ダテに年はくっていない。

先日訪問してくれた外壁の塗装会社から見積書が届いた。
本人持参ではなく、ガス会社の担当者が届けてくれたのだけれど。
金額は前の塗装会社からの見積金額から、すべて同じ作業で7万円引くと話はついている。
だけど、形式だけの見積書を提出してくれた。
簡単な書式で、一式いくらという書き方だけれど、その中に「シーリング打ち換え」というものが入っていた。
外壁のボードとボードのつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋める工事なのだが、前の塗装会社では別途料金と言われたもので、これも入れてくれるなんて、えらく感激してしまった。
料金が安くなって、しかも工事内容が増えている。
いやあ、一社だけの見積もりで決めなくて本当に良かったと思った。



あの塗装会社の人は、昔、やんちゃしていたって感じの子だねと言ったら、「ええっ!」とものすごく驚かれた。
驚かれたことに、私が驚いた。
何かまずいこと言った?みたいに。
すると、
「どうしてわかったのですかぁ!!!」(笑)

全く自分はそう思えなかったけれど、本人を前に上司が昔やんちゃしていたんだと言っていたというのだ。
何だ、当たったんじゃないの。


服装もきちんとしていておしゃれで、無駄口はたたかず挨拶もしっかりと丁寧で・・・、だけど、一目見てそうかなと思っただけで、どうしてわかったかと聞かれても直感だからね。
ダテに年は食っていないということなんだよと言った。

恐ろしいものでも見るように、凄い凄いを連発された。
生きてきた年数も違えば、くぐってきた修羅場の数も違うのだから、凄いと言われても何がすごいのか分からないが、そのくらいの見抜く力は、まだ残っているのよと偉そうに言ってしまった。(笑)


工事は連休前には入れると言っていたけど、忙しくて連休後になるとのこと。
私のところに入る前においしい仕事の話が急に入ったら、どうぞそちらを優先していいからと言っておいて。
私は全く遅くなってもいいからね~と言ってから、そこで歌った。

♪わたし 待つわ。いつまでも 待つわ♪
ガス会社の担当のお兄ちゃん、ぶあっと吹いた。

あれ?「待つわ」ってかなり古い歌なのに若い子が知っているなんて。(笑)


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



[ 2018/04/20 23:18 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha
5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。



現在、
移住して2年が過ぎました。
5匹いた猫は4匹になり、相変わらず猫中心のひっそりとした生活を継続中です。