

SN3U0971.jpg

軍手は隙間から虫が入りそうだから嫌いなので、100均のビニールの手袋をして雑草取りをしていたけれど、これなら丈夫だし使いやすいと思った。
私って、こういう値引き品を見つけるのが本当に好きだなと思う。
これもまた、私の素朴なささやかな楽しみのひとつでもある。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/03/30 23:48 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha



5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。


我が家の猫たちの日常。

こちら ⇩
本館 
猫の耳もとで今夜もひとりごと