時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本人でよかった。

昨日の夜、テレビでニュースを見て「えっ」と思った。
韓国のトランプ大統領を迎えての晩餐会の、ドクトえびと元従軍慰安婦の招待に。
いやはや、なんて大人げない国なんだろうと苦笑して、ドン引き。


今日の朝のテレビでもっと驚いたことがあった。
それは韓国はトランプ大統領を「国賓」として迎えていることだった。
国賓だよ、国賓。
元従軍慰安婦とハグしている写真も見たが、映像も見た。
元従軍慰安婦とハグしている写真は全世界に流されたが、写真ではわからないが映像では、元従軍慰安婦のほうからハグを求めている。
これにもドン引き。
え~・・・だって国賓でしょ。


日本はトランプ大統領を国賓として迎えたわけではない。
もちろん待遇は国賓級だったけれど。
オバマ大統領だって3回目で国賓として来日したのだ。


私は日本人だから国賓という言葉にこだわるのかもしれない。
日本は国賓であれば、両陛下主催の歓迎行事や宮中晩さん会が催される。
そのくらい国賓というものの格式は高い。
日本では、国賓としてお迎えした人に、一般市民がハグするなんてことは考えられない。
国賓をお迎えして、外交センスの悪さを披露するような品のなさを日本はしない。

韓国では「国賓」ということば自体が、軽いのか。
お国が違えばそれはそうなのかもしれないが。


先日、Q様というクイズ番組を観た。
外国人の選んだ日本の名所からのクイズ。
驚いたことに若いころに訪れたところが多くて、そこでの外国人のインタビューを聞いて、日本て本当にいい国だと思った。
日本人で良かったとつくづく思った。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 22:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無駄に時間を過ごす。

朝は寒かったけれど、日中は秋晴れの素晴らしい天気だった。

こういう日こそ張り切って体を動かす・・・ということに私はならない。
布団を干して、掃除機をかけて、そこまでは良かったが、ふと洗濯機の下を拭きたいと思った。
そうして力を出して洗濯機を動かしたまではいいが、洗濯機と水道をつないでいる金具が邪魔。
それを取り外して掃除をしてから、再びその金具をつけたのだが、うまくいかない。
ネジで固定するのに手間取った。
いくらできたと思っても、水を出すとあふれて漏れてしまう。
悪戦苦闘の末、やっと水が漏れず洗濯槽に水が流れることを確認したが、こんなつまんないことに30分以上もかかった。
それだけで疲れてしまった。

やること、やりたいことは山のようにあるのに、こんないい天気なのに、やる気が起きない。
いただいたソラマメの種はまだ植えてないし、堀り起こしたチューリップの球根も芽が出てきているから植えなきゃならない。
猫の囲いのダンボールもリメイクシートを貼っていないし、包丁も砥ぎたいし、こんな日こそ先日作った玄関に置いた箱の塗装をすればいいのに、その気にならない。
あまりにもやることが多いと、かえってやる気が起きなくなる・・・というのが私。
困ったものだ。
明日もあると流暢に構えていられるほど、人生は残っていないのでないかとふと思うこともあるが、やる気が起きないときはやっぱり何もしないほういい。

天気のいい日に、もったいない1日を過ごす・・・というのも私流だけど。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 23:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何も植えてない庭になるはずだったが・・・。

天気がイマイチだったが、晴れてきたので洗濯をして干した。
向かいの畑には、もうすでにご夫婦が来ていた。
おはようございますの挨拶をお互い交わした。

すると、私の庭の何も植えられてない畑を見て、何か種を撒いたの?と聞かれた。
いや撒いてないですよ。
畑はちょっと自信がないので~と言った。

そう言ったのに、レタス植えない?と言われた。
いやいや本当に育てる自信がないのでと断ったのだが、大丈夫よ~と言いながら、奥さんのお姉さんが種から育てたレタスの苗とソラマメの種と大根の種もくれた。
ソラマメは隅のほうに植えればいいんだから~と言うのだが、ソラマメ自体が私は食べない。
善意で言ってくれているのは、よくわかるが、心底戸惑った。
大根の種も自分たちが植えた残りであっても、50粒くらいある。
一人暮らしなのに、こんなにもらってどうする?
一人暮らしで、誰にもあげるということがないのであれば、大根は自分で作るものではない。
貰えるものなら貰いたいもの。(笑)


玄関の前に小さな花壇があるのだが、ソラマメはあそこでもいいんじゃない?と言われたが、その場所は一応花壇。
現在そこも何も植えてないが、掘り起こした球根がたくさんあるから、それを植えるつもりでいたのだ。
玄関を開けたら、チューリップの花が咲いているというのならわかるが、玄関を開けたらソラマメができているというのはなあ・・・。(笑)


なんといってもタタミ2畳分くらいしかない畑だから、内心困ったが、本当に育てる自信がないので、失敗したらごめんなさいね~と最初に謝っておいた。
レタスの苗は、こんなに小さいんだもの育たないわよねと、その奥さんも旦那さんに言いながら植えていたから、私が育たなくてもいいだろうということで、その会話を聞いて内心ほっとした。

ソラマメはまだどこに植えるか決めてないが、レタスとその隣に大根の種を植えた。

何も植えてない庭が、大根畑になる。
恐怖だ。(笑)


PAP_0200.jpg







にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

| ひとりごと | 23:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何度も私を見る人の不思議さ。

買ったばかりの電動ドライバーがメーカーから直って戻ってきたが、もう作るものはないような気がする。
そうなると、物置がないから家の中のあるたくさん残っている中途半端な端材が邪魔に思えた。
ビン類も溜まっている。
小さな使わないダンボールも溜まっている。
枯れた雑草類も溜まっている。
ということで、昨日、天気が良かったので、市のゴミ処理センターに行ってきた。
ちょっと遠いけれど、気分転換。
端材は前に断られたが、前の家の持ち主が置いていた踏み台が(シンクの上の棚が高いのでそれ用に置いて行ってくれたものと思われる)不要なので、それを捨てるのに合わせて、強引に引き取ってもらおうと考えた。
担当者によって対応が違う。
あっさり、言い訳をしなくても引き取ってくれた。
こんなことなら、もっと早く捨てるべきだった。


ゴミ処理場は広いのでそれぞれの捨て場に、車を移動させながら捨てる。
古紙類のところで、白人の年配の女性にあった。
70代くらいか・・・。
痩せていて背が低くて猫背。
日本人のおばさんなら着ないだろうと思う独特の色使いの重ね着をしていて、真っ赤な口紅をしている。
色が白いから赤い口紅が似合っていた。
紅ショウガのような色だと思ったけれど。(笑)


その女性が、私と目が合ったときに、驚きの表情をしたのだ。
驚かれたから私もそれに驚いた。
それから、チラッ、チラッと私を見るのである。
それを感じて私も見るから、何度も目が合うのけれど、そのたびに目をぱちくりさせる。

う・・・ん。
これは、誰かに私が似ているのだろうか?
誰かと間違えているのだろうか?
それとも、私の顔が面白いからだろうか?
アハハ~ま、どっちでもいいのだけれど。



それから、また猫のトイレの囲いを作るために100均に行った。
大きなダンボール箱をいただいてきて、リメイクシートを買った。
いつも行く100均ではなく、もっと大きなお店の100均に。
せっかく遠くまで来たのだからと、ゆっくり見ていたら、またその白人の女性にあった。
ご主人は日本人。
お互いに気付いた。
奥さんはやはりじっと私を見て、目をパチクリさせている。
もしかして、くせ?


その次は、私の好きなホームセンター。
いつも行くホームセンターではなく、規模の大きなホームセンターで、掘り出し物探し。
値引きワゴンの中にありました。
猫のご飯のパウチ。
通常70円くらいするものが30円。
あるだけまとめ買い。
といっても12個しか置いてなかったけれど。
これは本当にラッキーだった。
で、お店を出ると、入り口でまた会った。
私がお店を出る。
白人さんのご夫婦が入るという感じで。
ご主人とは、お互い笑ってしまって、自然に同時に頭を下げた。
ああ~どうも~また会いましたね・・・みたいな感じか。
まったく赤の他人だけれど。


人口の少ない土地柄で、お店も多くはないから、行くところが同じというのは不思議でも何でもないが、ちょっと笑えた。
今度また会ったら、(会うことはないと思うが)奥さんのほうに言ってみようか。
私の日本語のジョークが通じるとは思えないが、「奥さん、私にみとれているのですか?」(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 20:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何も植えてない庭になった。

庭の畑を耕していた。
たたみ2畳分くらいしかないけど。(笑)

台風が来る前は、ナスとピーマンがたくさんの花をつけていたが、台風が来て花は落ちなかったが、葉が黒くなってしまった。
もう立ち直りそうもなかったので、抜いてしまった。


PAP_0198.jpg


スコップで土を掘り起こし、苦土石灰を巻いてまた混ぜてということをやったが、普段運動不足だからなかなか重労働。
前の家の持ち主が置いて行った御影石のブロックを使い、細かく区切っていたけれど、それも片づけて何も植えてない状態の庭になった。

隣のご主人が言っていた通り、風が強いから根菜しか植えられないというのを、やっと理解できた。


ホームセンターに行ったら、玉ねぎと下仁田ネギの苗が売っていた。
50本束で玉ねぎが398円で下仁田ネギが298円。
それを手に取っていた奥さんがいて、迷っている。
私も手に取って考えた。
すると、下仁田ネギを指さして「これってまっすぐ植えればいいのかしら?」と聞いてきた?
うわ~こういう質問が一番困る。
ヘタにこういうものを見ているとベテランに見られてしまうんだろうか?
私が聞きたいくらいなんだけれど。
首をかしげて、下仁田ネギって、太くて白いところが短いんですよねと言って、ネギって今植えるものなのですか?と逆に質問した。
そういえばネギって春に植えるのよねと言うから、今これを植えたら食べるのは春ですか?とまったくかみ合わない会話を続けた。
そして、二人ともいかに家庭菜園に無知かを披露しあって、お互い買うのをやめた。(笑)


なんでも最初は素人だけれど、ベテランになるころには、スコップも持てないくらい年取っているんだろうなと思う。
畑は私には無理かもしれないなあ。
いつまでたっても満足に食べられるものが作れなくて、負け惜しみで、引っ越してきたときのように、何もない庭がいいということになりそう。


☆晩秋の冷たき風にも陽が交じり 猫は目を閉じ一日過ごす☆
(ばんしゅうのつめたきかぜにもひがまじり ねこはめをとじひとにちすごす)

暇なときに短歌もどきをつくります。おそまつさま。(^^ゞ




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


| ひとりごと | 22:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT