時を束ねて リボンをかけて

≫ EDIT

目立たずひっそりと。

ゴミを出させてもらうということで、入会金3000円と2年に一度1000円の徴収ということで、町内会に4000円支払ったのが3月。
新しく班長になった人から、電話があって、2年に一度分の1000円を持ってきてもらいたいと言われた。
2年に一度というのが、どの年から始まっているのかわからないので、分かりましたと言って、収めてきた。

その時、市で発行している、ゴミの出し方のガイドの紙を、役所からもらってきたからということで渡された。
もちろん、私は引っ越してきたときに役所からもらって持っているが、わざわざありがとうございます!と言っていただいた。
その時に、「この頃、ゴミの出し方が乱れているのよ。前の班長さんは、間違って出されているのを持ち帰って、市の焼却所まで持って行っていたのよ。」
と言われた。

ン????
私が間違って出していると思われている?
これは、きちんと言っておきたい。
「私は生ゴミしか出していませんよ」と言った。
「えっ!!」
確信した。
私が間違ったごみの出し方をしていると思われている。アチャ~。
「不燃ゴミは、私も市の焼却所に持ち込んでいますから。
間違った出し方をして、ご迷惑をおかけするのも嫌なので・・・」と言った。
本当の理由は違う。
不燃物のゴミはそれほど多くないから、毎週出す日が決まっていても、朝7時まで出さなきゃならないし、早起きはしたくないということ。
それに、市の焼却所までの道路が、気分転換のドライブにはもってこいの本当の田舎道で気に入っているのだ。

間違って出しているのが私だと思われるなんて心外。
「あら~そうなの!!」とびっくりされた。
「わざわざ、あんな遠いところまで持って行くことはしなくていいから~遠慮なく出してちょうだい」と言われた。

牛乳パックや食品トレイ、ペットボトル、アルミ缶はスーパーのゴミ集積所に置いてくるし、私はこういうことはマメだ。
ひっそりと目立たないように暮らしているのをモットーにしているこの私が(笑)間違ったゴミの出し方なんてしないのです。


私だと思っていたのなら、回りくどい言い方をしないで直接私に確かめてもらいたかったわ。
別に噛みついたりしないのに。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 23:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DIY.。作り直した棚が完成。

作り直した棚が完成。
どうしても今日中に作りたかった。

SN3U1803 (1)

色はカーキ色。
塗料缶に描かれていた色と全くイメージが違って失敗。
もう少し薄い色を想像していたのだが。

ホームセンターのお兄さんが、塗料は上塗りすれば色は変えられると言っていたから、今回はこの色でしょうがない。
慣れればどうってことないだろう。

SN3U1822.jpg

左側の棚はテレビを置くことにした。
その下の細い段には、DVDプレイヤー。
右側の一番上は、昨年亡くなった愛猫のお骨とそれらを取り囲んで、まねき猫の置物。



fan.jpg

これは前の家から、こういう状態にしてある。
網をかけてあるのは、いたずらな猫が上って入り込まないため。
お骨は、昨年荼毘にしたときに、今までの猫たちのお骨を共同墓地に入れてもらい、この仔だけは、不公平になると思ってしばらくそばに置くことにしたのだ。
お骨の前にある丸い入れ物は、今までの猫たちの毛や首輪が入っている。


そして、今日が命日。
昨年の8月5日は泣いていた。
いくらお骨がおいてある棚だけを飾っても、他の部分が見事に乱れていたら、ひどすぎる。
申し訳ない。
それで、どうしても棚を今日までに完成させたかった。

今までの棚に入っていた不用品の処分はまだだけれど、とりあえず棚が完成した。
ほっとして、涙が出た。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 23:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミートソースを作った。

天気が悪く、昨日の続きができなかった。
塗装が乾かず。


天気が悪いのに庭のミニトマトは順調に育ち、朝昼晩と毎日食べてもたくさんある。
それで、ミニトマトでミートソースを作ることを思いついた。

検索するとたくさん出てくる。
その中でニンニクをオリーブオイルで炒めるというものがあるのを選んだ。

私はあまりテレビは見ないのだが、料理番組などでニンニクをオリーブオイルで炒めていて、ニンニクのいいかおりがしてきましたね~なんてコメントを聞くたびに、それをやりたいと思っていたのだ。
ニンニクは買うと高い。
だから私は、いつもチューブ。(笑)

ナスが庭でできると、素揚げにしてニンニク醤油でよく食べるが、それだってチューブですもん。
今回は送ってもらったから、当分は生ニンニクだ。
嬉しい。


で、本当にニンニクのいい匂いで、これだけで私は今、料理している~という感じがした。(笑)
ミートソースは手作りしたことがない。
いつも、レトルト。
載せられていた分量が7,8皿分くらいだったので、半分にして作った。
味は最高にうまかった。
やはり手作りだけのことはある。
でも、他の分量はきちんと計ったのだが、トマトだけは多めに入れたので炒め具合がよくわからなくて水分があまり残らないミートソースになってしまった。
スパゲッティの中で、ミートソースが一番好き。
というか、私は食べずきらいが多いので、食べ物の冒険はしないのだ。
ナンチャラカンチャラ???横文字の料理よりは、魚と野菜の基本、和食中心。
自慢できるくらい、いつも粗食です。
肉は嫌いだから食べない。
でも、ひき肉は何とか食べられる。


ミートソースは夕飯でいただいた。
残りは2皿分くらいにあるので、冷凍。
茹でたスパゲッティも2食分を分けて冷凍。
食事を作りたくない日に(しょっちゅうあるけど)冷凍庫にあると安心の一品。

SN3U1798 - コピー

SN3U1803 - コピー








にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 23:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DIY。プロではないから失敗もする。(;''∀'')

前にも書いたことがあるのだけれど、引っ越してきたときに猫たちのために棚を作った。

奥行きが45センチで幅が60センチくらいある。
市販の3段ボックスより、はるかに大きくて重い。
段にしたのは、そのうえで猫たちがくつろぐからだ。

tana3.jpg
写真は使いまわしです。

今現在、猫たちを見ていると、年齢のせいか高いところにはいない。
それで、この棚を解体した。
同じ棚でも別の用途に使うために作り直そうと思ったのだ。。
自分で作ったものだから、解体はすぐにできる。
ばらした板に着色も兼ねているというニスを塗った。
これが失敗。
ニスではなく、最初から塗料にするべきだった。

途中でニスがなくなってしまった。
あわてて、買いに行ったら、同じものが売り切れている。
散々迷って、塗料にすることにした。
ところが焦っていて、塗料の色選びに失敗。
どうしてこんな色にしてしまったんだろう・・・・。
こんなことなら、色を塗るなんて考えなければよかった・・・

とグダグダ思っていたら、雨。
ブルーシートごと家の中に入れて中断。
家の中は塗料のにおい。
一気にやる気をなくしてしまった。

完成するのだろうか?(笑)

棚は奥行きも幅もあるから、私の場合だが、つい何でもかんでも入れてしまう。
最初の時の状態が保たれなくなって、ぐちゃぐちゃで、だらしなさ全開。
それが嫌で作り直そうと思ったのだが、棚に入っていたものが出されているから、部屋は足の踏み場もない状態。
しかも棚に入れておく必要のない物の多さに唖然としてしまった。

この際だから、断捨離するか?
断捨離したあとの必要なものだったはずなのに、1年過ぎればそれもまたいらないものだったと気が付く。

プロではないから、DIYは失敗もあるのが当たり前だと自分に言い聞かせて、明日また続きをやる。
猫たちは、また始まったよ~思い付きの行動の軽さが~とか言っていそうだ。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| DIY | 18:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不思議な縁で。

いろんなブログ友達がいる。
お会いしたことがなくても、メールだったり電話だったりで親しくさせてもらっている。
私に合わせてくれるのか、ガハハハッと笑いあえる人たちばかりだ。
誰もがそうかもしれないが、私と同じように心に痛みや寂しさや悲しみを持ち、それらを受け入れながらそれでも迷いながら悩みながら生きている。


そのブログ友達のひとりが、一人暮らしなのに大きな畑を借りて野菜を作っている。
彼女にとって、畑を耕し苗を育てる事が、趣味・道楽・修行?だそうだ。
本業は物を作る人。
ひとくくりで言えば芸術家。
作った野菜は親戚やら近所の人に配ってもまだ余って、結局は食べきれず捨てるようになると知った。


それで、私から言った。
送って~(笑)
着払いで送ってもらい、お返しはなしという提案をしたのだ。
その話に乗ってくれた。
昨日送ってくれて、今日の午前中には着いた。

彼女も、送料以上のものを送らねばと思ったようで、あまりの野菜の種類の多さにびっくり!!

SN3U1791.jpg

mini_170801_20560001.jpg



枝豆、玉ねぎ、ジャガイモ、かぼちゃ、トウモロコシ、キュウリ、ゴーヤ、サニーレタス、ニンニク、エンドウ豆、ピーマンそしてトマト。
トマトは私のブログを読んでなかったようで、送った後に読んで、トマトを送ってしまったなんて言っていた。(笑)
ピーマンは私は上手にできなくて、まだ2個しか収穫してないから、送ってもらってラッキーだった。
枝豆は冷凍食品以外で食べたのは何年ぶりだろうと思った。
枝豆とトウモロコシをお腹いっぱい食べて、それでもたくさんあるから軽くゆでて冷凍した。

これが元払いで送料をかけて送ってもらったなら、お返しをしなくちゃといくら私でも考えたと思う。
そういうことが、私は面倒なのだ。
お返しが礼儀だと考える人が普通なのかもしれないが、私はお返しを何にしよう・・・まずそこから考えること自体、面倒だ。

彼女も、近所の人にあげてお返しされると、次はあげないと考える人だから、私の提案を受けてくれたのだと思う。
彼女の近所の人で、彼女が野菜を作っていると知っていても、どっさり野菜をくれる人がいるようで、もらう人の気の重さはわかっている。
お返し・・・これは難しいのだね。

畑からとってきて段ボールに詰めて運送会社に持ち込むという手間はかけてしまう申し訳なさはあるけれど、こんなにたくさんもらっても着払いだからという気楽さが私にはある。
私に食べられるなんて、なんと幸せな野菜なんだろうと思う。(笑)

不思議な縁でブログ友達が存在しているが、いつかお会いしたい人ばかり。
猫たちを育て上げるまで待っていてね。
いつか会いにゆきます。(笑)





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



| ひとりごと | 22:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT