もしもの時のことを考える。

Amazonプライムでdele (ディーリー)というドラマを観た。
一話完結の全8話。
レビューが☆5つだったので、観る気になった。
山田孝之と菅田将暉が主演。
二人の職業が、クライアントの依頼で、死後に不都合なデジタル記録を消す仕事。
何日か指定された時間、依頼人がPCを開かないと、削除の要請の音が主人公のPCの端末に届く
死亡確認されてすぐに消去されるかというとそれではドラマは成り立たない。(笑)
様々な問題が起きて、消されるはずの中身を見る羽目になり真相を解明せねばならない状況になっていく。
なかなか面白いドラマだった。

私のPCの中は別に誰かに見られて困るものはない。
だが、PCそのものが盗まれるかもしれないと思い、パスワードはかけてある。
このドラマを見て、私にもしものことがあったら、消去ではなく誰かに処理してもらいたい作業は多い。
ブログをしていることは誰も知らないし、これをいつまでも残しておきたくない。
Amazonプライムの年間会費や定期お届け便も利用しているし、カード類、宅配レンタルビデオ、ブロバイダーの解約など、手順を書いておいて友達にお願いするつもり。

PCの中に家計簿もあるが、これは友達に見られても平気。
お金がないということは知っているし、たぶん、いちいち見ないと思う。
ブログも読まないで処理といえばそうしてくれるはずだ。
そういうことでは絶大な信頼がある。
共通の友人はいないという友達は、ありがたい存在なのだ。
煩わしくない。
5月に遊びにくるから、その時に頼むつもりだけれど、一人で生きるということはこういうことも考えておかなければいけないのかと、しみじみ思った。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
[ 2019/03/24 23:25 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)

ちょっと何言ってるか分かんない・・・。

暖かくなったきたのを機に、隣の家のごみ袋は玄関前に出されなくなった。
ご主人が自転車で出かけるようになったし、それならそれで無理に私が出してくることもないと、割り切った。
90過ぎていたって自転車が好きだということはわかるし、ふらふらしてないし危なっかしい乗り方はしていないから、まだまだ大丈夫だと思う。

今日、ドライブも兼ねて市のゴミの処理センターに行ってきた。
Amazonで買い物をすることが多くなってから、過剰包装のダンボールがたまる一方で、まとめた束が3つもある。
びん類も増えて、たまっていた。
そして、前に使っていた電気毛布と、壊れたホームベーカーリーも持っていった。
ホームベーカーリーは昨年壊れて、オークションで1度だけ使ったというNationalの製品を送料込みで4700円で落札している。
個人出品者だったが、新品ではないのかと思うほど、全て購入したままの状態で送られてきてこれはラッキーだった。
ホームベーカリーは買っても使わなくなる人が多いといわれているが、私はこれで3台目。
タイマーセットして、朝起きるとパンの匂いが漂うという、贅沢な(私には)暮らしを長年している。

それらを車に積んで、まだ余分に積めるスペースがあったので、隣に行った。
チャイムを鳴らし、返事がしたので玄関を開けると、ちょうどご主人が入浴中でお風呂のドアから顔だけ出した。
ゴミセンターに行くから、ダンボールなどがあれば一緒に持っていこうとおもって・・と声をかけたのだが、ないと言う。
昼間の入浴を邪魔しては悪いと思ったのですぐ帰ろうとしたのだが、「あんた、お風呂入らない?」と言われた。
ええ!!お風呂?お風呂って?
ちょっと何言ってるか分かんない・・という感じでポカンとしてしまった。
「二人しか入らないから、お湯がもったいないから」と言われた。
家庭の風呂で二人なら十分だと思うが、そのお湯がもったいないと思う気持ちはわかるが、その残り湯を私に勧める気持ちがちょっとわからない。
でもたぶん、親しみの表れだと思うことにしよう。
いや、引きこもってめったに家から出ない私に同情しているのかもしれないのだが。
他人の家の残り湯に入れるほど、親しくはなりたくないのが本音。
お風呂は自宅で入るからと、丁寧に辞退した。
ゴミもついでだからという気持ちなのだけれど、私は親切の押し売りをしているのかもしれないと反省。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村








[ 2019/03/22 23:30 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)

天気のいい日の庭。

暖かかった。

種から育てたパンジーの芽が出た22個のうちの10個は大きく育ったので庭に植えることにした。
ところがである。
植えてないと思っていた場所の土を掘り起こしたら、大きな球根がゴロゴロ出てきた。
これは何だろうとしばらく考えた。
そして思い出した。
グラジオラスだ。
昨年咲き終わった球根をすべて掘り起こして乾燥させ、そしてまた球根ごとにまとめて植えたのだ。
あれから、半年も過ぎていない。
クロッカスや水仙やチューリップの芽が出てきて、春だなあ・・と思っていたが、グラジオラスはまだ咲く時期ではないから、植えたことをすっかり忘れていた。
忘れてごめんと謝りながら、根が出ているものばかりだったのであわてて元に戻した。

こういうことをこんなに早く忘れてしまう、私の脳は危険。(-_-;)
テレビの健康番組などで、認知症のことを解説している医者を見るたびに、この人たちは将来自分は認知症にならないと確信が持てているのだろうかと思う時がある。
私は・・アブナイ!アブナイ!と自覚しながら生活しているけれど。

チューリップ。
昨年御影石のブロックで花壇を3個作ったが、そこは全てチューリップを植えた。

SN3U2579.jpg


水仙はまだ咲かない。
蕾は付けている。
水仙は種類の違うものの塊が反対側にもあるが、それも咲いていない。

SN3U2577.jpg



クロッカス。

SN3U2567.jpg


すべて掘り起こしたと思っていたが、関係ない場所でポツンポツンと咲くものもある。

SN3U2569.jpg


SN3U2581.jpg


球根はすべて前の家の持ち主が植えたもの。
バラバラに植えられていたから、掘り起こして同種のものをまとめたのだけれど、こういう手がかからない植えっぱなしのものが私のような横着な人間向き。

アジサイも花芽を付けてきた。

SN3U2583.jpg


これも3か所あるが、もちろん私が植えたものではない。

先週の水曜日、一坪菜園に苦土石灰を撒いて耕しておいた。
今日堆肥をまいてまた耕した。
苦土石灰も堆肥も100均のものだけれど、花を植えるよりも、スコップを持って力を入れているこの瞬間、瞬間が好きだ。
土だ!!!と思う。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
[ 2019/03/20 23:48 ] 庭にて | TB(-) | CM(-)

結局観てしまった 24 -TWENTY FOUR-

映画はノンフィクションが好きだ。
オープニングに「これは実話である」とかがでてきて、エンドロールに物語の本人、あるいは写真などが流れる。
だから戦争映画でもスパイ映画でもサスペンスでもヒューマンでもなんでもいいのだが、実話が好き。

ところが、Amazonプライムの全10シーズンの24 -TWENTY FOUR-
シーズン10はスピンオフでジャックが出演してなくて、評価も低いので観ていないが、シーズン9まで、全て観てしまった。
シーズン1,2だけで挫折して時間のある時に続きをと思っていたが、なんだかんだといっても面白くてずっと見続けていた。
暇だったというより止まらなくなってしまった。


なんでもありのドラマで、突っ込みどころが多々あるが、ヒットしていたころは見過ごして、今頃夢中になるなんて。
様々なテロリストとの戦いで、ハチャメチャ。
エアフォースワンは撃墜されるし、ホワイトハウスにテロリストは侵入するしで、やりたい放題のドラマ。
大統領もさまざまで、悪人大統領の多いこと。
女性大統領も現れている。
ロシアや中国は悪者にされる。
同盟国ではないからかもしれないが、アメリカでなければ制作できない大胆さ(笑)。

私は吹き替えで映画は観ないので、訳する人の技量が試されるのだが、シーズン9で沖縄が言葉に出てきて日本海は日本海と訳されている。
このドラマは世界的にヒットしたが、韓国で放映された時は、日本海はどう訳されたのだろう?
韓国だけが得意のゴリ押しで日本海という名称を否定しているから、主張している東海(トンヘ) (East Sea)と訳されたのだろうかと、ふとそんなことが気になった。


暖かい日が続くそうだが、明日から庭仕事でもするかな。
引きこもってAmazonプライムにどっぷりつかっていたから、太陽を浴びなきゃならない。
と思っていたら、宅配レンタルのDVDが2枚届いた。
出かけるのが嫌いな私には、こういう生活しかできなくなっている。
10年後、私は歩けているのだろうか?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村






[ 2019/03/18 23:25 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)

近所に敵を作ったか? 終

昨日の続きです。

庭も広く植木の手入れもきれいに整われて、門から玄関までのアプローチがやたら長い、大きな邸宅へ行ってきた。
昨年、加入金を支払いに行った時に一度訪問している。
それから一度もお会いしたことがなかった。
3月末で班長が代わるけれど、とりあえず取り付けたのは現在の班長さんだろうということで。


ピンポンを鳴らし、返事が聞こえたので、エ○バと思われないように○○です。ゴミの件でちょっとお話したいのですと言った。
ドアが開けられて、ああ・・あそこの○○さん?と言って奥さんが出てきた。
70代後半くらいか。
ニコニコしてどうしたの?と言う顔をしている。


以下★は私。☆は相手。


★あの小屋に名前が貼りだされていますよね。
☆「あら~漢字間違っていた?」

★間違っていませんよ~。
☆「あれねえ・・2万もかけたのよ。前はマジックで書いていたからすぐ消えちゃって~」

(う・・・ん、屈託がなくて、相手にしにくい。笑)


★あの名前を貼りだしたのは、加入金を支払ってない人を利用させないためですよね。
 でも、あの一覧から勝手に名前を拝借して、ゴミを出すことは簡単にできると思うんですよ。
☆「言われてみれば、そうね」
(ゴミ袋に、出す人の氏名を記入しなければならない。保護委員会の人も鍵がかかってないのだから、意味ないですねと言っていた)

★あのボードを見ると、私の家がどこだかすぐわかりますよね。
☆「うん、そうね」

★書かれている人達の中で、女性の名前が私も含めて6名います。
 つまり、世帯主が女性だってことですよね。
☆「うん、そうね」

★それって、防犯上どうなんでしょうか?
 私の家の前の持ち主が、1階のエアコンの配管パイプが盗まれたことを言っていたことがあるのです。
☆「まあ・・そうなの」
(これは本当の話で、だから1階のエアコンは壊れて使えない)

★わざわざ、ここは女性が世帯主ですって公に知らせることになります。
☆「言われてみれば、そうね」(言われなきゃ気がつかない二度目の言葉)

★私は一人暮しですから、防犯上不安なのです。
 個人情報保護のこともありますし・・・どう思います?
☆「そんな難しいことわかんないわよ!」
(ここで声を荒げられた)

☆「名前を消せばいいの?消してほしいの?」
(ボードを外させる当初の計画は失敗。外す気はない。もろ不機嫌な顔になった)
★消してください。
  
☆「一応書いてくれた人に頼むけれど、きれいに消せるかどうかわからないわよ。残ってしまうかもしれないし」
★いえ、消してください。
(ここは譲れないからキッパリ)

☆「誰かに、知らない人がゴミを捨てていると言われたらどうする気?」
★今まで一度もそういうことを私に言ってきた人はいません。
 (そういうことをいちいち班長に言う暇人がいるのであれば、説明してくれればいいだけだと思う)

じゃあ、よろしくお願いしますと言ってから、付け加えた。
★こういうことは言いたくありませんが、個人情報保護法第23条に抵触しています。
☆「抵触ってどういう意味?ひっかかっているってこと?」
★そうです。(キッパリ!)

あっけにとられていた。

頭を下げて出てきたが、そこまで言えばあとは考えるだろうと思った。


警察署に行った時に、私は警察から班長に言ってくださいとは、一言も頼んでいない。
一人で話し合いに行くのは嫌だとも一言も言っていない。
「同じ立場の人を誘って一緒に班長さんに言えばいいんじゃない」と言われたが、それはそのお姉ちゃん警察官の人生経験不足だ。
人はそれぞれである。
名前の表示は、気にしない人もいるだろうし、町内会ともめたくないと思う人もいるだろうし、嫌だけれど我慢するという人もいるかもしれない。
私は人とツルムことはしないし、扇動する気もない。
このブログを読んでくれている人にも、それぞれ意見があるかもしれない。
私は私が思うことを実行しただけである。

その日と、翌日は家にいた。
班長の旦那さんや町内会の人たちの来宅を想定して(小屋を使うなと言われることも想定内)、二の矢三の矢を用意して待っていた。
誰も来なかった。
反論しに誰か来てほしかったけれど。

そして、翌々日、小屋を見に行った。
ボードは貼られたままで、私の名前だけしっかり真っ黒に塗りつぶされていた。
ええ~白じゃなく黒~(笑)


長々とお付き合いありがとうございました。
終わり

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
[ 2019/03/17 00:02 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ソフィアの母

Author:ソフィアの母


5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。

現在、
移住して2年が過ぎました。
5匹いた猫は4匹になり、相変わらず猫中心のひっそりとした生活を継続中です。


「住所不定・性別不明・年齢不詳・を貫いているブログです」(笑)