時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私は根が単純だから。

私の家の猫の最年長は現在15歳。
本当の年は知らないのだ。
成猫で保護したから。
15歳を過ぎていることは確かなだけ。
もうすっかり、足が弱り、がに股になって、俊敏性はなくなった。
この猫のご飯が、準療法食で、2キロで送料も含めると1袋3000円くらいする。
ちなみに、飼い主の私の米は2キロで780円くらい。(笑)

いつもは、ネットショッピングなのだが、先日ふとヤフオクを見た。
出品されているではないか!!
しかも、2袋で3500円即決。
送料は一律540円。
2袋で送料入れてもポイントも少し残っているから、この価格は安い。
ということで即決で落札した。
なんてついているのだろうと思った。

次の日の朝、携帯が鳴った。
見たことのない番号。
出品者の○○です~と若い女性の声。
それがすごく感じがよかったので、どうもどうもおはようございます~というところから話が始まった。
11歳以上のパウチ(缶詰ではなくレトルトのようなもの)があるので、食べるなら同封するというのだ。
パウチはうちの猫たちは大好きなのだが、値段が高くて頻繁には食べさせることができない。
クリスマスとかお正月、2月22日の猫の日とか、私がなんとなく機嫌のいい日に(笑)食べさせている。
だから、即答。
頂きます!!(笑)

去年2匹亡くして今年2匹亡くしている人で、私も去年1匹亡くして今年1匹亡くしているという話とか、お互いの猫の話になった。

長年オークションに参加しているが、今まで一度も電話がかかってきたこともないし、かけたこともない。
実に事務的に取引は終了するので。
だから、今回初めての経験だった。
とても感じのいい人だった。

その次の日、商品が届いた。
パウチ10袋同封されていた。
こういうことはちょっとありえない。
この10袋を出品しても落札されたと思うし、有難かった。

ヤフオクは出品数だけでは4000万を超えているらしいが、それだけ出品者の数もすごいということだ。
その中からこういう出品者に出会うということはほぼないといえる。
それだけに、嬉しかった。


単純かな。(笑)
私は根が単純な人間だから、どんなことに対しても、他人からみたら取るに足りない些細なことが、嬉しいと感じるような人生を送りたいと思っているのだけれど。




にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT