ミシンをしまう前に。

今使っているミシンは気に入っているが重い。
昨年オークションで1100円で落札したもので、ポイントを450円分使って650円で購入したもの。
着払い送料が高かったけれど、満足している。
古いものだけれど程度が良くて一番気に入っているところが、ロックミシンがかけられるところ。
水平釜で糸通しもできる。

唯一の欠点が重いところ。
結構な重量でいつか持てなくなる日が来るだろう。
いつもは押し入れに入れておいて使う時に出す。

ワンピースを作って、一度しまってから改めて出すのはしんどいので、しまう前にやることがあった。

それはこれ。

SN3U1735.jpg

レースのカーテンのフックをかける部分がほつれてしまっている。
これはまだいいほうで、ひどいものは半分より上までほつれている。

手縫いでもいいのだが、いざやり始めたら、手縫いじゃ追い付かない。
私は1階2階とも全ての部屋の窓にレースのカーテンと普通のカーテンと2重にしてあるが、今は窓に100均で買った日よけのマットみたいなものを貼りつけてあるので、レースのカーテンは外している。
それらを見ると、ほつれている部分の多いこと。
ほつれているのに、それに気づいていても無理やりフックを差し込んでいたのだ。
だから、きれいにカーテンが伸びなかった。
ところどころ、だらしなくダラ~ンとしていた。
見て見ないふり。(笑)

ミシンをしまう前にそれらを繕うことにした。
1枚のカーテンに2,3か所、そういうほつれている部分があって、よくもまあここまで見ないふりができたものだと思うほど、ひどい。
レースのカーテンはしょっちゅう洗濯しているからだろうか?
それとも安物だからだろうか?


全部繕って、フックを通してカーテンをかけると、ピンと張って実に気持ちがいい。
こういうところに目を配ることができる人間であればいいのだけれど、まあすべてにおいて私は雑だからなあ・・・。

レースのカーテンのいいところは、窓枠に猫が乗っているときに、レースのカーテン越しの愛猫が、物思いにふけっているようで神秘的にみえるところ。
元野良猫でも深窓の令嬢ネコになる。(笑)


PAP_1736.jpg

特別出演・深窓の令嬢老猫・ミケ。
昨年の秋の画像。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[ 2018/08/21 23:10 ] 針仕事 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

sofianohaha

Author:sofianohaha
5匹の猫たちを連れて、まったく知り合いもいない、私を知る人もいない小さな田舎町に引っ越しをしました。
質素にひっそりと暮らしている、ぼっち生活を綴ります。



現在、
移住して2年が過ぎました。
5匹いた猫は4匹になり、相変わらず猫中心のひっそりとした生活を継続中です。