時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私は寒さに鈍感なのか?

今日の午前中にガスファンヒーターの工事をしてもらった。

工事の人は家に入ったときに、やはり猫トイレに気づき、「猫を飼っているんですか?何匹?」と聞いてきた。
猫トイレを見て、何匹飼っているかを気にする人ってあまりいない。
普通は1匹だと思うから。
1匹亡くなったばかりで、今は4匹と答えると、その人の家では8匹飼っているということだった。
うちは猫屋敷だから~と笑っていたが、ここにもいた、猫好きが。

工事時間は2時間を切るくらい。
私は、工事する人の工具に興味がある人間なので、側でずって見ていた。
そしていろいろ質問する。
ガス管は昔は鉄管だったけれど、現在は自由に曲げることできて軽くて錆びない。
このガス管を始めて見た時は衝撃だった。
これで漏れないんだろうかと思った。

・・・・なんて話を聞くのが好きなのだ。

工事が終わって、ガス屋のお兄さんに使い方の説明をしてもらった。
夏は使わないのでワンタッチで外して、仕舞うことができる。
軽い。
スイッチを入れると現在の室温が表示される。
15℃。

「全然寒くないね」
「寒くないんですか?」
「寒くないよ」
「ええっ!!!僕はすごく寒いですよ~」
「え~寒いの?私は余裕だけど~」
なんて言葉を交わした。
私は寒さに鈍感なのだろうか?
だけど、若いくせに、このくらいで寒いなんて言っているんじゃない!!!

私の場合、15℃くらいでは暖房を必要ないのだと知った。。
前に2階の自分の部屋が13℃ということがあった。
その時は寒いと思ったので、エアコンを入れた。
だけどだんだん暑くなってて気持ち悪くなった。
その時の室温が20℃。
それを考えると、15℃以下では暖房を入れるが、20℃を超えると暑くて気持ち悪くなるから、18℃くらいで止めると決めた。

昔、両親に、暖房をケチって病気にでもなったら困るんだから、どんどん暖房を入れた方がいいと言っていたのに、今の私は節約することに力を注いでいる。(笑)


外気温や着ているものによっても違うのだろうが、人は室温が何度までなら寒さに耐えられるのだろうか?
これすごく興味がある。
今日は私は一番下がタンクトップ。
ブラはつけない主義。
その上に、長袖のTシャツ。
首にスカーフを外から見えないように巻いている。
そしてフリースの割烹着。
下はスキニーのジーンズに厚手の靴下。
ボロのベストはさすがに人前では着ない。(笑)
そのくらいで、15℃で平気なら、もっと厚着をすれば、結構寒さに耐えられるのかもしれない。
そもそも、室温をあまりにも温かくしていたら、部屋から出たらヒートショックを起こさないだろうか?
そっちの方が、私は心配だけれど。


食費の節約もそうだが、光熱費の節約も私の課題。
プロパンガスっていうのが初めての経験だから、どのくらいかかるのか見当もつかないから、節約といってもどうするか悩む。
とりあえずガス屋さんに、どさくさに紛れて、ガス料金を下げるように言って、下げさした。(笑)


SN3U0003.jpg





にほんブログ村







| ひとりごと | 21:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT