私にはホウキがある。


考えてみれば、私は父や母の形見というものがない。
前の家を整理した時に、そういうものが必要だと思わなかった。
まあ・・普通のサラリーマンの家だったし、お金持ちではなかったから金目のものはなかったし(笑)とにかく余計な荷物が多すぎて、それらは私にとって不用品でしかなかった。
その荷物を片づけるのに、私はどれだけ苦労したか。
物欲がないから、私は思いっきり捨てられた。


その中で物置に新品のものがあった。
ラッキーと思ったものが、これ。(笑)

SN3U1166.jpg


長柄のホウキ。

これが捨てられなくて、持ってきた。
ものすごく役に立っている。
しょっちゅう、これで掃いている。
私の掃除機は型が古く紙パック式で重い。
壊れない。
壊れても困るけど。
掃除機をかけるのは1週間に1度で、あとはこのホウキが役に立っている。
猫砂が散らかっていれば、猫毛と埃と簡単に集められる。
今でもネットで買えるのだろうが、使う人がいるかどうかはわからないが、便利です。
モップもないから雑巾がけするし、それが好き。

ダイ○ンのコードレスのCMで素敵な年配のご夫婦がでてくるものがある。
おしゃれでご自宅も素敵な室内で、いかにもダイ○ンがよく似合うお金持ちっていう感じ。
羨ましいなと思うけれど、私にはホウキがある。(笑)

私が子供のころ、母がお茶ガラをまきながら、こういう長柄のホウキを使っていたことを思い出す。
たぶん形見というものは心の中に残っている思い出でいいのだと思う。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/05/09 23:01 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha
5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。



現在、
移住して2年が過ぎました。
5匹いた猫は4匹になり、相変わらず猫中心のひっそりとした生活を継続中です。