時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢の中にいる場合じゃなかった。

昨日のブログのUPとは一転した。
今朝の緊急地震速報。
携帯が音を出した時は、すでに揺れていた。
がばっと飛び起きたが、揺れながら呆然としてしまった。
まさか東日本大震災の余震だとは、まったく誰も思わなかったと思う。
まだ、続ていたのか。
5年半が過ぎているというのに。


猫たちの方が、学んでいる。
3,11以降、弱い地震だと動じないが、揺れがすごいとベットの下に潜り込む癖がついているから。


のんびり生きていることなんて、できないのかもしれない。
悪夢再びって感じで、現実を知った。
何処にいても、いつ何が起きるかわからないということだ。
夢の中にいる訳にはいかないということなのかもしれない。

のど元過ぎれば‥ではダメなのだ。

今日のスーパーの売り出しに2ℓのペットボトル6本の箱入りが税込312円だった。
これは買いだめしなきゃと思い、売り切れる前にと思って、早めにスーパーに行ったら、水の前には誰もいない。
売れてないんだけれど。
え~・・・水の確保は大事でしょうよ~と思ったが、そもそもどなたも普通の買物風景。
もしかして、どこのお宅もそういう準備はすでにしてあるのだろうか。


そして、地場野菜のコーナーで、野菜を棚に並べている人とお客さんが話しているところを通りかかったら、なんと、前日までの長ネギは回収するからと無料でもらっていた。
その奥さんが、ただでいいというのよ~と私にいうので、すかさず私も欲しいと言った。
こういうところは抜け目なく。(笑)
すると、生産者の名前が入った145円の値札が付いたネギを2把渡してくれて、回収品を無料でもらったからとレジで言ってねと言われた。
その奥さんは、生産者のその人に悪いと思ったのか、棚に新しく並べられたインゲンを籠に入れていた。
私は割り切って、ありがとうごさいます!とはっきりお礼を言ってその場を離れた。
昔の私だったら、その奥さんのように気を使っていたかもしれないが、今は貧乏人。
ラッキーと思って、割り切れる。(笑)



これから1週間は予断を許さない大きな地震が来るかもしれないとニュースで言っていたから、一応覚悟をした。
猫たちの折り畳み式のケージは組み立てて猫部屋に置いておくことにした。
猫のフードと、私の食料の籠城しても過ごせるだけの準備。
車中泊になったときのための猫砂とトイレの準備。
3,11の時のあの混乱を過ごしてきたし、頼れる人はいないのだから、いざとなったらの腹は座っている(つもり)。
どこで暮らしても、猫連れ一匹オオカミだから私は。
(●`・ω・´●)ノ



にほんブログ村


にほんブログ村





| ひとりごと | 22:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT