時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レンタルDVDは私向きだと思うようになった。

先日、偶然付けたテレビ番組でのこと。
マツコの番組だったと思うが、一人の男性が取り上げられて、その人のことは知らないのだが、その人が昨年の観た映画でNO,1に挙げた映画が、「女神の見えざる手」だった。
ちょうど、レンタル開始になるところだったので、宅配レンタルに申し込んでいたら運よく配送された。

いやあ・・面白い映画だった。
NO,1に挙げるのも分かるような気がする。
あのマツコの番組を偶然観なかったら、この映画のことを知らないままだったかもと思うとぞっとする。

絶対友達になりたくないタイプの女性が主人公だったが、またえらく素敵。
性格は破たんしていそうだが、先の先を読むロビイストとしては優秀で、映画はよくできている。

これは映画館で観るより、レンタルDVDでよかった。
何しろ、途中で戻さなければ意味不明となる場面があって、映画館で観たら解釈に苦労していたと思う。
映画館のない田舎町に住んでいると、私にとってはレンタルDVDは絶対に必要なもので、しかも年齢のせいか理解力も落ちているので、ん?と思ったところは戻せるから私向きだなと思うようになった。






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 21:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT