♪迷い道くねくね♪

昨年、玄関わきの花壇に突然あらわれたものがフランス菊だった。
どうして?と思ったが、ほぼ野生化しているから、どこのお宅の庭でも原っぱでも農道でも咲いているのを見るけど、マーガレットに似ているし、可愛いので歓迎してきれいに咲いたのを楽しんでいた。
隣の別荘のお宅の庭にもあるので、そこから飛んできたのかもしれないとあまり気にしなかった。


今、そのフランス菊は小さな蕾をたくさん付けてこれからまた咲きますよ~てな感じなのだが、今年はその真ん中にチューリップが1本突然現れた。
しかも、昨年は見なかった色と模様。
内側が白い。

SN3U0990_201804122254116ba.jpg

昨年あれほど球根類は掘り起こして、まとめたのに、庭のチューリップは神出鬼没という感じで、思いがけないところに芽を出して咲く。
土の中で球根は、♪迷い道くねくね♪と歌いながら動いていて、よし!今年はここで咲こう!と芽を出すのだ。
・・・・と、思うことにした。(笑)

昔、息子が不登校で引きこもりの高校生だったころ、突然外に出るようになった。
私は学校に行くようにと言ったことは一度もない母親だったし、学校に行かない息子をヒケメに思う母親でもなかったし、子育ての最終目的はきちんと自立できることだと思っていたから、私の息子ならそこから抜け出るはずだと自信があった。
突然変わった息子に、どうしたの?と聞いたときに、「僕のような美しい男が、外に出ないのは罪だと思って」と言ってのけた。(笑)
その美しさはこの母のおかげだねと言ったら、「僕はお父さん似だよ」と返されたけど。
その後、息子は一度中退して別の高校に入り直し、高校生を5年やった。


突然現れたチューリップも、美しい姿を見せなきゃ罪だと思ったのだ。(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/04/12 23:03 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha
5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。



現在、
移住して2年が過ぎました。
5匹いた猫は4匹になり、相変わらず猫中心のひっそりとした生活を継続中です。