時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カボチャ1個に戸惑う。



近所の家庭菜園をしている人から、カボチャをいただいた。
直径25センチくらいのもの1個。

カボチャの皮は緑色だと思っていたが、このカボチャは色が薄い。
ネットで調べると「雪化粧」という品種だった。
そして、結構な値段だ。

うれしい・・と思ったが、私は1個まるごとカボチャを買ったことがない。
4分の1でも、まず買わない。
カボチャの煮つけの惣菜も買わない。
カボチャ料理は煮つけと天ぷらくらいしか知らない。
だから、正直言えば戸惑った。
1個っていうものに。


スーパーで買うお弁当で、ちょうどいいスペースがあったので、かぼちゃの煮つけで埋めてみました~なんて量で、私は満足なのだ。
カボチャって好きな人は好きなんだろうなあ・・・。

一応少し煮つけてみた。
しかしやはり量は食べられない。
2,3日続いたら、2,3ヵ月は食べなくてもいいかも。。

これはカボチャスープにした方がいいと思い、クックパットで調べると、美味しそうなものがたくさん出てくる。
玉ねぎもバターもコンソメも牛乳もある。
明日は、このカボチャをカボチャのポタージュにして、大量に作り冷凍しよう。

私は、ブログ村の「ささやかな暮らし」にエントリーしているが、本当は「貧乏・生活苦」のカテゴリー向きだと常日頃から思っている。
お金はかけず手間をかける。
食材は大事に使う。

勤めていた時は忙しくて簡単な料理しか(つまり手抜き料理のことだが)作らなかったけれど、このごろやっと料理をする楽しさがわかってきた。
と同時に、上手な手の抜き方も分かってきた。
今更なんだけれど。

SN3U0998.jpg

SN3U1000.jpg

| ひとりごと | 21:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT