普段ヘラヘラしていても、怒るときは怒るし叱るときは叱る。

足場が外れてから、ガス会社の担当者に電話をした。
足場が外れたら連絡してほしいと言われていたのを思い出したからだ。
見に来た時に、実はまだ完成ではないと言った。
裏の痛んでいたところを剥がせるだけ剥がして、それから厚みを加えるために何か加工をすることは聞いていた。
それがいつになるのか塗装屋の都合なのだろうが、その話をしたあと、庭に置かれたままになっているゴミを見せた。
塗料缶や工具類は置きっぱなしになっているから、それはいいとしてもゴミは雨戸を塗ったときに養生した時のものだ。
あの夫婦の職人が残していったものである。
かなりの量である。
それに私は頭に来ていた。
私のけんまくにガス会社の担当者が、自分が持ち帰ると言い出した。

それは違う。
塗装屋が置いていったものだから、塗装屋に片づけさせなきゃダメでしょ。
私が自分で片づけてもいいんだよ。
でも、それも違う。
お客の家にゴミを残していくなんて、そもそも何を考えているんだって話だ。
○○さん(塗装会社の社長)は、現場が東京と言っていたから、忙しいのはわかる。
でも、これは○○さんが知っておかなければいけないことなんだから、私からガツンと話すよ。


ということで、上司から塗装会社の社長に話してもらうことにした。
私が怒っているということを。


月曜日に電話があった。

ー ゴミの件、申し訳ありませんでした。ー(私が怒っていることを理解してない感じの普通の声))

続けて来るなら、ゴミを置いて行って最後にまとめて持ち帰るというのも、しょうがないかなと思う。
だけど、次いつ来るかわからない状態の日が続いて、大量のゴミを放置されて何日も庭にあるなんて、私は納得できない。
その都度持ち帰るべきでしょ。

ー すみません -(声が小さくなった)

職人がそういうことのないように、きちんと教育するのが上に立つ者の役目なんだよ。
お客に不愉快な思いをさせない!
当たり前のことでしょ。
そういう教育を徹底させなきゃ、ダメなんだよ。

ー はい、申し訳ありません ー(ほとんど、消え入りそうな声)

普段へらへらしているようでも、怒ると私は叱り飛ばす。



ということで、その日の午後職人が2人来た。
洗浄の時に来た職人で、多分社長よりも年上だ。
あの時は片耳に大きな輪っかのピアスをしていたが、今回はしていない。


言葉使いは、本当にしっかりしている。
ドアを開けると「仕上げに来ました!ゴミの件、申し訳ありませんでした!」
はきはきしている。(笑)
どこか気になるところありますか?とまた聞かれたが、わからないのだ。
だから、「プロの目から見て、おかしいと思うところを直してくれればいいよ」と言った。

1時間ほどで終了。
ゴミもなくなって、置かれていた塗料缶もなくなって、やっと終わった。

裏の痛んでいた部分は模様を入れました!と言われて帰ったあと見てみると、何を使ってどうやったのか分からないのだが、どこが痛んでいたのか分からないくらい、修正されていた。
そういうところはさすが~。
それを見て、私はすっかりご機嫌。
気分が良くなった。
単純だもの。(笑)


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/06/06 23:36 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)

お気をつけくださいね。

私はガラケーなのだが、今日の13時34分に入ってきたショートメール。

「お客様宛にお荷物のお届けに上がりましたが、不在の為持ち帰りました。配送物は下記よりご確認ください」
sagawaが入ったアドレス付。

電話番号は0109000

ちょうどPCを開いていた時だったので「0109000」を検索。
私は怪しいと思う電話番号は必ず検索する。


やっぱりねえ。
ウイルスメールだ。

そもそも今日は1日家にいたし、不在ではなかった。
そして荷物が届く予定はない。
オークションもネットショッピングも利用しているが、頻繁ではないし、宅配を利用して送られてくるときは午前中指定で極力不在にはしないように気をつけている。

しょっちゅう荷物が届く人は引っかかってしまうのかもしれないが、ショートメールまで使って手が込んできている。

お気を付けくださいね。


今日庭で水やりをしていたら、隣のご主人が出てきて、外壁を見ながらきれいになったねえ…と褒めてくれた。
外壁の色については何も言わない。
ちなみに前の色はごくごく薄いベージュ。
その色も私は決して嫌いではなかったのだが。
まあ・・綺麗になったと言われて悪い気はしなかったが、そのあと「ずっと、くすんだ家だと思っていたんだ」と言われた。
ぶあっと吹き出しそうになった。
あはは~くすんだ家だと思われていたのか!(笑)
ご丁寧に、「ずっと」をつけて。
私も隣の外壁を見てくすんだピンクだと思っていた。
どうしてこんな色を選んだんだろうと内心思っていた。
新しいか古いかの違いだけで、お互いがお互いの家をくすんだ家だと思っていたのだ。
いやはや笑うしかない。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/06/02 23:10 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)

やっと足場が外れた。


足場がやっとはずれた。

SN3U1204.jpg

雨樋と破風板と雨戸はチョコレート色。
軒天は白。
壁はベージュよりの薄い茶色。

地味目。(笑)

仕上がる前に友達に壁の色を聞かれたが、ちょっと言葉で伝えきれなかったので、薄い茶色と言った。
おばちゃん色と言われて大笑いした。
あまり地味だと救急車が迷うよと言われて、また大笑い。
それは大丈夫。
何しろ隣がくすんだピンクだから。
ピンクの家の隣と救急車に言うつもり。


引っ越してきたときは、隣は若い人が住んでいるのだと思った。
壁の色を見て。
まさか90過ぎた夫婦だとは思わなかった。
隣のご主人と話した時に、建ててから5年に1回外壁塗装をしていると言っていて、お金持ちはそれでいいし、そのたびに外壁の色を替えていたのかもしれない。

でも、私は15年持つと言われているから、もう外壁塗装はできないしする気もないしお金もないから、色を選ぶのにかなり慎重になった。
しかし、この色の組み合わせを決めた時に、我ながらなかなかいいチョイスだと思った。

職人さんに塗料をもらった。
外壁の塗料とチョコレート色の塗料を。
外壁の色の塗料を最初からもらうつもりでいたから、ホームセンターから保存缶を買っておいた。
どのくらいの年数保存できるのか分からないが、ちょっとした補修に使えるように持っていたほうがいいと思ったのだ。
せこさが身に染みている。(笑)
チョコレート色の塗料は?と聞かれたので、タッパーに入れてもらった。
これは油性だが、保存しておかないですぐに使う。
貰ってから、すぐに使い道が頭に浮かんだ。

SN3U1195.jpg



今日から6月。
外壁塗装は思いがけず安くできたが、私にしてみれば大金には違わないので、貧乏人には辛い出費だった。
ひたすら、節約節約。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/06/01 23:38 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)

この頃の私は暇?

日大アメフトの事件。
宮川君の記者会見も監督コーチの会見も関大の会見も、日大の学長ののらりくらりとしてイラつかせる会見も、そして昨日の関東学連の記者会見も観た。
今はネットでライブで観ることができるから、本当に便利な世の中になった。
私が記者なら、こういう質問をするのに~とか思いながら何時間も見ているわけだから、私って暇?(笑)
関東学連の処分発表は、わかりやすい説明で、インパクトがあってよかった。


宮川君はたった20歳で顔もさらし名前を知られて、その罪以上の試練の道をこれから歩むことになりそうで気の毒でしょうがない。
だって二十歳だもの。
下を向いてばかりの人生は歩んでほしくない。
青春時代の真っただ中で、弾けさせてやりたいと私は思う。
まあこれは被害学生の状態があの程度でよかったから言えることなのだけれど。


アメフトって私は興味を持った。
野蛮なスポーツとは思わない。
面白そうなスポーツだ。
ルールを知ればもっと面白くなるのだろうなと思わせる。



6月1日に、足場が外れると塗装会社の社長から電話があった。
明日来ると言っていたが、腰を痛めたそうで、それなら無理して来ることないよと言った。
忙しいのはわかっているし、時間はかかったけど十分満足している。
足場が外れてから見に来ていいからと言った。
雨戸の塗装をしたときに、最終チェックはしてもらったから、不満なところはないし。
こういうのって、きりがない。

隣のご主人が自分の家の時は塗装は2日で終わったと言っていたが、だから、雨どいの塗り残しに気が付かなかったんだと思う。
それはもちろん言わなかったけれど。
本人が気が付いていないならわざわざ指摘することもない。

今回外壁塗装をして、前はヤンキーだったのかなと思われるような若い職人さんたちを入れ替わり見て思ったことは、敬語の使い方が素晴らしいこと。
そのことをガス会社の担当に言うと、それは社長の方針なんだと思うと言っていた。
そして、新入社員が入ってくると、いつも思うことは、真面目すぎて、学生時代バイトもしたことがないような人は、人と対話ができない。
つまり話が続かない。
だからヤンキーであろうが、昔さんざんやんちゃをしてきた人のほうが、コミュニケーションの取り方が上手いのかもしれないと思うなんてしみじみ言っていた。
新入社員の対応に苦戦中のようだ。
たぶん、相手も悩んでいるのかもしれないと思うことだよ、なんて無責任に言ったけど。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/05/30 23:24 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)

自分ではあか抜けたと思っている。(笑)

パーマをかけた。
セルフパーマ。

セルフカットにセルフパーマ。(笑)

もう何度もしているから慣れている。
ボブに軽くウエーブがかかっている状態。
上出来。
夏の間は、朝、顔を洗ってから髪を洗うように濡らす。
あとはタオルドライをしてウェーブ用のムースをつけて自然乾燥。
見方によってはだらしなくなるが、見方によってはおしゃれにもなる。
勿論私が狙っているのはおしゃれなほうだが。(笑)
夏はすごく楽だ。

ガス会社の担当者が、家に来た。
屋根の写真を持って。
塗装会社の社長に屋根の写真を撮ってくれることは頼んでいたが、忘れているのだと思っていた。
何しろ、足場が屋根まで届かないし、上れないと思っていたから事故でもあったら大変だからあきらめていたのだ。
ところが、前に来た時に自分のスマホで写し、学校の先輩であるガス会社の上司のスマホに送っていて、担当者が印刷して持ってきてくれた。
いつ上ったのかさっぱり分からなかったが、感激。
頼んだことを忘れてないということが嬉しい。
ちょっと日本の瓦形式とは違っていて、まあ洋瓦って案外簡単な作りになっているようで、こういうふうになっているのか分かっただけでも良かった。。
ちなみに雨戸も塗って外壁塗装は終わったが、社長が来て最終チェックをして引き渡しになる。


で、担当者に髪型変えたんですか?と言われた。
可笑しい?と聞くと、いいですよ~とたいして良くもなさそうな返答だったが(笑)美容院に行ったと思われたので、セルフパーマとは言わなかった。
時々私って、ホント器用だと自分で思う。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/05/28 23:29 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha



5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。


我が家の猫たちの日常。

こちら ⇩
本館 
猫の耳もとで今夜もひとりごと