時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドウダンツツジを探して。

SN3U1011.jpg

家の裏に咲いた、これは「ドウダンツツジ」
花に無知の私には、当然のことながら、そういう名前だとは知らなかった

ひとつひとつの花が小さくてスズランのような形をしている。
可憐でかわいらしい。

私は中古本だが簡易的な花の図鑑と木の図鑑は手に入れている。
それで調べても、さっぱり名前はわからない。
B5サイズの本だから、紹介されている写真も小さくて、みつけだせない。

ネットで検索キーワードをいろいろ変えて調べてもヒットしなかった。

ということで、ホームセンターへ。
それでも、売ってない。
どうしてないのだろう?
と思ったら、ホームセンターの外壁に、いろいろな樹木の写真が飾られてあって、その中から見つけ出した。

「ドウダンツツジ」というのか~。

家に戻って、自分の木の本で調べるとちゃんと載っている。
そして、ツツジ科の種類の多いことに驚いてしまった。

まあ私は植物学者になるつもりはないので(笑)、せめて自分の家の庭にあるものの名前くらいは知らなきゃ~という程度の考えだから、またひとつ勉強になりました!!というくらいで満足。

庭には小さな背丈の枝垂桜が満開。
水仙は終わったけれど、チューリップも咲いている。
家の中から庭の花を見て、ちょっと嬉しいというささやかな喜びを大切にしようと思う。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT