時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今よりホンのちょっとだけ都会へ。

2週間くらい前から、車のハンドルを切るとキュルルとすごい音がするようになっていた。
わざわざ、セルフではない、ガソリンスタンドに行ってガソリンを入れ、聞いてみた。
それはたぶん・・カクカクジカジカだと思うので、ディーラーに行った方がいいと言われた。
この市にはないので○○市です、と言われた。
確かに私の住んでいる市には、トヨタや日産の看板は見たが、私の車の会社はない。
○○市というのは、隣の市のさらに隣の市。

昨日行ってきた。
それでも1時間くらいか。
着いたときは12時ちょっと過ぎ。
受付に誰もいない。
歩いている社員らしき人に声をかけたら、お昼時間だと言われた。
すごい会社だな。
一斉に休むのか。
そもそも休憩時間に新車を見に来る人もいるかもしれないのに、なんて態度が悪いんだ。

それでも奥に行って話したらしく、人が出てきた。
そして、車の調子の悪いところを説明して、車を動かしてみてくれた。
動かして10秒もかからず、悪いところ発見。
さすがプロ。
ガソリンスタンドで、カクカクジカジカ言っていた場所とは全く違う。(笑)
パワステのベルトだった。

で、やはり1時までは休憩時間で、でも1時から予約が入っているとのこと。
ほんと、頭に来るくらい感じが悪い。
ディーラーなのに修理の人間は一人だけなのか。
こんな感じの悪いディーラーは初めてだ。
もしかしたら、他県ナンバーだしお客にはならないと思われたのか。
なにしろ10年乗っている車だし、新車に買い替えそうもないお客だと見られたかも。
その通りで、走行距離はまだ54000キロだから、あと10年は乗る。
乗り潰すつもり。


店内で待っているように言われたが、車を置いたまま、私もお昼を食べに行った。
その時も、ゆっくり戻って来るように言われた。
さすがにここまで感じが悪いと、あきれて笑うしかない。
1時間以上も時間を潰さなければならず、近くのステーキハウスが、がら空きだったのでそこにした。
私は肉は食べないのだが、ハンバーグは食べられる。
ランチのハンバーグを食べてから、ぶらぶらと歩いた。
ウインドウショッピングをした。

初めての町にいると、心がウキウキする。
引越してきた今の町も知らない町だが、束の間の通り過ぎるだけの町なら、今住んでいる田舎町より少しだけ都会の方がいい。
それは旅行でなくてもいいわけだし、安上がりの気分転換になる。
私のような根っからの放浪癖のある人間にとっては、こういうことでも幸せなことだ。
自分の行動範囲が同じところだと安心する人がいるように、私のように知らない町にいると、嬉しくなる人もいる。


時間を潰して戻ると修理は終わっていた。
パワステのベルト交換だから、時間はかからなかったはずだ。
5270円。いたい。

昨日の夕食は、お昼に918円も使ってしまったので、簡単にネギを入れただけのうどん。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 21:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT