時を束ねて リボンをかけて

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安物買いの銭失い‥の証拠。

昨年、大物のなんちゃってキッチンカウンターを作った。

その隠れた部分にサイズよく収まっていた、ミニ食器棚。
幅が60センチ、高さが80センチ」、奥行き40センチ。
サイズが合うものが見つからなくて、さんざん探してネットで買ったもの。
確か6000円代だったと思う。

これです。

SN3U0074.jpg

これが、今年の梅雨のような気候が、いつ終わるのかと思うほど延々と続いたときに、内部にも外にも一気にカビが生えた。
お風呂にでさえカビが発生しなかったのに、このミニ食器棚だけ恐ろしいほど真っ白になった。
なかの食器を出してハイター液につけて消毒し、食器棚はしつこいくらいに泡ハイターをぶちまけた。
そして何度も拭いて、カビを抑え込んだ。
もう大丈夫だろうと思いながら、再度食器を収めたが、信用できないので使うときは洗いなおして使うということをしていた。
二度手間もいいところ。
そうやって落ち着いたと思ったが、このところまた天気が悪くて、再び隅のほうからカビが生えてきた。

ということで、今度はもうダメだとあっさり処分を決めた。
明日、市のごみ処理場に持ち込む。

プリント化粧合板だから、いくらハイターを吹きかけてもその根まで届かないということが分かった。
私にとって値段じゃない。大事なのはサイズだ。
というのは嘘で、もちろん価格優先。(笑)
この先、いつまで生きるかわからないのに高級家具を買うはずがない。
だが、ものの見事に失敗。
市販の塗料は防カビ仕様だから、むしろ板にペンキを塗ったほうがカビは発生しないので、真剣に自分で食器棚を作ろうかとさえ思った。
そこまでの、技量はないとすぐに諦めたけど。


さて食器棚をどうするか・・・・。
いくら考えてもいい案が浮かばない。
そのカビを見たときから、食器はカウンターの上に並べていて見苦しい。
これでも一応こだわって、隠す収納を目指しているのに。(笑)
やはり何か置く場所を考えなければならない。
それで、普段使うものだけを並べてみた。
こんなもんである。

SN3U0081.jpg

何しろ、お客さんは来ない家だから、客用の食器は必要ない。
5客そろっているものを捨てられなかったが、お客は来ないのだから必要ないのだと気が付いて、それらを処分することにした。
カトラリーも、(長い間、間違ってカラトリーと言っていたのよ私。(;''∀''))肉を食べないのに、ナイフは必要ないということで捨てることにした

それらも、明日処分場に持っていく。

たいした料理も作らないから、引っ越すときに瀬戸物はだいぶ処分したのに、それでもまだあったのだ。



このワンプレートのお皿、これだけあれば、ことは済むような料理しか作らないということに、今更ながら気が付いた。

SN3U0083.jpg

これもネットで確か680円くらいで購入したものだ。
送料も同じくらいかかったけれど。
これは朝も夜も使っている。
これは本当に便利。
そこそこ美味しそうに見えるから。(笑)
そうやって食器類は少なくしたが、この少ない食器をどうやって収めるか頭を痛めた。
そして、考えに考えてやっと、ひらめいた!!!
ボケが遠のくひらめき!!!(笑)

とうことで、長くなったのでそのことは明日へ続く。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 23:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

根性を出した。

起きていました。
日本対サウジアラビアのサッカーの試合を観るために。
W杯の出場は決まったから、録画でもよかったのだが、観る気満々のスイッチが入ってしまった。
なんとなく眠れなくて起きているということはあるが、TVを観るために2時まで起きているというのは、かなりしんどかった。
根性で起きていると決めたが、こんなことで根性を出してどうするって話。(笑)
試合は1-0で負けたが、私の好きな柴崎岳と原口元気がスタメンで出たので満足した。

しかし、世代交代なんだな・・とつくづく思った。



昨日、ラーメン店に偵察に行ってきた。
お店には入らず、外から見てのなにげなくの雰囲気を確かめに。
週3日、3時間から募集があるのを知ったから。
もう働かないと思っていたが、現実問題、大きな病気をすればあっという間に消えていく持ち金しかない身としての節約生活は、かなり厳しい。
せめて、猫のご飯代と砂代くらいは稼がねばと思ったのだ。
大きな駐車場の隅のほうの駐車している車を確認する。
店の客は入り口に近いところに駐車するが、従業員は隅の邪魔にならないところに留めるはずだと考えるから。
やはり、車種が若い。

この市は、近隣の市に勤めている人のベットタウンのようなもので、この市で働くことは若い人も年寄りもかなり難しいような気がする。
働く場所がない。
募集の冊子には、この市では募集はそのラーメン店しかなく、その募集写真も若い男女の写真を使っている。
当然年寄りの仕事はないものと思われる。



近所の人に、「仕事は何をしているの?」と聞かれたり、向いの畑に来ている奥さんに「仕事しているの?」と聞かれたり、ガス屋のお兄ちゃんに「働かないのですか?」と言われたりすると、私はたぶん実年齢よりも動けるような年齢に思われて(アハハ)、心も体も満身創痍なのに健康に見られているのかもしれない。




世代交代の波が襲ってきたり精神的に追い詰められてもう仕事はできないのに、それを認めないでというか認められない人それぞれの事情や心情あり、まだ力はあるはずだと思い込まなきゃ、動くことはできないのかかもしれない。
・・・・ということを、サッカーの試合が終わってからふと考えたのだ。






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 19:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再開しました。

9月になりました。
あと4か月で今年も終わる・・・。
うわ~なんて月日は早く流れるのだ・・・という気持ち。


たった9日間、ブログを休んでいただけなのに、なんだか3か月くらい休んでいたような気がする。
PCは電源を入れずに過ごしていた。
ネットで自動車の任意保険を契約しているので、それが9月1日、つまり今日更新日なのをすっかり忘れていて、おととい再契約のため電源を入れたくらいでした。

2か月くらい前からその連絡のメールが入っていたのに、きれいに忘れていた。
思い出してよかった。
無保険車になるところだった。

たった9日間くらいでは、PC依存症かどうかはわからないが、PCのない生活は、無理しなくてもできそうな気がする。


PCから離れていた間、録画していたNHKのドキュメント72時間を見ていた。
今日の放映も録画している。
唯一、私が好きなテレビ番組。
見逃してしまうこともあるけれど、放送時間が遅いので録画している。
それがどんどんたまってしまった。
放映時間は25分と短いが、その中に心の琴線に触れる人が現れる。

2014年に放映された再放送の「選「オン・ザ・ロード 国道16号の“幸福論”」の中で、食べられる野草を探してカートを押しながら歩いていた当時79歳の女性が心に残った。
20,21歳で次々にご両親の介護に突入したという人。
結婚歴はなかったように思う。
猫を1匹飼っていた。
現在もお元気だろうか?
彼女も猫も。

NHKの社員が高給取りだということは周知の事実だが、こういう人に他人の悲しみや孤独や不安が理解できるのだろうかと思って観ることもあるけれど、いい番組だと思う。

定点カメラで72時間、出会った人にインタビューするという番組だがそこに映し出される人々のチョイスのバランスがいい。
編集が上手だ。
世の中にはいろいろな人がいると、再認識する。


♪大人になってゆくほど 涙がよく出てしまうのは
 1人で生きて行けるからだと 信じて止まない

 それでも淋しいのも知っているから
 あたたかい場所へ行こうよ♪

最後に流される主題曲もすごくいい。
なんだか、涙が出るときもある。
あまりにも私らしいけど。(笑)



ブログを更新していなかった間も訪問してくださった人がいたことは、正直驚きでした。
どういう言葉で、感謝の気持ちを表したらいいのかわかりませんが、ありがとうございます。


私はFC2ブログを借りていますが、訪問者リストという機能があり、それでFC2のブログを使っている人が訪問してくださったことが分かるということはあります。
私は、訪問者リストの履歴を残さないという設定をしているので、私が訪問していることは、わからないと思います。
その他の方は、アクセス解析をしていませんので、どこのどなたかわかりません。
ただただ、ありがたいという気持ちでいます。
のんびり更新していきますので、お時間がありましたら、覗いてくださいね。
またよろしくお願いします。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 23:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太陽が出ないせいだわ。

なんとか耐えてきたが、今現在、体調がすこぶる悪い。
太陽を見てない日がこれだけ続くと、さすがに具合も悪くなる。
体中の細胞が、耐え切れずにジメジメとした空気に侵略されていくような感じだ。


猫がゲボしたので肌掛け布団を洗濯したが、曇っていたから干しても微妙に湿っているので、コインランドリーに行った。
列をなして順番待ち。
その列に驚いたが、そばにいた奥さんが私の驚く様子を見て、「毎日こうよ」といった。
時間をずらして来てもこうだからと言った。
家族の多い人は大変だ。

私も列に加わる。
終わると、その洗濯物の持ち主がそばにいるかどうか確認もしないで、さっさと出されて店の備え付けの籠に入れられてしまう。
その洗濯物の持ち主が、乾燥時間が終わって1分後くらいに来ても、籠に出されているから自分の洗濯物を探すというありさまで、いかにも不愉快という顔をした。
自分の洗濯物を見られるのも、触られるのも気持ちのいいものではないから、私は終わる時間までそのコインランドーリーで待機することにした。
中年の男性の番が来て、洗濯物を入れたのはいいけれど、初めて来たのかキョロキョロして、いくらお金を投入したらいいのか判断がつかないようだ。
100円で15分。
洗濯物は少ないから、200円か300円か・・と内心思っていたら、600円も入れた。
私の番が来た時に、店に入ってきたばかりのおじさんが、空いてると思って乾燥機に素早く近づいてきた。
私はみんな並んでいるんですよと言った。
その人は、はっとして、無言でその場からはなれた。
そうかと思うと、乾燥機の蓋の内側の周りの埃を丁寧に取ってから、入れる人もいる。
汚いんだから~なんて言いながら。
それを見て、確かに蓋の内側に埃というか洗濯物の繊維のカスがこびりついていた。
どなたもタオルとかそういうものが多いからだと思うけれど。
今まで気にしたことがなかったけれど、目からうろこ。

なんていうか、みんなイライラしているように見える。

太陽が出ないせいだわね。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 21:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セルフパーマをした。

パーマは昔から自分でしていた。
もちろん美容師の資格はない。(笑)
若いときは髪が長くて、下の部分にウエーブを入れたかった時など、自分でパーマをかけた。

セルフパーマは安上がりというのが一番の理由だが、美容院でパーマをかけて、気に入った!という経験が、実は一度も今までない。
かけたことを後悔するうちに、パーマはかけずストレートでいるということが多くなった。

今の私の髪型は、極端にではないが前下がりのボブである。
後ろが肩につくのが嫌なので短くて、前に行くにしたがって長くなる。
年齢とともに、ボブといえばそうなのだが、ただのおばちゃんカットのように見える。
それは顔が付いていかなくなってきたからだ。
それに髪も薄く細くなって、ボリュームが出ない。
ストレートでは無理だと考えた。
ウイッグも持っていてしばらくウイッグにしていた時期もあったが、それも飽きた。
じゃあということで、パーマでもかけるか!というくらいのノリである。


パーマのロッドは太さいろいろでたくさん持っていたが、引っ越しの時に処分してしまった。
後で気づく。
まさかまた、セルフパーマをやることになるとはと、断捨離の後悔の一つ。


ロットとペーパーとパーマ液で2000円くらい。
パーマ液は部分パーマ用で、十分間に合うと今までの経験で分かっていたので、やわらかいウエーブ用。

SN3U1860.jpg



ロットは12本しか買わなかったから、それに間に合わせるように巻いた。
細かいウエーブではおばちゃんパーマになる。
おばちゃんだから、それでもいいといえばいいのだが、全体に軽く波打つくらいのウエーブが欲しかった。
私はもともと、パーマの取れかかったような髪型が好きなので、その通りにできて満足。
さすが私だ。(笑)

久しぶりにパーマを自分でかけたけれど、セルフパーマはかなりの慣れが必要だから、人には勧めない。

私はいつからか美容院での時間が苦痛になった。
ホンの数年前、突然髪を切ろうと思い、通りかかった美容室に入った時があった。
男性の美容師だったが、相談したわけでもないのに、お客様にはこういう髪型が~とナンチャラカンチャラ言われて、こいつ私に喧嘩売ってんのか!と内心思ったことがある。
全て言われたことを無視して、自分のしたい髪型を伝えた。
プロだからといってお任せとはいかない。
イメージは勝手に作られても困る。
無駄口もいらない。
だから、今はカットをするときは1000円カット。
セルフカットの時もあるけれど。
この街に1000円カットがあった時のうれしさったら、なかった。(笑)
おしゃれはしなくなったけれど、どうでもいいようで、どうでもよくないというところに、こだわりは持つ。
そのこだわりが、失笑をかっても。(笑)





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 22:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT