時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

帽子を被ることにした。

帽子を被りたいと思った。
髪を染めるのが面倒だから、出かけるときは冬はウイッグにしているのだけれど、だんだんそういうことも面倒になってしまう。
帽子はどうだろうか。
簡単だし暖かい。

友達から電話が来た時にその話をしたら、帽子とマスクをすれば、スッピンでも買物は大丈夫だと言う。
うわ~楽そう・・・と思った。(笑)
この友達は少しお姉さまなだけなのに、生活の知恵をたくさん持っている。
「帽子は、洗濯機でジャブジャブ洗えるものがいいよ。加齢臭が帽子を被っているとすぐにわかるから。」
と言われた。
帽子を脱いで帽子のにおいを嗅ぐと加齢臭が分かると言っていた。

今日、し○むらで買ってきた。
毛糸の帽子で980円。
ボンボンはてっぺんじゃなくて、左側に小さいのが二個ついている。
自分で言うのもなんだが、とても似合っている。
自画自賛。(笑)
この田舎町は、大型スーパーはないしショッピングセンターもないし、衣料品店はし○むらしかないような気がする。
若い子や、本当におしゃれな人は隣の市まで足をのばすのかもしれない。

貧乏人は帽子一つでも失敗はしたくないから、何度もいろいろ試着した。
結構面白かった。
絶対買わないと自分で分かっているものも、試着してみた。
ふと、友達の言っていた頭の加齢臭が気になって、試着するたび帽子のにおいを嗅ぐ始末だ。(笑)


知っている人がいないという安心感が強くて、だんだん、おしゃれをするというところから離れていく。
おしゃれよりも、手抜きのシンプルというほうに力が入る。
「年取ったら見た目の清潔感が大事。清潔ならいいんだよ」という友達の言葉が心強い。



にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT