洗面台の扉に100均のリメイクシートを貼る。DIY。

脱衣室の床にクッションフロアを貼った時に、洗面台の扉の隅が剥がれた。
これは柱の部分のでっぱり部分を測って切り込みを入れてカットするという細かい作業のために、何度もクッションフロアを置いて外すということを繰り返したために、角にあたって剥がれ落ちたもの。
この扉は化粧板を貼り合わせてあるだけだから、経年でもろくなっていたということも考えらえるけれど。
落ちた部分をボンドで貼り合わせたが、見栄えはよくない。
いくらなんでも、ひどすぎる。(笑)

SN3U0355.jpg

見ないふりで過ごすこともできたが、一応100均のリメイクシートを貼ることにした。
剥がれた部分を100均の木工用のエポキシパテで補修をした。

SN3U0357.jpg

それから紙ヤスリをかけて削り、段差が出ないようにならしていく。
パテを使うと、このヤスリをかけるという作業が、本当に私は嫌いなのだ。
根気もいるし。
性格が雑だから細かい作業は向かないのだが、時間をかけてヤスリをかけた。

SN3U0362.jpg


扉を外し、取っ手の部分も外してリメイクシートを貼っていく。
貼り終えたら、取っ手の部分にカッターで切り込みを入れて穴よりも数ミリ小さくカットしてから取っ手を取り付ける。


SN3U0383.jpg

扉を外さなくても貼れたが、外したほうが作業は簡単で仕上がりもきれいだと思う。

出来上がり。

SN3U0385.jpg


白い扉と白い床では、冬の今は寒々と見えていたが、洗面台の扉が変わっただけで印象は変わる。
100均のお店は、ダ○ソーしかこの町にはないので、リメイクシートの種類も少ないのだが、その中でもこの柄はを選んでよかったと思った。
2枚使って200円。パテ代を入れても300円。
300円で、ここまで変わるなら、やってよかった。
意外と安っぽくは見えない。
あくまでも個人的な意見ですが。(^^ゞ

SN3U0394.jpg




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2017/12/13 22:09 ] DIY | TB(-) | CM(-)

流し台の下の臭いを取る。

台所のシンクの下を開けると前から臭いがしていた。
そこには鍋とかボールなどを置いているが、その臭いがあるので、使うときにいちいち洗剤で洗ってから使うという面倒くさいことをずっとしてきた。

まず台所用のハイターなどで拭いて水拭きして、いろいろな種類の除湿剤や脱臭剤をたくさん置いて試した。
それでも、なかなか改善しなくて、ゴキブリもほかの虫も見ないし原因がわからなくて、半ばあきらめ状態だった。
最近、寒くなってきたらその悪臭がひどくなった。
う・・・ん。
どうしようか・・・。

いやあ・・今の時代に生きていてよかったと思うときはこんなとき。
検索すればすぐに出てきた。
なんと、原因がすぐにわかった。
こんなことなら、どうしてもっと前に調べなかったのだろうか・・・何のためにPCを持っているのだと後悔しきり。

原因は床と配管との隙間。
その隙間から臭いが上って来るのだった。
さすが安普請の家だけのことはある。

SN3U0350.jpg

なぜこれに気が付かなかったかというと、床に100均の流し台シートを敷き詰めてしたからだ。
この隙間が上手に隠れていた。

そこで、検索して知った、セメ○インの「すきまパテ」をホームセンターで買ってきた。
小さなホームセンターだから置いてないかなと思ったが、店員さんに商品名を告げたら、すぐに見せてくれた。
知られているものなのだろうか?
よくエアコンなどの配管の隙間に使われる、固まらないパテ。
粘土のようなもので簡単に使える。
200グラムで498円だった。
半分以上も残ったが、これはパテとしては優秀だと思うので、買ってよかったもの。
残っても何かに使える。
パテは固まると勝手に思っていたが、こういうものもあるのだ。
DIYの世界は奥が深い。

SN3U0351.jpg



師走の大掃除ではないが、シンクの下のものをすべて出して、改めてハイターと水拭きでシンク下を掃除し、半日扉を開けておいて空気を入れ替えて完了。
臭いはすっかり消えた。
私としたことが、この隙間に気が付かないなんて・・・バカ!バカ!バカ!



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2017/12/11 22:31 ] DIY | TB(-) | CM(-)

脱衣室にクッションフロアを貼る。DIY。

引っ越してきたときから、脱衣室の床が気なっていた。

SN3U0317.jpg

色が褪せて、拭いても拭いてもきれいにならず、元の色はたぶん薄いグレイで斜めに薄い黄色が入った縞模様だったと思われる。
この上にクッションフロアを貼ろうと思ったのはかなり前だけど、いよいよ気になるという気持ちが頂点に達したので、やっとやる気になった。

ホームセンターにクッションフロアを見に行くと、180センチ幅でメーター1600円くらいする。
測ると1m30㎝必要だということがわかったので、2000円超える。
そんなものかと思ったが色が2種類しかなくで、それも気にいった色ではなかった。
ネットで探した。
10センチ単位販売で税込み10センチ92円という商品を見つけた。
イベントだったらしく送料も全国一律600円。
色や柄ではなく、値段で決めた。

サンゲツのクッションフロア。
幅180で長さ130センチで1196円。
送料600円。
合計1796円。
ポイント328円分あったので、差し引き1468円。

両面テープは持っていたので、結局1500円もかからず貼ることができた。

なにが嫌だったかというと、洗濯機を動かさなければならなかったこと。
ここは洗濯機パンがなかったので専用台を買って載せておいたが、台車が付いていたけれどすごく重いので、それから洗濯機を下すのが大変だった。
脱衣室から出さなければ狭くて貼るのは難しいと思ったので、動かした。
こういう時にか弱いおばちゃんなのに、力が出てしまうのが悲しい。(笑)


何度も寸法を測り、合わせては外しまた測りを繰り返して、貼り終えた。
両面テープは位置合わせをする時くらいでそれほど使わなかった。
使った道具はこんなものである。
ドアストッパーの部分がちょっと面倒だが、やる気になれば誰でもできる。

SN3U0325.jpg


洗濯機を移す力は出るのに、貼ってからカッターで余分な部分をカットする力が出ない。
端の処理がギザギザになってしまったので周りを薄くコーキングした。
これで、両面テープを使わなくても動くことはないし、めくりあがることもない。

SN3U0337.jpg



出来上がり。
左側に洗面台と洗濯機がある。


SN3U0332.jpg


やる気が起きるまでが長い。
やり始めるとあっという間。
明るくなったし、1500円もかからなかったし、素人にしてはいい出来だと思う。
得意の自画自賛。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2017/12/06 23:21 ] DIY | TB(-) | CM(-)

100均のリメイクシートを使ってみた。DIY。

100均はよく行くのだが、リメイクシートというものがあるのを知らなかった。
それを使ってDIYをした人のブログを読み、興味がでて先日探してみた。
気が付かなかっただけで陳列されていた。

その時は何に使うかは、よく考えてなかったのだが、お店の隅のほうに商品を陳列した後の処分用の大きなダンボール箱があるのを発見して、ひらめいた。
シートを購入したついでに、その段ボール箱をいただいてきた。

この地に引っ越してきて近くのスーパーに初めて行ったときに、なんてだらしないスーパーなんだろうと思った。
レジの横にいろいろなサイズの空のダンボールの箱が山積みになっていたからだ。
片づけないで積み上げているなんて・・・と思ったのだ。
何回か行くうちに、購入した商品を、その空のダンボール箱に入れて帰るお客さんが、あまりにも多いことにびっくりした。
前に住んでいたところでは、見たことがない光景だった。
そういうことが、普通の地域なのだ。
商品を入れて持ち帰っても、その後は邪魔になるだけだろうと思うのだけれど、マイバックよりは使いやすいのかもしれない。
何しろ、「ダンボールがなくなりました。用意してください」と店内アナウンスが流れるのを聞いたことさえあるのだ。
マイバックを忘れても安心。
ついでに言えば、おしゃれなマイバックも必要ない。

100均のお店で、それでも遠慮がちにあのダンボール箱いただけませんか?とレジの人に聞いた時も、「いいですよ~。商品入れて帰りますか?」と言われたくらいなのである。


ダンボール箱を利用して、リメイクシートを使って、作ったものは猫のトイレの砂の拡散を防ぐための囲い。

今までの状態がこれ。(笑)

SN3U0186.jpg

トイレの後に猫がダンボールで爪を磨ぐので、ボロボロ。
まあ・・・・お客さんの来ない家だし、これでいいと思っていたが、さすがに貧乏くさい。
いただいたダンボール箱にリメイクシートを貼って、作り直した。
作るというより、ただ張り付けただけだけれど。
リメイクシートはダンボール箱に貼るのには、私には扱いづらかった。
柄合わせを必要としない商品を選んだから、少々いびつでもかまわないところは良かった。



SN3U0190.jpg

残ったシートを使ってついでに爪とぎにも貼った。

まあ・・・いいんではないだろうか?
少なくてもあのボロボロの状態よりは。
得意のの自己満足だけれど。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2017/10/29 22:02 ] DIY | TB(-) | CM(-)

玄関に置く箱作り、完成。DIY。

外に物置がないので、置く場所がないものを整理するために、箱を作っていたが、完成した。
完成まじかになって、電動ドライバーが壊れた。
もともと安物だけれど、10年くらいは使ったし、いろいろ作ったので十分元は取ったのでしょうがない。
電池で動くオモチャみたいなドライバーも持っていたので、それを使って、とにかく作り上げた。
これから1週間は天気が悪いと予報に出ているので、塗料は塗れない。
塗料なしでも、一応使うことにした。
ペンキ塗りはカッと太陽が出ている時がすぐに乾くので、来年の夏までこのままにしているかもしれない。


SN3U0133.jpg


高さ48.5 幅60 奥行38.5㎝で完成。
カットした板の使えなかった1枚は、やはり必要で購入してきた。
ホームセンターの店員に「ああ・・どうも~」と言われた。
何度もこの200円の SPF材を買いに通い、何度も細かくカットをお願いしているので、顔を覚えられてしまった。(笑)
私がなぜこの板を使うかというと、もちろん安いからである。
これをベニヤ板で作るとなると、このサイズの箱はベニヤ板1枚ではできないから、2枚必要になる。
必要分カットしても、余る面積も大きくて無駄になるしベニヤ一枚のこの厚みなら3000円は超えてしまいそうな気がする。
今回は、1枚追加のカット3回で260円。
合計でちょうど2000円でできた。
何よりもベニヤ板は、ペンキを塗るときにサンドペーパー(紙やすり)をかけなければならない。
それが面倒なのだ。
この板はそのまま塗れる。
面倒くさがり屋の私向き。


箱だから開ける場所を考えた。
一番簡単なのは、ポストを作った時に経験している天板を開ける方法なのだが、もしかして天板の上にこれからならシクラメンの鉢を置くかもしれない(買わないけれど)、やわらかい光が入るから観葉植物を置くかもしれない(買わないけれど)、ミニサボテンをずらっと並べるかもしれない(買わないけれど)、猫が昼寝をするかもしれない(これだぁ!!!)
これなの?(笑)

それで、前面を開けることにした。
上から下へか、下から上へか・・・これも試したが、上から下に開けるほうが出し入れしやすい。
兆番ではなくて、内部で支える金具を(名前がわからない)使いたかったが、大きなホームセンターでしか扱ってないだろうし、そこまでしてお金をかけることはしたくないので、一応これで行くことにした。
上は磁石でパチンと閉まる。
取っ手をあえてつけなかったので、両脇を押さえて開ける。
磁石も兆番も、猫の脱走防止柵を作った時の余り物。


SN3U0138.jpg


下駄箱に入れておいたペンキなどをこちらの箱に。
ちなみに下駄箱は引っ越してきたときには、すでにあった。
上に段は鋸用。
土類は下駄箱へ。



玄関の様子はこんな感じ。

SN3U0141.jpg

何度も書いているが、お客さんの来ない家なので(笑)誰かに見られるわけではないけれど、よくもまあ、この箱のある場所に、無造作に物を置いていたものだ。
前から箱を作ろうと考えていたが、取り掛かるまでに時間がかかりすぎた。

だいぶスッキリした。





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2017/10/16 23:53 ] DIY | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha



5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。


我が家の猫たちの日常。

こちら ⇩
本館 
猫の耳もとで今夜もひとりごと