食器類はいらない。

昨日、家の前の畑に来ていた奥さんから、「豆とっていいよ~」と声がかかった。
キヌサヤ。
いただくのはこれで3度目。
キヌサヤと豆腐のお味噌汁が大好きだから、これは遠慮なく採らせてもらっている。

お礼というわけではないが、畑の柵を直していたので手伝った。
工作は好きだし、こういう手伝いは面白いから苦にならない。

その時、その奥さんと知り合いの、一人の女性が来て話し始めた。
もういい歳で腰も曲がっているが、畑のことには詳しい。


奥さん同士が話している間、結束バンドやハサミを取りに家に戻ったりして、ひとりで勝手に柵つくり。(笑)
柵を直し終えて、その女性が帰ったとたん、これ使わない?と言われた。
その女性から何かもらったとは思ったが、これか。
ガラスの小鉢。
「私これと同じ物持っているのよ。今の時期ならイチゴなんかに使えばいいから」と、いらないと言ったのに強引に渡された。

PAP_1185.jpg


そして、これは?いらない?と言ってまた箱を開けた。
残りの箱二つは瀬戸物の中皿。
チラッと見ただけで首を振って「いらない」と即答したら、笑われた。
食器類は、とことん処分して増やす気はないんです~と今度ははっきり断った。
そうだよねえ・・・とその奥さんも言ったけれど、あきらかにもらって迷惑なものだというのがわかる。
くれた女性はお姉さんの同級生だそうだ。
いつもすみません~なんていうから、また持ってくる。
だけど、瀬戸物はもらって一番迷惑なものではないだろうか。
使わないのなら処分すればいいのに、捨てられない年代なのかもしれない。
捨てるくらいなら誰かにあげたほうがいいと考える。
もらったほうは、いらないのに断れない。
断れないどころかオーバーにお礼を言う。
そうするとくれたほうは、また、あの人にやろうと思う。
だって、あんなに喜んでくれたもの。という感覚。
もらったほうは気が重くなり、あげたほうは気が楽になる。(笑)


このガラスの小鉢もあと2個そろっていれば、結構重いから猫用の夏バージョンのごはん皿に使えたかもしれないけれど。
いらないのよね。
我が家は食器棚がない家だもの。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/05/16 23:31 ] ひとりごと | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha
5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。



現在、
移住して2年が過ぎました。
5匹いた猫は4匹になり、相変わらず猫中心のひっそりとした生活を継続中です。