大人の知恵と優しさの違い。

昨年から外壁塗装をすることを考えていて、ガス会社の担当者に紹介された1社から見積もりを取っておいた。
相見積は最初から取るつもりだったが、なかなか次の塗装屋さんを見つけることができなくて、ガス会社の担当者に頼んでおいた。
最初の塗装会社も感じがが良くて、そこに決めてもよかったのだが、安くなるならそれにこしたことはないから、探す気になったのだ。
彼の上司の後輩に塗装屋さんがいるということで、最初の見積書を見てもらった。
決して高くはなく塗料のグレードもいいし適正価格だということだったが、すべて同じ条件でそこから7万値引きして引き受けてもらえることになった。
それが2月ごろの話で、その塗装屋さんが忙しくて、なかなか打ち合わせに来られなかったのだが、今日、ガス会社の彼と上司とその後輩の塗装屋さんが我が家を見に来た。
私とガス会社の担当者は顔を知っている。
彼の上司と後輩の塗装屋さんは私は初対面。
ガス会社の担当者と塗装屋さんは初対面。
それぞれ程よい緊張感。(笑)


我が家に3人も若い男性が来るなんて、嬉しい限り。(笑)
コーヒーを入れたがミルクと砂糖は?と聞くと、喫茶店での注文のように口を揃えて「ブラックで」と言ったので笑ってしまった。
3人とも正座をしているので、「なんで正座しているの?」と言ったら、また揃っていっせいに胡坐をかいた。
私は一見怖そうに見えるおばさんなので、緊張しているのが分かった。
うちとければ、いくらでも面白いおばさんに変身はできるけど。
そして、時間がかからずうち解けることができた。

家の周りを見てもらい裏側が塩害で塗装が浮いている部分があるので、そこをどうするか丁寧に説明してくれた。
ここは前の塗装屋さんよりも説明は詳しいし、やり方も違う。
前の塗装屋さんは剥がさずその上から塗るような仕様だが、この人は、一応浮いてある部分は剥がすという形をとる。
若くて無口だけれど、説明はしっかりしているし、人を使って仕事をする経営者だけのことはある。
色見本も前の塗装屋さんが持って来たものは、3×2センチくらいの小さなもので、色が決められなかったが、この人は大きなものがあるので、それを持ってきてくれるという。
やはり1社の見積もりだけで決めるという方法を取らなくて良かった。
足場をかけたら、屋根がどういう形になっているのか知りたいから登らせてほしいと言ったら、快諾してくれた。
ちなみに瓦は洋瓦である。

二人が帰ったあと、ガス屋のお兄ちゃんだけが残り少し話したのだが、、私のことを誰とでもすぐに打ち解けられますねと言われた。
優しいから~とも言われた。
あはは~そんなわけないだろうよ~。
私は、人見知りが人一倍激しいと言われてきたし、実際そうだ。
今回は相手が息子ほどの年齢の人たちだから、私は気が楽だっただけだ。
若い子に緊張されればそれをほぐそうとするのは、大人の知恵。
優しさとは違う。

私はキレると怖いよと言ったら、引っ越してきて最初のころは怖かったと言われて苦笑。
引っ越してきたばかりの時は、見知らぬ街で私に心の余裕がなかったから、冗談も出なかったし、さぞかし無口で怖いおばさんに見えたと思う。
だけど実はそれが私の本来の姿なのだと思う。
B型人間特有のサービス精神を披露するには、私も相手を選ぶということでもあるけれど。

とりあえず、塩害の部分だけでも気になっていたから、塗装会社が決まってほっとした。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/04/10 23:42 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha
5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。



現在、
移住して2年が過ぎました。
5匹いた猫は4匹になり、相変わらず猫中心のひっそりとした生活を継続中です。