時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「一人暮らしだと寂しいでしょ?」


先日、携帯に続けて3回着信があったのに、気がつかず慌てた。
友達からだが、何かあったのか!と思ったが、最後の留守電を聞いたら、何かあったのかと思われたのは私の方だった。
私はスマホではなくガラケーなのだが、ついつい放置しておいて、電話でもメールでも気がつかないことが多い。
電話を入れると、「電話に出ないから、倒れているんじゃないかと心配した」と言われた。
ありがたいことだ。
お互い一人暮らしだから、倒れたらそれまでだけど。

逆のこともあった。
別の一人暮らし友達だが、やはり何度電話しても出ない。
倒れているんじゃないか・・・と、同じように思ったことがある。
どうしようか・・・その友達の市の警察に電話して安否確認をしてもらおうか・・・ずいぶん考えた。
そうしたら、やはり気がつかなかったと電話があった。

友人達も私も、一人暮らしだからこそ、倒れたらそれまでという覚悟は案外できている。


昨日、洗濯物を干していたら、散歩中なのか、どこかの奥さんに声をかけられた。
「奥さんは一人で暮らしているの?」と聞かれた。
そうですと答えると、
「旦那さんは?」
いません
「子供さんは?」 
 います
「子供さんは時々来るの?」
来ません
・・・・・・・・
そっ気ない返事を返していたら、お決まりの言葉。
「一人暮らしだと寂しいでしょ?」
ちょっと笑ってしまった。
それには答えないで、次の質問を待って顔を見つめたら、困ったような顔をして「でも、一人暮らしって気楽だわね」だと。(笑)
そう言ってやっと離れた。


息子は私の今の住所を知らない。
教えてないから。
だからといって息子と仲が悪いのかというとそうではない。
これは説明が難しいから、まあそのうち書こう。


言ってみれば私は天涯孤独の身の上と同じである。
親もいないし、兄弟は皆早世でいないし,親戚付き合いもしてないし。
寂しいでしょ?と聞かれて、「そうです寂しいです」と相手が望んでいる答えを言うのは簡単だけれど、そう言って変に同情されてなつかれても困る。
寂しくないですよと答えて強がっていると勘ぐられても、面倒くさい。
曖昧に笑っているのが、一番いい答えだと私は思っている。

一人暮らしの寂しさは、人それぞれ。
大人数で暮らしている人でも寂しいと思いながら暮らしている人もいるだろうし。


寂しい寂しいと、それだけにとらわれて暮らしていても一生。
お金はないけど、何とかまあまあ自由に暮らせて幸せと思って暮らすのも一生。
私は後者の道を行くことにしている。
私の友人たちと同じように。



にほんブログ村


| ひとりごと | 23:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT